使わないと損?チャターベイトをオススメする理由と使い方を書いてく!

こんちには!ツリイコです!

チャターベイト巻いてますかーッ?

元気があれば釣りができる!チャターベイトがあればバスが釣れるぞーッ!

 

僕は「オススメのルアーは何?」と聞かれたら迷わず「ジャッカルのブレイクブレードW.S」と答えるくらいのチャターベイト推しなんです。

もちろん「釣れる」というのが主な理由ですが、なんていうんだろうブレイクブレードには「宇宙」を感じてしまうんだよね……。

 

ということで今日は僕がチャターベイトをオススメする理由と使い方を書いていきます。

 

チャターベイト(ブレイクブレード)をオススメする理由

ただ巻きで釣れる

まず第一にただ巻きで釣れるというのがブレイクブレードはじめ、チャターベイトのいいところ。特に難しいアクションを加えることなく、ただ巻きでも不規則なスピードでも十分釣果が期待できます。

僕はブレイクブレードを買って2投目で釣れてから「このルアーやべぇ…!」と感じ、それ以来ブレイクブレード信仰が始まり、釣れるたびにブレイクブレードに心を奪われていったのでした。

チャターベイトが釣れすぎる!入れ食い未経験者にオススメ!

根掛かりしにくい

チャターベイトにもフックガード付きのもの(ブレイクブレードなど)は根掛かりしにくく、スナッグレス性能がとても高い。スピナーベイトと同じくらい根掛かりしにくいです。

なのでカバーやストラクチャーに臆せずキャストでき、ちゃんと手元に生還してくれるのでストレスの少ない釣りをすることができます。

手返しがいい

基本的にキャストしてただ巻きして、またキャスト…。といって具合なので非常に手返しがよくテンポよくキャストしていくことができます。なので僕はチャターベイトをサーチベイトとして使うことも多いです。テンポよく投げれて、根掛かりしにくいので水中の状況を探るためにも有効だと考え、水面からボトムまでバシバシ投げてガンガン巻いています。

他のルアーに比べてちょっとだけ安い

ブレイクブレードに限らずチャターベイトはコストパフォーマンスが高いです。釣れるのにこんなに安くていいの?って感じです。値段はルアーの種類やサイズによりますが、600円〜1500円くらいで買うことができます。小さいサイズほど安い傾向があるように思います。

チャターベイトは他のルアーよりも少し安い分、ついつい2、3個まとめて買ってしまうものの、ルアーボックスの中にチャターベイトが溢れるという事態になるので買いすぎ注意です。

ちなみに僕の使っているブレイクブレードはこんな感じです。一応重さが被らないように買っていますが、もっともっと買い足したいと思っています。

チャターベイト(ブレイクブレード)の使い方

僕なりの使い方を書いていきます。特に難しい使い方はしていないですが、不思議と釣れちゃうのでホント、愛してるよ…(ポッ。

基本的にはタダ巻き

基本的にタダ巻きでOKです。トゥイッチ入れたりジャークしたりというのもアリだと思いますが、それをしないほうが釣れている気がするので基本的にはタダ巻きオンリー。コントロールするのはリトリーブスピードくらいです。

リトリーブスピードは速めにしています。それはリトリーブスピードが遅いと見切られることが多かったからです。アシ側からルアーを目掛けてガッ!と飛び出してきたのに、リターン。そういう見切られを少なくするには少しスピードのあるリトリーブがいいかなと思い、速く巻いています。

カバー・ストラクチャーの際を狙う

いたって普通ですがカバーやストラクチャーを狙っています。しかしカバーの中にブチ込むというよりはカバーの横を通すようにしています。

アシ側やブッシュ、オーバーハングだとしても、カバーの中に入れる前にカバーの際を通してバスのご機嫌を伺ってみます。すると活性の高いやつはバッ!っと飛び出してくるのを見ることができエキサイティングな場面を体感できるのでオススメです。

全レンジを通してみる

条件はよく分かりませんが、日によって表層の反応が良かったり、低層でアタリが多い場合もあるので全てのレンジを満遍なく通すようにしています。

手返しよくキャストできるので意外と苦に感じずにできると思います。いろんなレンジを通すことで水中の状況をサーチできるし、運が良ければバスをキャッチすることもできるので一石二鳥と思いながら投げると、精神的負担が少ないですよ。

見えバスを狙ってみる

夏なんかは上を向いた見えバスが浮いていたりしますよね。たぶんそういうバスって虫狙いだったりして、ルアーには無関心な場合もありますが、試しにチャターベイトを投げてみると意外にも追ってくることがあります。

なので見えバスがいたら、バスから少し離れたところに投げて反応をみてみるとリアクションバイトのようなものでキャッチすることができたりするので試す価値はあります。

まとめ

まだチャターベイトを使ったことがないという人は騙されたと思って一度は試していただきたいです。水温が低めで低活性のときは難しいのかもしれませんが、水温が上がってきて活気付いてきたときは爆釣状態になることもあります。

昨年は野池で僕一人だけチャターベイトを使って無双状態で、優越感に浸ってました。だって小さい野池なのにこんなに釣れていいの?ってくらい釣れるんですもん!チャターベイトのポテンシャルの高さに感激でした。

 

いろんなメーカーから出ているチャター系ルアーですが、ぜひ自分の好みのチャターベイトを見つけて使ってみてください!このルアーの良さを一度体感すると、なかなか他のルアーに戻れなくなるかもしれません。

各メーカーのチャターベイトまとめてみた

 

コメントを残す