アブガルシアのバス用ロッド『バスフィールド』がなかなかカッコいい!

こんにちはツリイコ(@turi_iko)です。

春ということで新しい何かを欲しくなる季節なんですが、みなさんはいかがでしょうか?新しい何か、新しいこと始めたりしてますか?

 

この頃はロッドやリールを新調したいなーと思って、Amazon内を徘徊したり、釣り具メーカーページを読んでいることが多くなりました。やっぱりしばらく道具を買っていなかったんで、そろそろ新しくたいという欲が出てきてます。

 

そんなこんなで目に留まったのがアブガルシアの『バスフィールド』というロッド。

2017年に新登場したロッドなんですが安価な割になかなかカッコイイんですよ!

今日はその『バスフィールド』を紹介したいと思います。

 

バスフィールドとは?

アブガルシアといえばクロスフィールドというロッドなら知ってるよって人が多いとおもいます。クロスフィールドなら店頭でよく見かけたりもしますよね!

クロスフィールドは様々な釣りを楽しめるように作られたオールマイティーなロッドですが、このバスフィールドは「手軽に、バスフィッシングを始められて、長く使い続けてもらえるロッド」をコンセプトに作られたロッドなのです。

 

バスフィールドの特徴

高級感のあるデザイン

このバスフィールド、手軽にバスフィッシングを始められることをコンセプトとしたロッドとは思えないくらい綺麗なデザインをしています。なんだか見た目は数万円もするロッドに見えますよね!

 

多分このロッドの値段を当ててみ?と聞いたら多くの人が間違った答えをだすことでしょう!

ちょっとロッドの写真を貼っておくんで見てくださいよ。なかなか高級感が溢れてると思いませんか?



※出典:アブガルシア

た、高そう…。これ定価3万円ですって言われても「あっ、そうなんですね!」って返しちゃうかもしれないです。

安い竿にスポンジが使われていると、いかにも安い竿!って感じを醸し出しちゃうものですが、このロッドにはあからさまな安価さがないどころか高級感が漂ってます。

 

非常に安価である!

このバスフィールドとても安価!お小遣い制のサラリーマンや学生にも優しい価格になってます。

価格を見てもメーカーの希望価格で約7千円程度なのでとても手に入れやすいお値段。しかも定価でその値段だと実売価格はもっと安くなっていることでしょう!

お金を多く出していいものが買える。価格が高いと高級感がある。そりゃお金を出せばいいものが買えるなんて当たり前ですからね!いかに安くいいもの、満足いくものが買えるかが重要なんですよ!僕はね!

 

こだわりの設計

このバスフィールドのガイドには富士工業製のFUJIガイドが採用されているようです!って言っても僕は富士工業のガイドを使ったことがあるかどうかすらわからないので、詳しくは富士工業のページを見てくださいよ!

富士工業のサイトはとても見やすくて、わかりやすい!こういうホームページをしっかり作ってる会社って、なんだかデキる会社だなって思いますね。

 

さらにこのロッドはスピゴットジョイント(印籠継)が採用されています。ロッドの印籠継ぎって高い竿にばっかり使われている気がします。なかなかこの価格帯で印籠継ぎってないような。触ったことがないです。

この印籠継ぎを触ったことがない人なら、よりいっそう高級感を味わえるかもしれないですよね。

 

スペック

製品名タイプ継数全長(ft/cm)仕舞(cm)標準自重(g)先径(mm)/元径(mm)ルアー(g)ライン(lb)使用材料
BASS FIELD BSFC-652MLBC26'5"/196100.51181.40/10.93.5~97~14カーボン98%,グラス2%
BASS FIELD BSFC-662MBC26'6"/1981021171.60/10.55~218~20カーボン98%,グラス2%
BASS FIELD BSFC-672MHBC26'7"/2011031442.00/11.77~4210~30カーボン98%,グラス2%
BASS FIELD BSFS-622ULSP26'2"/18897901.50/9.20.9~72~6カーボン98%,グラス2%
BASS FIELD BSFS-632LSP26'3"/19198971.50/9.80.9~92~8カーボン98%,グラス2%
BASS FIELD BSFS-672LSP26'7"/201103.51051.40/10.20.9~92~8カーボン98%,グラス2%

種類が多いとは言えませんが、このくらいの選択幅があれば十分な気がします。ロッドのスペックにもっとこだわりたい場合はもっと価格帯の高いものを選ぶのが無難でしょう。

 

まとめ

思い返してみれば僕は一万円を超えるスピンニングロッドを使ったことがない気がします。だいたい一万円行くかどうかのロッドか5千円くらいのロッドで妥協していたことが多いです。

なのでいままでは「まあこれでいっか」とか軽い気持ちで買ってあとから「ちょっと安っぽかったかなー。」なんて思っていましたが、これならそんな安っぽい後悔をすることがなさそうなハイスペック感を持っていますよね!

これからロッドを買おうと思っている人はこのロッドを候補に入れてもいいかもしれませんね!

 

コメントを残す