虫系ルアーで徹底的にココを攻めるべし!夏の虫パターンのポイントまとめ

夏といえば虫系ルアー!ってことで最近は虫ルアーばかり使っているんですけど、これが大当たり!

ガツガツとアタリがきて最高に楽しい!最近はボウズで終わる日がありません!

 

おぉ、虫系ルアーのポテンシャルの高さよ、釣れすぎて感動ですよ本当に!

まだ虫系ルアーを使ったことがない人は是非試してみてください!楽しいですよー!

そこで!今日は虫系ルアーで攻めたいポイントをまとめてみました!

 

オーバーハング

erry15051929_tp_v

オーバーハングとは水面にせり出した木や草などの茂みのこと。

木陰には木から落ちてくる虫を狙っているバスが待ち構えていることが多く、オーバーハング下にルアーを落とし込むことができれば非常に効果的です。

また、日差しの強い日は直射日光を避けるために木陰に避難しているバスもいるので、そういったバスをゲットするチャンスポイントとなっています。

ちなみに今季は虫系のルアーで数十匹のバスを釣り上げましたが、体感的に8割くらいはオーバーハングの下で釣ってます。

 

シェード

シェードとは『日陰』のことです。日陰くらいカッコつけて英語で言ってないで日本語で言えって感じですが、とりあえずシェードっていうのは日陰のことです。

オーバーハングと同様に、暑い日や日差しの強い日はバスの滞在率が高くなるポイントなんで、夏は必ず狙いたいポイントのひとつです。

ただ、時間帯によって日陰になる場所は刻々と変わっていくので、釣りに行くときは早めに出かけておかないといいポイントに着けない可能性があるので注意が必要ですね。

 

リリーパッドエリア

 

リリーパッドとは水面に浮かぶ水草のことです。蓮の葉や睡蓮、そして蓴菜などの水に葉っぱを浮かべる植物のことをリリーパッドと呼びます。水中にある水草はリリーパッドとは呼ばず、ウィードと呼びます。

このリリーパッドの下にも、日差しから逃れるために潜んでいるバス、虫やカエルを捕食しようとしているバスがいるので、攻めたいポイントのひとつ。

ところが!リリーパッドエリアで虫系ルアーを使うにはひとつ注意が必要です。

リリーパッドエリアのど真ん中に投げて、バスがヒットしてもリリーパッドの根にルアーが魚ごと絡んでしまうということがあるんです。

硬めの芯の強いロッドならバスをリリーパッドごと引っこ抜くことができますが、絡まり方によってはスピニングロッドで引っこ抜けなくなるということもあります。

そんな悲しい事態を避けるためには、リリーパッドの脇に虫系ルアーを落として攻めていくのが無難かなと思っています。

アシ際

アシとは、よく川岸などでみかけるアレのこと。ススキに似ている直立した植物のことです。

このアシが群生になっているところにもバスはよく潜んでいます。おそらく日陰にもなるし、餌となる虫がアシから落下することもあるためか、バスにとって居心地のいいポイントとなっているのかもしれません。

このアシ際に虫系ルアーを投げて、チョンチョンとアクションをかけているとアシをかき分けるようにしてバスが飛びついてくることもあるので、丁寧にキャストしていきたいポイントです。

 

岸際

岸際といってもいろいろあるかもしれませんが、いろいろある岸際全てが虫系ルアーで攻めたいポイントになります。

その理由として、陸から飛び込んでくる虫を待っているバスがいるから。バッタとか小さい虫が岸際に落ちてくることがある。それをバスは狙っていたりするんです。

そういった『虫のダイブ待ち』のバスの心を掴み取るためには、岸際を一通り探っていく必要があります。なかなか岸沿いをずっと探っていくというのは根気がいるかもしれませんが、ラン&ガンの精神でドンドン攻めていきましょう!

 

敢えての何もないところにキャスト

なにかカバーのあるところになげないと釣れないのか?というと、そうでもありません。

何もないとことに虫系ルアーをなげても釣れることがあるんですよねー。なにも考えずにポイっとルアーをなげてみるといきなり「バコッ!」とアタリが出てくることがあるんです。なんでだろう、回遊しているのが反応してくれたのかなー?

もしかしたら上から見えないだけでウィードエリアだったり、水中になにかしらのバスの滞在場所があるのかもしれません。スピナーベイトなどで水中を探ってから虫系ルアーで攻めるというやり方もアリなのかもしれませんね。

 

まとめ

虫系ルアーで攻めたいポイントをまとめると以下の通り!

  • オーバーハング
  • シェード
  • リリーパッドエリア
  • アシ際
  • 岸際
  • なにもないところ

こんなの全部攻めていたらキリがねぇじゃねぇか!って感じがしますが、やってみると意外とたいしたことないので是非トライしてみてください。

これらの要素が複合している場所はとてもいい釣果が期待できますよー。

そして虫系ルアーを使ったことがない方は是非試してみてくださいね、超エキサイティングになること間違いなしです!

コメントを残す