トレーラーの色の合わせ方はどうすれば効果的?色の合わせ方を公開します!

こんにちはツリイコです!

ラバージグやチャターベイトにトレーラーをつける人が多いと思いますが、色の選び方はどうしてますか?

色を徹底的にこだわっている人、色はあんまり気にしていないという人、気分によって変えているという人。いろんなトレーラーの色の選び方があると思います。きっと人それぞれ!

いったいどんなトレーラーの色の組み合わせが効果的なのでしょうか?以外と釣りの雑誌などでは意外と触れられていなかったりするような気がしますけど、正解ってあるのかなー?

 

ということで今日はツリイコ流のトレーラーの選び方などを公開していきますよ!

効果的なトレーラーの色の選び方ってある?

効果的なトレーラーの色の選び方というのはあるのでしょうか?そして、効果的なトレーラーの色選びについて自信を持って答えられる人はどれだけいるのでしょうか?

先に白状すると僕はトレーラーの色選びには自信がないです。だって正解っていうものがよくわからないし、効果を検証したこともないのではっきり言い切る自信がないんですよ。自信を持てるくらいのデータや経験を持っていません。

トレーラーの色選びで正解に近い考えといえば、やはりマッチザベイトという考えを軸にした色選びが正解に最も近いんじゃないかなって思います。ベイトの色に合わせたルアー、そしてベイトをイメージさせるようなボディとカラー。そういう、いかにベイトに近づくようなセッティングにするかが重要なんじゃないかなって思ってますが、いかがでしょうか。

ツリイコなトレーラーのカラーセレクトは?

そんな自信もないくせにトレーラーの色選びを語ろうとしてんじゃねぇ!って怒られそうですが続けます!

とりあえず今のところの僕の考えを書き残しておきたいのでございます!

僕のトレーラーの選び方はたった2種類!ナチュラルorアピール2パターンなのです!

ナチュラルパターンセッティング(NPS)

ナチュラルという言葉が適切かどうかわかりませんが、トレーラーの色をルアーに合わせてマッチザベイトを意識した色選びをナチュラルパターンセッティングと勝手に呼んでいます。

例えばチャターベイトの色がシルバー系だとすれば、トレーラーにもシルバー系もしくはそれに近い色を選んでセットする。そうすることで湖を泳いでいる小魚に色を近づけることができるんじゃないかと思うんです。

やはりトレーラーの色を正反対の色を選んだりしてしまうと、自然界にはそんな覆面生物はあまりいないと思うのでバスにバスにとっては違和感を与えてしまうと思います。そうすると見切られてしまいバイトに持ち込めないんじゃないの?って感じるのです。

ルアーとトレーラーを同系色にしてナチュラル感を大盛りにしたい!っていうのが一つ目のカラー選択です。

NPS例

アピールパターンセッティング(APS)

ナチュラルなセッティングとは反対にハデッハデなカラーを選択するのがアピールパターンセッティング!

例えばチャート系やホワイト系など、くっきりした色をセットするんです。しかもそのセッティングもルアーとトレーラーの色があえて別になるようにセットします。

マッチザベイトとは正反対で完全に自然界に存在しないようなピンクとチャートグリーン!みたいなセッティング!これがなぜか釣れたりする時があるんで楽しいんですよー!

自分の好きな色を組み合わせると気分的に盛り上がってくるというか、バイブスが上がるというかね、とくかく楽しいんでキャスト数が上がる気がするんですよ!そのせいでよく釣れる気がする。このAPSは気分的には楽しいカラーセレクトになります。

APS例

結局トレーラーのカラーセレクトは…

結局のところ何が大事なのかっていうと、自分自身の気持ちなんじゃないかって思うわけ!

トーナメントとかで熾烈な争いをしている人は別かもしれないですけど、僕みたいな一般釣り人は誰かに勝つためやトップを目指して釣りをしているわけではないよね。とくかく自分の考えた釣りかたでデカバスをゲットしてみたいから釣りをしているの!

何が最重要なのかっていうと、楽しめる釣りをしているか?その一点なんじゃないのかなって思う!いくら釣れるセッティング、釣れるルアーで釣りをしていたって自分の考えにマッチしていないような「やらされている釣り」では楽しむことなんてできないと思うんだよね!

だから自分の好きなカラーを好きなだけ選べば、効果的なカラーになるんじゃないかな!なんて曖昧なことを言いながら本日は閉店になります。それではよいカラーセレクトを!

コメントを残す