PDチョッパーに最適なトレーラーは?PDチョッパーの特徴とトレーラーについて

 

以前YouTubeで『釣りよかでしょう』を見ていたて気になってしまったZAPPUの『PDチョッパー』

なんだか、釣りよかでしょうのメンバーがPDチョッパーを使って釣りまくってるのを見て欲しくなって我慢できずに購入!

でも欲しくなって買ったもののー?PDチョッパーを買った時期が遅すぎたせいか、未だノーヒット!

 

完全に冬だったのに買ったのが失敗でした。

冬で水温が低いからバスの活性が低すぎるとかね、そんな問題の前にね、寒すぎて外にいるのが耐えられんのです。

少し風が強いと、もうそれは地獄ですよ。リールを持ってる指がもげるんじゃないかってくらい寒いです。

東北の冬は厳しすぎる!いや、修行が足りないのかな…。

 

とにかくせっかく『PDチョッパー』を買ったんで、冬が終わって、野池の氷が溶けて、釣りができるようになったら!

『PDチョッパー』を使って釣りよかでしょうのメンバーのように釣りまくってみたい!

そんな想いからですね、今日はPDチョッパーの特徴とか、PDチョッパー亜種がどんなものがあるか、そして実績のあるトレーラーはどんなのがあるのかなどをまとめてみたいと思います。

 

PDチョッパーの特徴

まずはPDチョッパーの特徴を再確認しておきたいですね。

PDチョッパーシリーズの特徴はなんといっても、『セミフラットなヘッド形状』

このヘッドの形が以下のような効果を生み出すのです。

 

ボトムでの”立ち姿勢”

 

そもそもPDチョッパーのコンセプトとして『放っておいても釣れるジグヘッド』というものがあります。

 

投げて、フリーフォールさせて、ボトムでセミフラットなヘッド形状の恩恵である直立姿勢になる。

直立姿勢でトレーラーがユラユラと…。水流を受けてゆらゆら…ゆらゆらしていると!バイト!

 

よくゲーリーのイモグラブ、もしくはデプスのデスアダーを投げて放置しているだけで釣れた!そういう話を聞くことがありますよね。

この『PDチョッパー』はそういう放置プレー型の釣りの上位版と言えるのではないでしょうか?アピール力が全然違いますよね!

 

だって直立姿勢でゆらゆらしてたら、嫌でも気になっちゃうと思うんですよ!水の中で立ち姿勢になる生き物ってあんまりいないと思うんですよ、思いつくのは威嚇姿勢のザリガニくらいですか。そんなケンカ腰のザリガニをみたらバスは「オイ!コラ!」と言いながら口を使ってくれると思うのです。

 

ウィードに強い

PDチョッパーはセミフラットなヘッド形状によって立ち姿勢になるばかりでなく、スナッグレス性能も高くなっているようです。

それは特徴的なヘッド形状によってカバーをかわしてくれるということと、コークスクリューワームキーパーニよってフックのオフセットが可能になるということからです。

 

ウィードに強いというのはスナッグレス性能に限りません。ウィードの中、ウィード付近で立ち姿勢を見せることによってバスへのアピールが大きく、釣果に繋げやすいという特徴もあるようです。

 

ロストしにくく、アピール力が高い。僕にとってそういうルアーは理想的なので有難いです。

 

PDチョッパーシリーズは8種類

現在発売されている『PDチョッパー』は8種類。それぞれ特徴があるので重さや用途を考えて選びたいところ。

  • PDチョッパー
  • PDチョッパー改デッドスロー
  • PDチョッパー凸凹チューン
  • PDチョッパー跳ねSP
  • PDチョッパーJr.
  • PDチョッパーJr.跳ねSP
  • PDチョッパーミニ
  • PDチョッパーミニBFストロンガー

 

たくさん種類があって嬉しいですね。

僕としては『PDチョッパー跳ねSP』がとても気になります。ヒラヒラしたマントがどう釣果に反映されるんだろう、はやく買って試してみたい。

トレーラーはなにが最適なの?

ではこの『PDチョッパー』にはどんなトレーラーが最適なのでしょうか?

この動画の秦プロの解説によれば以下のトレーラーがオススメのようです。

  • サステキクロー
  • ダムダムホッグ
  • スーパースピードクロー …など

 

僕がみた「釣りよかでしょう」の動画ではアンモナイトシャッドとPDチョッパーの組み合わせで釣っていたので、アンモナイトシャッドはとても気になるところ。さらに同チャンネル内の動画で『PDチョッパー&リズムウェーブ』という組み合わせで釣りをした際に、『PDリズム』でヒットを連発していたので、PDリズムのセットは必ず試してみようと思っています。

 

PDチョッパーセットリスト(予定)

春からの釣りに備えて備忘録的に、自分のPDチョッパーのセット(妄想)をまとめておきます。

『PDチョッパー跳ねSP』

なんといってもこの跳ねSPは使ってみたい!跳ねSPのマントはブルーギルをイメージしているらしいので、ギルが追っかけられている場面で投げてみたい。

+リズムウェーブ

どうしても外せないと思っているのはジャッカルの『リズムウェーブ』

僕はこれをチャターベイトのトレーラーにしたら、ヒット連発どころか入れ食い状態になった経験があるので、これは是非PDチョッパーのトレーラーとしても使いたい。リズムウェーブのブリブリ動く感じが最高によさそう!

+シザーコーム

『究極のナチュラル微波動』というキャッチコピーで販売されているジャッカルの「シザーコーム」。

PDチョッパーの放置プレーとの相性はとても良さそうだと思いません?!PDチョッパーはトレーラーをゆらゆらされるために立ち姿勢になっている、シザーコームはゆらゆらしてアピールするよう設計されている!

このセットでたくさん放置プレーしてみたい、そしてたくさん釣ってみたい!

+キッカーバグ

ザリガニ系トレーラーと聞いて思い浮かんだのはエバーグリーンの『キッカーバグ』

この幅広いアームと手足の先々についているボールがいい感じに動いてくれそう!と想像しています。このボールが好きなんですよねー。

+アーケロン

ザリガニ系でもうひとつ気になっているのはジャッカルの『アーケロン』

無駄な要素を省いて形状をスリム化しているのでスナッグレス性能が高く、カバー内にもスルリと入っていくのが特徴です。

無駄は省きながらもこのアーケロン、ラトルホールが用意されているので、ラトルを入れて『PDアーケロン』として使ってみたいです。

 

+ヒッチフック

おおっと忘れるとこだった!大きめなトレーラー、長めのトレーラーを使う時にはこのヒッチフックは欠かせないものかもしれません。

バイトはあっても喰いが浅いせいでバレたとか、キャッチできなかった!なんてことは悔しいですからね。

少しでも釣り上げる確率を高めるためにも、お金に余裕があればアシストフックをつけておきたいです。

 

 

ほかにもいろいろトレーラーとして試したいところですが、まずはこのあたりを試すつもりです。

釣果が出たらお知らせしますね!

 

コメントを残す