ルアーの「ウォブリング」と「ローリング」ってどんな動きのこと?

こんにちはツリイコです!

ルアーを買う時によくわからない単語が書いてあることって多くないですか?

なんだかカタカナでかっこいい雰囲気だしてる単語だけど、意味がよくわかんない…。そういうことって何気に多いですよね!

しかし、自分の買うルアーの特性くらいはちゃんと知っておきたいですよね!ルアーの特性や単語の意味を知らないままだと、釣れた時の状況分析に支障をきたすことになるかもしれません!

 

ということで今日は、ルアーパッケージによく書いてある『ウォブリング』と『ローリング』の意味を解説します!

 

ウォブリングとは

ルアーでのウォブリングとは、ルアー本体が左右に揺さぶられるような動きのことをいいます。

ウォブルは英語で、日本語に直訳すると「ぐらぐらする」「震える」「動揺する」などの意味になります。

なのでルアーでのウォブリングとは、ブルブルと震えることをウォブリングといいます。

 

ウォブリングアクションとルアーパッケージなどに書かれている場合は、上の図のように左右にブルブルと体を揺さぶる動きをするルアーということになるんです。

ウォブリングするルアーの代表的なものとしてはバイブレーション、クランクベイト、ミノー(ルアーによる)などがあります。

ローリングとは

ローリングとはルアーのボディを左右に反転させる動きのことをいいます。

ルアーの鼻(フックアイ)付近を中心にして、左右に身体をロール(回す)ような動きのことをローリングアクションというのです!

なので、泳がせているルアーを上から見ているとルアーのお腹が左右交互に見えるような動きになります。ローリングといってもクルクル回るルアーのことではありません。

 

ローリングするルアーの代表的なものはミノーですが、必ずしもミノーがローリングするとは限りません。ウォブリングがはいってるものもあります。というか、ローリングとウォブリングどちらの動きも入っている『ウォブリンロール』になっているものが多いかと思います。

ですので限りなくローリングオンリーのアクションをするルアーが欲しい場合は、ルアーの動きをよく調べてから買うのがベストかと思います。もしくは海で使うルアーはローリング主体のアクションをするルアーが多いので、チェックしてみるとローリングベイトなどのローリング特化のルアーが見つかると思います。

まとめ

ブルブルするのが『ウォブリング』、クルクルするのが『ローリング』です!

釣り場の状態によってはウォブリングが強い方が釣れたり、ローリングが有効だったりと、その日によっても釣れ方が違うぞ!という話を聞いたことがありますが、あまりそれを実感したことがありません。たぶん僕があまり気にしてないだけで、きっと違いはあるのでしょう。

シーバスを釣りにいったときに、アピールを強くしたいならウォブリング、バイトが浅くて喰わせたいときにはローリング!と教えてもらったことがありますが、いまだにシーバスを釣ったことがありません(泣)もっとたくさん海に通って精進したいものです。

コメントを残す