【バス釣り】一万円以下で買えるスピンニングロッドまとめ

こんにちはツリイコです!

この春から新たにバス釣りを始めようと思ってる人も多いかと思います。やはり新しくなにか始めるなら春ですよね!

確か僕が釣りを始めたのも春だった気がします。強風の中海に釣りに連れてってくれた親戚のおじさん、釣竿のセット一式とルアーとワームをたくさん買ってくれた親戚のおじさん、ありがとね!知らないかもしれないけど、まだ釣りをしているよ!

 

今日はね、「スタートの春」ということで、バス釣り初心者&ロッドに特に強いこだわりないけど安く新しいロッドを買いたい人のために『一万円以内で買うことができるスピンニングロッド』をまとめてみました!

一万円以内で買えるスピンニングロッドまとめ

【シマノ】ルアーマチック

はじめは安くロッドを手に入れたいけど、できれば有名な釣り具メーカーのモノが欲しいという人はシマノのルアーマチックがいいかもしれません。

ネットで見る限りでは価格は5千円前後と非常に安い価格で手に入るだけではなく、海での釣りにも使用することが可能です。いろんなところで使えるという汎用性の高さがバスロッドの強み。

このルアーマチックはグリップ部分にゴールドのリングが取り付けられているので、高級感があるのも特徴的。

【シマノ】バスワンR

どうしてもシマノの!そしてコルクグリップのロッドが欲しい!というならこのバスワンってロッドもいいかもしれないです。上位モデルに使われている機能を一部搭載しているので、ただの下位モデルとは言えない仕上がり。

デザインが結構シンプルなので、できるだけシンプルなロッドがいいなって場合は買いかもしれません。

 

【ダイワ】 バスX

有名釣り具メーカーの一つのダイワから発売されているのがこの『バスX』

このロッドは「誰でも簡単に、手軽に。しかも本格的」というコンセプトを元に作られたようです。じゃあどんなところが本格的なのかというと、ブレーディングXという強化が施されているんです。X字に巻きつけられたカーボンテープがキャスト時の捻じれを抑えて正確なキャストに繋げやすいという機能があります。

X字に巻きつけられたカーボンテープ。一見高級感の漂うロッドに見えますが、実際の価格は一万円以下!

【メジャークラフト】 ファーストキャストバス

バス釣り、海釣りで誰もが使ったことがある!と言い切ってもいいくらいメジャーなロッドメーカーのメジャークラフト。そのメジャークラフトが「誰でも手軽に釣りを楽しめるように」というコンセプトを元に作られたのがこの『ファーストキャストバス』

ロッドのラインナップも豊富でどんな釣りにも対応できますし、海釣りでも渓流でも使えそうです。それに結構グリップ部分がいい感じに高級感漂ってます。安っぽくなくていい感じ!

【メジャークラフト】 バスパラ

さっきのファーストキャストバスだとちょっと安っぽさを感じるなぁ、って人はこのバスパラはどうです?超高級感出てないですか?

高級感とはいってもメジャークラフトのバスパラは一万円以下!バスパラだけでなくて海用のソルパラシリーズも全部一万円以下!このロッドはすごくコスパいいと思います。結構使っている人も多いように感じますよ「◯◯パラ」シリーズは。

スポンジのグリップが嫌だなぁ、ってひとにもでもコルクグリップですし、デザインも凝って作られていて、それでいて安い!いろんな意味で気持ちよく釣りができそうですね!

【アブガルシア】 バスフィールド

オシャレでカッコいいロッド。デザイン重視のロッドが欲しいという人はアブガルシアがオススメ!

このバスフィールドみてくださいよ!超カッコよくないですか?

グリップ部分の安っぽさが全然感じられない…。黒いスポンジといえば安いロッドにはよくあるやつで、いかにも安価さがにじみ出るモノだけど、このロッドには皆無である。

バッドのエンド部分にあるアブガルシアの刻印シブくてかっけー!本当に安いやつだとこのエンド部分がゴムで栓してあるだけだったりして穴が空いちゃうモノだけど、このアルミプレートなら心配ないうえにカッコいい。

【アブガルシア】バスビートⅡ

バスフィールドだとシンプルすぎる。もうちょい派手さがほしい。そういうときは『バスビート』がいいかもしれないです。見てくださいこの豪華絢爛さ!

グリップ部分にゴールドの装飾が施されててとても綺麗。よく見るとガイドのとこにも金の装飾が!

僕にとってはかなり派手なデザインに感じますが、この豪華さはなかなかですね。とても一万円切っているとは思えない製品です。

ツリイコが選ぶならコレ!

僕が一万円以下のスピンニングロッドで選ぶならどれを選ぶかですが、僕ならアブガルシアのバスフィールドですねー。

正直ロッドの性能差を知るほどたくさんのロッドを振っていないのでロッド選びには結構無頓着。

だから僕がスピンニングロッドを選ぶときの最大のポイントは『自分の気分』。どれだけ気持ちよく選ぶことができるか、どれだけ自分の所有欲が満たされるか。その辺がポイントになっています。

今回一万円以下のロッドをまとめてみた中で、バスフィールドというロッドが一番心にグッときたんで、僕のオススメはアブガルシアのバスフィールドです。

やっぱりね、釣りは理屈も大事だけどフィーリングも大事だと思うの。

 

まとめ

釣りを始めたての頃のロッド選びというのは右も左もわからないうえに、ロッドの種類も価格帯もたくさんあって苦労するものです。しかし、始めての買い物で失敗したくはない!

初めてロッドを買うときはネットで下調べをして、それから釣具屋で実物を見たりして、それからAmazonなどのレビューを見てから買うということをすれば、ロッド選びでしくじる可能性は減るはずです。

とりあえず雑誌やネットの情報、店員さんの情報を取り入れながらも鵜呑みにせず、自分の心で選ぶようにすれば、きっと良いロッド選びができるはずです。

コメントを残す