バスにとっても流行色があるんじゃないか説

 

釣りを始めたばかりの頃ってルアーの良し悪しもよくわからずに買いまくっていました、ツリイコです。

もうルアーの良し悪しどころか、どんな釣竿を買えばいいのかわからず、のべ竿を買ってワームで釣ろうとしていました。

 

その組み合わせのシュールさは、なかなかいいセンスだと思いませんか?微笑ましくないですか?かわいいよねー。

 

そんな一見間違ったような組み合わせでも、バンバン釣れちゃうのが、釣りの面白いところだよねー。

 

バス釣りデビューは『のべ竿にボロボロのワーム』

 

僕の『延べ竿&ワーム』の組み合わせは冷静に考えられる人なら「釣れるわけないだろ!」って思うでしょう。

今の僕としてもありえない組み合わせです。そんなの見かけたら苦笑いというか、なんだかやっぱり微笑ましい。

 

でも、そんな無知丸出しのセットでもバスを釣ることができたのは当時の『バスの好み』によるものかなって思うの

 

僕が延べ竿につけていたワームというのは実は拾ったワームのテール。

小学生だった僕はのべ竿と糸と針を買ったのはいいものの、餌やルアーとなるものはお金がなくて買えなかった。

餌はその辺にミミズがたくさんいるからいいやって思ってたんです。

 

でも探せども探せども、エサとなるミミズが見つからなかった。

必死で探してもミミズは見つからず、見つかったのはボロボロになったワームだけ。

 

ワームの種類としてはグラブで、黒いボディに赤いテールが付いているというものでした。

しかし黒いボディはボロボロだったんで、使えそうなのは赤いテールの部分だけ。

 

エサもみつからないし、釣りしないで帰るのも悔しいからダメ元で赤いテールを針につけ、延べ竿を振り、初めてのバス釣りに挑んだわけです。

 

すると、すぐ!

すぐ!釣れました。

びっくりするほど、すぐ釣れたんですよ!ワームのテール部分だけで!

 

当時のバスの流行りは赤だった

 

ワームのテール部分だけでこんなにカンタンに釣れるなんて面白い!と感激して、僕はどんどんバス釣りにのめり込んでいき。

それはもう学校から帰って来たら毎日野池に遊びに行ってました。

 

だってワームの切れ端ひとつでバンバン釣れるんですよ?それは面白いですよねー。

赤いワームのテールをぽちゃんと落とすだけで、バスが勢い良く飛びついてくるのは本当に興奮した!

 

なんか当時のバスって赤に異常にいい反応してたんですよ。

小学生の僕は赤いワームが最強だ!と思い込んでいたんですね、いっぺん使ってみてたくさん釣れたから。

だから赤いワームを買ってみたんです。ZOOMのCurly Tail Wormを。赤くてピロピロしてる奴は釣れるだろって思ってたから。

 

これの赤いやつを使っていました。安くてたくさん入っていたから、小学生の僕に優しかった。

 

確かこんな色だったと思います。

zoom%e3%81%aecurly_tail_worm_-_google_%e6%a4%9c%e7%b4%a2

 

これが釣れるんすよ。

オフセットフックつけて、表層ただ巻きでバンバンあたりがくる!

なんならフリーフォールさせてるだけで、フォール中にラインがスーッと持って行かれる。

 

どんなやり方でも赤くてピロピロしてれば釣れるというのが当時の状況でした。

 

『赤』ブームは一過性のものだった

そんな超個人的『赤ブーム』でしたが、やはりブームはブーム。長くは続きません。

 

ブラックバスたちにもコミュニケーション能力があるんでしょうね、急に赤への反応が悪くなりました。

時会いとか、季節的なものもあったかもしれませんが、翌年になって赤いワームを使っても反応は鈍いまま。

『赤ブーム』は完全に過去のものになりました。

 

こんなバスの赤ブームを経験してから、魚にとっても流行カラーというものが存在するんだと思っています。

多分ベイトフィッシュの色に似ているからヒットしやすいとか、そのエリアで奇抜な色をしているから興味本位でバスがアタックしてくるとか。

色々な理由があってヒットしやすいカラーというものがあるんだと思います。

 

最近は昔の「赤ブーム」のようなヒットカラーというものに出会ってないですが、色々試してヒットカラーに出会ってみたいなー。

 

ということで今日はツリレコ昔話でした。

ヒットカラーあるよ!って人は是非ツイッターやコメント欄にて教えてくださいねー!

 

ちなみにこのサイトのカラーに『赤』が多いのは、昔の『赤ブーム』のなごりです。

コメントを残す