メガバスの新スケール『BED IN SCALE』が魚に優しい!優しさ溢れるサイズ計測が出来そう!

 

メガバスより新商品『BED IN SCALE』が発表されておりました!

おそらくメガバス初の魚用スケールかと思います!メガバスファンには嬉しい一品ですね!

 

 

『BED IN SCALE』の特徴

スケール幅が広く、写真撮影に最適!

megabass_bed_in_scale___megabass-%e3%83%a1%e3%82%ac%e3%83%90%e3%82%b9

なんといってもこのスケールの特徴は幅の広さ!

幅が20センチ、長さが120センチあるので魚が地面に直置きされる部分は少なくなりますね。

 

この幅広さなら結構なサイズの魚を釣ったとしても、はみ出ることなくサイズ計測ができそう!

これなら魚をスケールに乗せて写真撮影するときも、数字がバッチリ写せることでしょう!幅が狭いと数字が見にくい場合があるので、この幅の広さは嬉しいですね!

 

とても魚に優しいフィッシングスケール!

魚を気遣うアングラーは是非とも持っておきたいアイテムです!

 

折りたたみが簡単!

megabass_bed_in_scale___megabass-%e3%83%a1%e3%82%ac%e3%83%90%e3%82%b9

もう一つの特徴は『折りたたみやすさ』

このスケールはマジックテープで固定することができるので、コンパクトに収納することが可能です。

 

これなら釣り用のバッグにも簡単に収めることができ、取り出すときも楽に取り出し広げられそう!

だいたいこういうスケールを取り出すときは急いでいることが多いので、マジックテープというのはありがたいですね!

 

さらにスケールの0センチのあたりに魚の顎を当てる「折りたたみフラップ」が付いているのもグッドです。

魚のサイズ計測時の測りやすさはもちろんですが、スケールを伸ばすときと折り畳むときにすごく役立つんです!

 

折りたたみフラップの重さがあるおかげで、スケールを伸ばすときに丁度いい重石になり、スケールが数秒でパラっと伸びます。

畳むときは折りたたみフラップを軸にすれば綺麗に巻き取り収納できるので、見た目がとてもすっきり綺麗に収納することが可能です。

意外とフラップの有無って大事なんですよねー。

 

『BED IN SCALE』まとめ

 

  • 幅が広く写真撮影しやすい!
  • 手早く出し入れできる収納の容易さ!

 

やはりスケールを使うときは魚へのダメージが気になってしまうところなので、こんな幅の広いスケールは一つは持っておきたいです。

あと地味にカラーが緑というところもいいですねー、白い色のスケールだと光が反射してしまって撮影するときに数字が見えなくなったりしましたからね。

緑なら白に比べて光の反射具合が軽くなりそう、と思ったけどあんまり関係ないかなー。どうだろう。

 

しかし、メガバスファンならこのスケールは是非とも手に入れたい商品です。

2016年11月6日現在では公式のオンラインショップの表示が『予約切れ』となっているので、人気商品なんでしょうね。

こまめにネットをチェックして、予約できるサイトで購入したいところです。

 

出典・引用元:http://www.megabass.co.jp/site/products/megabass-bed-in-scale/

コメントを残す