いまだからこそ読み返したい釣りの漫画5選

あなたが釣りを始めたきっかけはなんですか?

家族がやっていたから?友達に誘われたから?それとも、なんとなく?

釣りを始めたきっかけは人それぞれ。人の数だけきっかけもあるはず!

 

そんな釣りを始めたきっかけの中には『漫画』という人も多いんじゃないでしょうか?

私もその中の一人です。漫画を読んで、「なんか釣りって楽しそうじゃん!」って思ったんですよねー。

漫画を読んでから釣りに行くワクワクといったら、それはもうね、言葉にできないドキドキですよ!プライスレスな経験だったなぁと、歳をとった今になって思います。

 

じゃあ!今こそそのドキドキを取り戻そうじゃありませんか!

漫画を読んで『釣り欲』を高めていき、釣りに行く日にピークを、釣りに行きたい気持ちのピークをそこに持って行こうではありませんか!

そして楽しい釣りをしようじゃありませんかー!うおー!

 

ということで今日は釣り漫画をまとめて行きたいと思います。

幼き頃に読んだ漫画でも読んで、自分の『釣り心』を強く刺激し、休みの日が来たら、釣りにいこうぜ!

 

釣りキチ三平

釣り漫画と言ったらまず出てくるのは『釣りキチ三平』ではないでしょうか?

この漫画の三平が楽しそうに釣りをしているのを見て僕は釣りへの興味が0から1に変わったことを覚えています。だってすごい楽しそうに釣りしてるじゃないですかー、ウッヒャー!とか言いながら飛び跳ねちゃったりして、なりふり構わず釣りを楽しんでるんですもん!

「どんだけ釣りって楽しいんだよ!」と、気になってしょうがなくなり、近所の川で釣りを始めた僕でした。ちなみに人生で始めて釣り上げた魚は「アブラハヤ」です。

しかし、この漫画の大物を狙う時の重々しい雰囲気がたまらないですよねー。たまらなく怖かった。だって小動物は丸呑みだわ、人も平気で水中に引きずらるしで、釣りってヤバい、怖いって小さき僕は思ってました。

 

最近知ったんですが「釣りキチ」って「釣りキチガイ」の略だったんですね。確かに「魚の様子みてくる!」とかいって川に飛び込む三平はキチガイだなって思いけども、キチガイって言い方はちょっと…。

 

グランダー武蔵

コロコロコミックで連載されていた釣り漫画『グランダー武蔵』!これを見てからバス釣りを始めた人は以外と多いのではないでしょうか。

これを読んだことのある人ならフッキングしたときに高らかに「フィーッシュ!」と叫んだことがあるに違いない!あの頃はみんな「フィーッシュ!」って言ってましたからね、根掛かりしても無駄に「フィーッシュ!」とか言ってたら友達に冷たい目で見られたことを覚えています。

この漫画に登場していたルアーは超懐かしいですよねー。「スケルトンG」とか「ぎょろっち」とかね、欲しくてしょうがなくて親にねだって買ってもらったものの、僕のぎょろっちは今も湖底に眠っているのでしょう。

まだ売ってるとこもあるようんだ⁈でもプレミア価格ぅー!

Mr.釣りどれん

バスケ部に入るはずが、いつの間にかバスゲ部(バスゲット部)に入部してしまったことから始まる釣り漫画。

たしかこの漫画では釣り用語の解説とかテクニックなどの解説が多かったように思います。なのでこの漫画で用語とかテクニックを学んだ釣りキッズたちも多かったことでしょう。

この漫画の解説を鵜呑みにしていた僕は大きいバスを「ランディーバス」と覚え、友達の前でも使っていましたが、しばらくしてから「それ間違ってるよ、ランディーじゃなくてランカーだよ」と怒られるように教えられたのでした。

久しぶりにダンダンダンクも読みたい!

釣りにいこうよ!

ナンパばかりしている主人公がヒロインをナンパしようとしてたらいつの間にかルアーフィッシングにどハマりしていたというストーリー。…だったと思う。

あまりにも時間が経ち過ぎて記憶が定かではありませんが、面白かったということは確か!

釣具屋の店長が主人公にルアーフィッシングを教えていく様子から、僕も主人公と一緒に勉強出来たので、楽しく釣りのことを勉強したという感じでした。

五色沼のホワイトバスとか、口にルアーをたくさんぶら下げたシーバスがとても印象的で面白く読ませていただきましたよ。あぁ、懐かしすぎる…。

ちなみにですけど、私の名前を「ツリイコ」にしていますが、この漫画が由来になってます。

釣りに行こうぜ!

釣りにいこうよ!の続編です。続編ではありながらも、前作に出てきた登場人物はほとんど出て来なかった気がします。主人公は釣具屋のオーナーになって気ままな生活を送っていたようでした。

この作品ではアリゲータガーという外来種を釣っていたところが非常に印象深かったなぁ。

漫画としてとても面白かったにもかかわらず、3巻で完結してしまったことが悲しくてしょうがなかったです。もっとこの作品の続きが読みたかった…。

まとめ

なんだろう、もっと釣りマンガを読んでいたと思ったんですが以外と思いだせないものですね。

釣り雑誌の中にあるマンガを読んでたのかもしれないですね。昔はBBTIMESっていうバス釣り雑誌ばかり読んでたなー、廃刊になっちゃったけどねー。

 

これ書いてたら昔の釣りマンガを読みたくなってきたんで、ちょっとブックオフ行ってくる!

もし何かオススメの釣りマンガなどあったら教えてください!それでは!

コメントを残す