釣り用のバッグを選ぶ『4つのポイント』とオススメのオカッパリ用バッグ

こんにちは!ほぼオカッパリ専門!ツリイコです!

 

バス釣りでも海釣りでも、オカッパリの釣りをするにあたっては皆さん『釣り用のバッグ』をお持ちだと思うんですが、どのような基準で釣り用のバッグを選んでいますか?

 

価格?デザイン?それとも使えればなんでもいいと考えてますか?

 

まだバッグを持たずに釣りをしている?

おぉ…水辺に佇む勇者よ…それはもったいない!

今日は釣り用のバッグを選ぶときのポイントとオススメのバッグを紹介したいと思います。

バッグを選ぶときに気にしたい『4つのコト』

容量が大きいこと

まず一番に気にしたいのは『バッグに収納できる容量』です。

バッグをなんのために持ち運ぶかといえば、持ち運びできる道具の量を増やし、釣り方の幅を広げるためであります。つまり、バッグの容量が大きいということは、選択肢の数も多いということなのです。

選択肢が多い方がシチェーションにあった釣りをすることができ、必然的に釣果に影響してくるものです。

なので、できるだけ小さいバックではなく、持ち運びに不便さを感じない範囲で大きめのバッグを選びましょう。

ドリンクホルダーがついていること

次に気にしたいのは『ドリンクホルダー』です。

「ドリンクホルダーなんていらないだろう」と思っていた時期もありましたが、特に夏場の釣りではドリンクホルダーがあるのとないのでは大違い!

まず、ドリンクホルダーが付属していないとバックの容量の一部をペットボトル等にとられ、持ち運ぶ道具を減らす羽目になります。それが嫌だといってポケットに飲み物を突っ込みたくもないし、別に水筒を肩からぶら下げるなんていうのは邪魔…。

しかし!ドリンクホルダーがついていると、飲み物を持つために道具を減らすこともないし、超カンタンに水分補給をすることができる!ドリンクホルダーはあって邪魔になることはないので、とてつもなく便利なものなのです!ドリンクを持たないときは別のものを突っ込むこともできますから。

ドリンクホルダーの有無は意外に大事なポイントなのです。

ファスナーが金属製ではないこと

バッグにはマジックテープオンリーというものもあるかもしれませんが、ほとんどの商品には『ファスナー』がついていると思います。

バッグを購入する際はファスナーが必ず金属製ではないものを選ぶようにしましょう。

その理由としては金属製のファスナーを使っていると、錆びることがあるから。

以前、金属製のファスナーがついているバッグを使っていたことがあったんですが、冬の間の3〜4ヶ月間押し入れにしまっておいたら悲しいことにファスナーが錆びて開かなくなったことがあったんです。

海にいった後によく洗わなかったりしたことも錆びの原因になったのかもしれませんが、錆びない素材が使われていれば、錆びてバッグを開けることができないなんてことにはならないのです。

できるだけファスナーが金属ではないバッグを選びましょう!

自分が本当に気に入ったものであること

当然のことなのかもしれませんが、自分自身が本当に気に入った商品を購入するように気をつけるようにしましょう。でないと、不要なバッグを何個も買い足したりといった、余分な買い物をすることになってしまうのです。

釣りの雑誌を見ていたりすると、新製品がいろいろ載っていたり、バスプロが使っているバッグと同じものにしたくなりますが、一旦気持ちを落ち着けて考えてみましょう

 

そのバッグは本当にあなたが気に入ったものですか?

心のそこから納得できるものですか?

擦り切れて壊れるまで、限界までそのバッグを使い込む自身がありますか?

 

そのバッグ、してますか…?

 

ということで、他人の価値観に振り回されて買うのではなく、本当に自分が納得したものを買うように気をつけましょう。

 『4つのコト』を踏まえてのオススメバッグ

上記の『4つのコト』を踏まえてオススメしたいのはこの商品。

E.G.ヒップ&ショルダーバッグHD2 

この商品は容量も大きく、ドリンクホルダーもあり、プラスチックファスナーで、それにデザインもカッコイイ!

収納スペースの多さもこの通り!多機能!多収納!

       f:id:sabatora02:20160816002904j:plain

サイズとカラーは以下の通り。

サイズ :320×190×140mm
カラー :ブラック, カモ

幅32センチで奥行きが20センチ近くあるということに、安心感を覚えますね!

こんな大きさなんで、僕はいつもルアーケースを3つ突っ込んだうえ、ワームの袋類、フックやシンカーセットなどの道具を十分に持ち、釣りを楽しむことができています。

 その他のオススメバッグ

一押しは『E.G.ヒップ&ショルダーバッグHD2』ですが完全に僕の好みなので、他のメーカーのバッグはこんなのもあります。

ヒップバッグ LT(C)

デプス ターポリンヒップバッグ

Abu Garcia(アブ・ガルシア) Abu システムヒップバッグ 

まとめ

メーカーによってバックの形はまるっきり違っていたりしますので、できるだけ店頭で手にとってバッグの中身を確認して、お気に入りのバッグを見つけたいところですね。

それができなければ徹底的にメーカーの公式ホームページを見たり、Amazonや楽天をチェックして、徹底的にスペックを確認したのちに購入するのがベターかと思います。

それではよいバッグ選び!快適な釣りを!

釣り用バッグで迷ったらまず『EVERGREEN』でバッグを探してみよう!

 

コメントを残す