ベイトフィネス用と普通のベイトリールはどこが違う?ベイトフィネスの特徴と、リールの構造の違いをまとめてみた!

近年ベイトフィネスという言葉がよく使われていますが、ベイトフィネスな釣りが全然馴染めずにいる僕です。

やはり考えの古い人間だからでしょうか?ベイトリールっていったらガッシリしたハードルアー投げたいっしょ!おーい磯野ー、ビッグベイト投げよーぜー!って感じなのです。

 

しかし最近はベイトフィネスというものがどうしても気になってしまう。

そりゃあ新製品が出るたびに『ベイトフィネス専用設計』と書かれていると、「なんぞ?ベイトフィネス、なんぞ?」とならざるを得ないよね!

今日は釣り歴20年くらいもありながら、ベイトフィネスについて全くの無知な僕が、最近になってだいぶ『ベイトフィネス』について理解してきたと思うので『ベイトフィネス』についてまとめてみます。

 

ベイトフィネスとは

ベイトフィネスとは、ベイトタックルで軽量のルアー・リグを用いて行うフィネス(繊細な)な釣り方のことです。

従来のベイトリールでは2〜5gのような軽量のリグは不向きでしたが、製造技術の向上により軽量のスプールを搭載・制御することが可能になりました。そのため、ベイトタックルでもスピニングタックル同様のリグで釣りができるようになり、パワフルかつ繊細な釣りをしたいときに役立っています。

どんな場面でベイトフィネスが役立つのか

軽量のリグを使えるのはいいけど、どんな場面でベイトフィネスは役立つのでしょうか?

 

それはカバーの奥に軽量のリグを打ち込見たいときに大いに役立ちます。

例えばスピニングタックルでカバーが絡むオーバーハングの奥にスモラバをキャストし、見事にバスをヒットさせたとします。

しかし、思いのほかバスの力が強く、ラインを持って行かれ、カバーに巻かれてラインブレイク!そんな場面が過去にある方は多いのではないでしょうか?

 

そういったカバーの多い場所での釣りにベイトフィネスは超有効になります。なんせ軽量のリグを使いながらも10lb前後の太めのラインをチョイスすることができるため、カバーに巻かれてラインブレイクすることが減るからです。さらにベイトリールなのでドラグ力も強く、カバーの奥からでもバスを引きずり出してキャッチできる可能性は高くなります。

こういったことからカバー攻略にベイトフィネスタックルでの釣りをしている人が多いようです。ベイトフィネスはスピニングタックルの弱点をうまく補ってくれているのですね。あと、ベイトリールなのでスピニングリールよりも人によっては精度の高いキャストが可能でしょう。

ベイトフィネスの特徴

  • 軽量のリグでも、太いラインを選択することもできる
  • ドラグ力が強くパワフルなファイトができる
  • 人によっては精度の高いキャストができる

 

ベイトフィネス専用と普通のベイトリールの違いは?

ベイトフィネス用のリールと、そうでないベイトリール、ぱっと見るとどこが違うかわかりませんがよく見ると確かな違いがあります!

シマノのアルデバランを参考に見てみると一目瞭然です!

 

参考にするのはアルデバランのベイトフィネス特化モデルのこちら

このベイトフィネス特化リールは通常のベイトリールとどこが違うのでしょうか?

ギア比は8.0と6.5があって普通のベイトリールと比べてもそんなに差がないですよね。

かといってハンドル長さが大きく違うわけでもない。

 

じゃあどこが違うか!スプールが違うんです!

 

超軽量の浅溝スプール

このスプール、見てください。肉抜きによる軽量化が図られているのが丸わかりですね。スプールの重さは7.2gとシマノ史上最軽量だそうです。

このスプールは溝が浅くなっていて、ラインを巻く量を減らすことでスプールの重量を抑え回転レスポンスを向上させているのです。

スプールの溝が浅すぎて、従来のベイトリールを使っている人は「アレ?こんなんで大丈夫なの?」って思っちゃいますよね。

 

しかもこのアルデバラン16はFTB(フィネスチューンブレーキシステム)という新ブレーキシステムが使われています。

このブレーキシステムは、スプールからブレーキユニットを排除することで、徹底したスプールの軽量化がされているというシマノの新ブレーキシステムが採用されているのです。

いかにベイトフィネスのスプールの軽さが重要なのかがわかるブレーキシステムですね。見た目も整然としていてカッコイイ…。

 

ベイトフィネスのリールは『スプール』が違う

通常のベイトリールとフィネス専用のリールの大きな違いはスプールです。

軽いルアーをキャストするためには、軽いスプールでなければスムーズにルアーが飛んで行かないんですね。

普通のベイトリールだとスプールがフィネス用に比べて重みがあるので、スプールの回転が弱く、飛距離が出ないというわけなんですね。

 

もしお店でフィネス専用機を見ることがあれば、スプールの軽量化のされ方と溝の浅さなどに注目してみてみると面白いかもしれませんね。

それにしてもアルデバラン16のモデルはかっこいいですねー。

 

 

コメントを残す