オカッパリはバッグ派?ボックス派?メリットとデメリットは?

システムボックスを購入を検討中、こんにちは!ツリイコです!

釣りに行くときはバッグ派ですか?それともボックス派ですか?

フィッシングバッグもシステムボックスもそれぞれ良いところがあって、どちらが良いとは言い難いところかもしれませんが、お互いのメリットやデメリットがどんなものかあるか気になります。

ということで今日はオカッパリに行く際のバッグとボックスそれぞれのメリットとデメリットをまとめていきます。

 

フィッシングバッグのメリットとデメリット

メリット

  • 機動性がある
  • 長時間背負っていても疲れにくい
  • 小物を取り出しやすい

フィッシングバッグのメリットは何と言っても機動性。動きやすいですよね!背負う、肩にかけての移動になるので両手が空いて動きやすいから坂を上り下りするときでも楽に移動することが可能。

またフィッシングバッグは長時間背負っていても疲れにくいところがいいですよ。今日も4時間くらい背負いっぱなしで釣してましたけど疲れた感はなかったです。

あとバッグはプライヤーなどの小物が取り出しやすいところがグッド!フィッシングバッグのベルト部分にプライヤーホルダーが付いているものやドリンクホルダーなども付いていたりと、小物の収納スペースが多く用意されています。そのため道具が取り出しやすく快適な釣りができるというわけです。

 

デメリット

  • 収納できる量が少ない

フィッシングバッグの唯一の欠点といえばやはり収納力でしょう。フィッシングバッグはシステムボックスに比べると収納スペースが少ないことが多いです。そのため釣り場にルアーを持って行くときはある程度数を絞っていかなければならないため、時として悔しい思いをすることもあるかもしれません。

収納スペースの欠点をカバーするにはバックパックタイプのもので持ち運びするのがいいかもしれませんね!

 

システムボックスのメリットとデメリット

メリット

  • 豊富な収納スペース
  • ロッドホルダーをつけられるものが多い

やはりシステムボックスは収納スペースが多いのが魅力です。たくさんの道具、たくさんのルアーが収納できるのでルアーの選択肢が広がります。なので状況に応じて好きなルアーを惜しみなく使うことができるのではないでしょうか?

あのルアー持って来ればよかった。トレーラーであのワーム使いたかったけど家に置いてきてしまったなんていう後悔はなくなることでしょう。

バッグではロッドホルダーが付いていないものが多いですが、システムボックスではオプションでロッドホルダーが付けれるものが多くあります。なのでロッドを傷つけることなく釣りをすることができるので嬉しいですね。

デメリット

  • 持ち運びは疲れる
  • 置く場所を選ぶ
  • ドリンクホルダーがない

しかしシステムボックスは収納力が多いぶん、重くなり持ち運びが少し疲れます。バッグだと肩や全身に重さがかかりますが、ボックスは腕へ負担が集中して、手が疲れやすいように感じます。

あとバッグとは違いボックスは置く場所を選ばなければなりません。例えば防波堤のような場所ではボックスを奥には不便はありませんが、岩場や野池では真っ平らな場所は少なく、ボックスが倒れてしまうところもあるので注意が必要です。

すごく個人的なこだわりですがドリンクホルダーがないところが不便に感じてしまうんですよね。別売りのドリンクホルダーを取り付ければいいだけの話かもしれませんが、やはり平らな場所でしか使えないですよね。倒れちゃいますからね。

 

まとめ

フィッシングバッグもシステムバッグもそれぞれいいところがあり、それぞれの欠点もあります。

ただ、オカッパリに限ればフィッシングバッグの方が持ち運びもしやすく、道具も取り出しやすいので快適な釣りができるかなと思うところです。

僕は過去にボックスを持っていたこともありますが、ボックスごと野池に忘れてきたことがあって以来ボックスを釣りに持って行くことに抵抗を感じるようになりました。ちなみにボックスは取りに戻りましたが無くなっていました。自業自得ながら悲しかったです。

自分の釣りのスタイルによって合う・合わないは分かれるところだと思うので、自分に合う道具運びは実際にいろいろ試してみたり友人の評判を聞いてみたりすると後悔が少なくなると思います。

まず僕としてはオカッパリならフィッシングバッグがオススメです。

釣り用のバッグを選ぶ『4つのポイント』とオススメのオカッパリ用バッグ

コメントを残す