釣り製品についてる『環境・美化協力商品』シールってなに?どんな意味があるのか調べてみた!

こんにちはツリイコです!

 

みなさんは釣り道具を買うときにこんなマークをみたことがあります?

「環境・美化協力商品」というシールです。

「えー、そんなのついてたかなぁ」という人は是非ご自分の釣り具をみてください。

きっとどこかについてるハズ!もしかしたらマークが付いていない商品もあるかもしれませんが、多くのルアーやリールのパッケージにこのマークが付されています。僕の持ってるリズムウェーブにも付いてました!

 

カワイイ魚のマークの「環境・美化協力商品」というこのシール。

いったいどんな意味があるのでしょう?普段何気なくみていて、見慣れてしまったせいか気に留めることなく商品を買っていたけど、いったいこれにはどんな意味があるんだろう?

 

今日は「環境・美化協力商品シール」について調べてみました。

環境・美化協力商品ってなに?

環境・美化協力商品とは、一般社団法人 日本釣用品工業会(JAFTMA)が主団体として実施している環境美化への取り組みに協力しているメーカーの商品です。

メーカー側が商品を販売する際にお金をJAFTMAに支払うことで、環境美化活動である「つり環境ビジョン」に出資され、環境を綺麗に、自然を保つための活動を支援している形になっています。

 

ひとことで言えば、環境美化の活動に協力しているメーカーだけが貼ることができるのがこの「環境・美化マーク」なのです。

釣り関連用品メーカーが表示をして頂く「環境・美化マーク」の賦課金の収益から(一社)日本釣用品工業会つり環境ビジョン委員会が責任をもって、つり環境ビジョン事業計画に基づき、全国の清掃活動や、魚族の保護、また釣り場環境の整備など幅広く「環境・美化」活動を推進して参ります。又、その一部は公益財団法人日本釣振興会に「湖底・海底清掃」等の業務委託を行い、全国の清掃活動の資金としても活用されます。

一般社団法人 日本釣用品工業会より引用

正式には「環境・美化マーク」。かわいいマークの裏にはとても大きな活動がされていたんですねー。今まで知らなかったことが急に恥ずかしくなってきました。

 

ところで「つり環境ビジョン事業計画に基づき〜」ってあるけど、いったいどういう活動をしているんでしょうね。

 

つり環境ビジョンってなに?

つり環境ビジョンとはいったいどういうものなのか、公式ホームページより引用します。

「つり環境ビジョン」では、「LOVE BLUE 地球の未来を」スローガンに掲げています。まずは、「環境保全」と「資源回復」を両軸に、「清掃事業」「放流事業」「釣り場拡大事業」を3つの優先事項とし活動してまいります。また、メーカー各社の協力を得て「環境・美化マーク」をつり関連製品に表示。その売上の一部が活動に役立てられています。

つり環境ビジョンより引用

ひとことにまとめると、持続可能なつり環境を作っていくための取り組みが「つり環境ビジョン」というものです。

公式ホームページを見てみると、すごいです!すごく丁寧に取り組みのことがまとめられている!

水中の清掃活動の様子とか真鯛の稚魚の放流活動の状況などが詳しく書いてあるんで、是非見てみてください!

つり環境ビジョンの「3つの優先活動」のページは釣り人としては一度は見ておかなければいけない内容になっています。こういうことを頭に入れておかない人が多いから、釣り場が汚れたりするのかもしれませんね。LOVEBLUEの精神を心に入れておきましょう。

 

環境・美化マークが付いている商品を買おう!

今日初めて環境・美化マークの意味がわかったのでね、これからは環境・美化マークが付いている商品を買っていきます!

正直、こういう認定制度ってなんか胡散臭さがつきまとっている気がして、認定マークが付いていても「本当に信頼していいものかなぁ。」とか「ネットにも詳しく書かれていないし、ただの囲い込みの制度だろ」なんて思うことが多かったんですよ。だから買う必要なんてないかなぁって思ってた。

 

しかし!この一般社団法人 日本釣用品工業会(JAFTMA)や、つり環境ビジョンのページをみてみると、驚くほどの透明性と活動内容のわかりやすさ!役員名簿から決算資料まで様々な活動資料が公開されています。

このくらい細かな情報が公開されているところなら、認定マークを信頼してもいいかなという気になりますよね!

 

ということで、釣具屋さんで釣り道具を買うときは認定マークが付いてる商品・メーカーををごひいきにしていきたいとおもいます!少しでも環境にいいものの方が買っていて気持ちいいからですからね!うん!

それでは!読み終わったら釣りにいきましょー!



さっき気づいたんですけど一般社団法人 日本釣用品工業会(JAFTMA)ってジャパンフィッシングショーの主催者だったんですね!知らなかった!

コメントを残す