釣りに行くなら『クマ対策』を!クマ対策とクマ避けグッズをまとめてみた

こんにちはツリイコです!

釣りに行くと野生生物に遭遇することがありますが、何か対策はされていますか?

僕は今のところ全くしていません。完全なるノーガード。やばいです、ほとんど丸腰丸裸。何も対策というものをしていません。でもやっぱり釣りに出かけるならある程度は野生の生物に遭遇した時の危険性とか対策を勉強しなきゃいけないと思うんですよ。何かあってからでは意味ないですしね。

 

僕は結構山奥の野池に行ったりもするんで本当はクマ対策とかしなきゃいけないのは分かってはいるものの、面倒で対策をしていなかったんですよ。どうしたらいいかもわからないし。ただ、昨年の秋田県でのクマの被害のニュース(秋田魁新報社 電子版)をみたら流石に怖いものがあります。

僕はいつだったか山奥の野池で釣りをしていたら背中側の竹やぶでガサガサと大きな音がしてビビってたことがあります。どう考えても人が歩けるような竹やぶではなかったんで、おそらく野生の生き物だったのは確か。もしそれがクマだったらと思うとガクブルです。

 

春になり、クマの活動がこれから活発になっていくかもしれないので、釣りに行く場所によっては大きな危険を伴います。クマに遭遇しないために、クマにもし出会った場合の対策を今のうちに勉強しておこうじゃありませんか!

 

日本にいるクマの種類

日本に生息しているクマは2種類いるようです。

  • ツキノワグマ・・・本州に生息  体長 110~150cm、体重 80~120kg
  • ヒグマ   ・・・北海道に生息 体長 200~230cm、体重 150~250kg

※環境省 クマ類出没対応マニュアル -クマが山から下りてくる より

どちらも嗅覚・聴覚に優れていて力が強く、走るのも得意。クマの走る速さは時速40キロにもなるそうです。こんなに足が速いなんて逃げられる気がしませんね。

しかもクマは直立した気に登ることができるようなので、アニメのように木の上に登って何を逃れるなんていうこともできないみたい。怖いですね。

大きな体格で足が速くて力も強い。そんなのに追いかけられることを想像するだけでおしっこが漏れそうになります。不謹慎ながらモンハンのアオアシラだったらチョロいのにと思ったけど、現実ではそうはいきません。

クマに出会わないために

クマの知識や情報を掴んでおく

自分の釣りに行くところにクマが出没しているかどうかを各県各町村などのウェブページからクマの情報を掴んでおくことや、クマの行動についての知識をつけておくのがクマに出会わないためには有効のようです。朝夕に行動すると熊に遭遇しやすくなるなど、熊についての情報をもっておきたいところ。

市町村のページでクマの出没情報をみたりして、頻繁にクマが出没している時は無理に釣りに出かけない。釣りに行ってからクマの糞や足跡、爪痕などをみたらその場を潔く離れて帰るということをするようにしましょう。

鈴などで自分の存在をアピールする

全てのクマに効果があるかは不明なようですが、鈴を身につけておくことである程度の効果はあるようです。

人の存在があるわかると逃げていくクマ、人がいるとわかっても逃げないクマがいるようなので、どちらがいいか僕はよくわかりません。秋田のクマの事件では人の鈴の音を察知して寄ってきたという内容のニュースを見たことがあるので、ちょっと困惑してしまいますね。

しかし、釣り場においてはクマ鈴をつけている人の存在がわかると、自分の他にも人がいるという安心感は生まれます。そんなときは挨拶などをしつつ、釣り情報だけでなくクマなどの野生生物の情報も交換したいところですね。

周囲の環境に注意する

釣りに夢中になっていて気がついたら夕方になっていたなんていうことがあるかと思いますが、あまりにも一つのことに夢中にならないように気をつけましょう。気がついたらクマがすぐ近くにいたなんてことになり兼ねません!

よく山菜採りでガサゴソとしていてクマが近くに歩いている音に気がつかず出くわしてしまったとか、沢登りをしながら釣りをしていると川の水の音に周囲の音が掻き消されて、人の存在にクマが気づかず、人もクマの存在に気づかなくてバッタリ出会ってしまったなんてこともあるようです。

特に雨の日は雨音でいろんな音が消されてしまうので要注意です。

僕は雨の日に釣りをしていたらすぐ近くまでタヌキが地面の匂いを嗅ぎながら寄ってきたことがあったんです。それはタヌキが人懐こいからではなくて、雨の音で僕の存在にタヌキが気づかなくて近寄ってきただけ。僕が物音を立てると、タヌキはびっくりして逃げて行きましたが、あれがクマだったらと思うと死んでいたかもしれません。タヌキでよかったです。

 

クマに出会ってしまったらどうすればいい?

でも、もしも万が一、クマに出会ったしまったら。僕らはどうしたらいいんだろう。

落ち着こう!

落ち着くなんて無理無理!って思うかもしれませんが、焦ってしまったせいでクマを挑発するような行動をとってしまうことがあるらしいのです。なのでまずは落ち着くということが大事!

背中を見せると追いかけるという習性がクマにはあるようなので、背中を見せず、クマの目を見ながらゆっくり後退して場を離れたいところ。焦って逃げてしまうと追いかけてきて攻撃されることがあるようです。

とくかく焦って下手しないことが大事なんですね。

クマ撃退スプレーを使う

クマが近づいてきてしまったときにはクマ撃退スプレーというのも有効なようです。このクマ撃退スプレーというのは辛味の成分であるカプサイシンを多量に含んでいるスプレーで、目や鼻に強い刺激を与えることでで期待するというスプレーです。

しかし、射程距離は数メートルと短いので常日頃から使用しておく心構えをしておかないと、いざというときに使えないという事態になると思うので練習が必要だと思います。

僕の友達が部屋の中でクマ撃退スプレーを練習がてら発射したことがあったんですが、スプレーが部屋の中に充満して死にかけたらしいです。練習するときはちゃんと外で、人のいないところで試しましょう!

持っておきたいクマ対策グッズ

対策グッズを持っていたからとはいえ、身を守りきれる保証はありませんが、何事も予防が大切!

釣りをしたいがために山に入ったら運悪くクマに追いかけられ、帰らぬ人となってはシャレになりません。

ということでクマ対策グッズをまとめてみました。

クマ撃退スプレー

少々値段が張りますが、このくらいで命の危機を守れるならお安いもの。いつも携帯していざという時に備えたいて練習しておきたいですね!ちなみに風下では使用しないように注意が必要です。自分を苦しめることになっちゃいますからね!レビューがとても参考になるので目を通しておきましょう!

 

クマよけの鈴

クマよけ鈴のクマへの実際の効果はよくわかりませんが、釣りをしているときは「俺はここにいますよ!」のサインとして他の人に自分の存在を知らせる効果はあります。

このクマちゃんベルなら音を出したくないとき消音処置をすることでサイレントになるので、音を出したいときと音を出したくないときで使い分けたいときに便利かもしれません。

ホイッスル

爆竹などの音でクマに人の存在を知らせて、クマとの遭遇を防止するという方法もあるようですが、その場合火を使わなければなりません。ライターを常に携帯しなければならないし、雨の火は使えないし、山火事を起こすかもしれないという心配もあります。

そんなときにはホイッスルで音を出すというのが、一番簡単に大きな音を出せる手段のようなので一つは持っておきたいですね!クマよけだけではなく遭難したときにも役にたつことがあるかもしれないので保険としても持っておきたいです。

 

まとめ「たくさんの情報収集を!」

これから本格的な釣りのシーズンがやってくるとともに、本格的にクマが行動する季節でもあります。

そんななか、山奥の人気のない野池の奥の方に一人で行く、丸腰の僕みたいなアホはいつかクマにやられてしまうことでしょう。ちゃんと対策してから釣りに行くように心がけましょう。これからは僕も対策をしたいと思います。

 

こういうクマの対策に限らないんですが、こういった危険防止の情報はたくさんの情報源を持って精査することが大切だと思う。クマ対策にしてもたくさんの情報に目を通して、どうすれば安全なのか、どういう対策があるのかを調べて、間違っても迷信を鵜呑みにしないことが重要にだと思うのです。死んだふりでクマが「あっ、こいつ死んでんだ。じゃあ帰ろー」ってならないのが現実じゃないかな。

とにかく自分で熊への遭遇予防と対処方法を調べて身につけ、熊に会うことがないように心がけましょう!

 

参考サイト

環境省 クマ類出没対策マニュアル

ガイドの目 クマ対策(ツキノワグマ)

コメントを残す