【釣りでの転落防止に!】ライフジャケットにはどんな種類があるか調べてみた

こんにちは!ツリイコです!

最近ニュースを見ていると釣りでの転落事故のニュースがとても目立ちます。もしも自分だったら、もしも自分の家族のことだったらと思うと怖くなりますね。

釣り大会に参加中 ボートから転落の男性死亡 NHKニュース

特に怖いのはライフジャケットを着用しないままボートに乗ったり、防波堤などの足場の悪いところで釣りをする場合です。ボートでは体のバランスを崩して落下したりすることがありますし、防波堤やテトラポッド、磯場は足場が良くないことが多いので水中に転落する可能性は大いにあります。

ボートに乗るときはもちろん、海釣りに行く時は必ずライフジャケットは着用しておきたいですね。たとえバス釣りでも、足場が悪いところや水深のあるところでの釣り、ウェーダーを履いて釣りをする場合はライフジャケットをしっかり着けて釣りをしたいところ。

ライフジャケットはどんな種類があるの?

しかし、ライフジャケットを着用しないといけないのはわかっているけど、どういうライフジャケットがいいんでしょう?そもそもライフジャケットにどんな種類のものがあるのかよくわからないですよね。

ということで今回はライフジャケットにはどんな種類があるのかを調べてみました。ライフジャケットは大きく分けると2種類あり、「固型式」と「膨脹式」があるようです。

固型式

固型式はライフジャケット内に発泡プラスティックなどの浮力の高い素材が入っているもののことをいいます。基本的にそのまま着用するだけなので、とてもシンプルな構造になっています。

固型式のライフジャケットにはチョッキ型、首かけ型、ジャンパー型など数種類の形状があります。

釣りに行く場合にはチョッキ型がいいかもしれませんね。道具を収納するスペースも付いているし、自分の動きを妨げることなく釣りができます。僕はこの固型式のライフジャケットを持っていますが、釣りをしている最中も動きにくいという印象はないので特に不満はありません。

もしデメリットがあるとすれば、持ち運びや収納するときに少しだけかさばるということ。浮力材を圧迫するようなことをしてしまうと浮力が弱まる可能性があるといったところでしょう。少しだけ取り扱いには注意したいですね。

この固型式のライフジャケットは比較的安く買うことができるので、たまにしか使わない人でも十分買う価値はあります。安いものなら約2000円程度から購入することができるので、命を救える道具としては激安ですね!

膨脹式

普段はコンパクトでも、水中に落下したときに炭酸ガス等でライフジャケット内を膨脹させて浮くようになっているのが膨脹式のライフジャケットです。

膨脹式には水中に落下した際に水を感知して自動で膨らむ『自動膨脹式』と、水中に落下しても自動で膨脹せず手動でライフジャケットを膨らませる『手動膨脹式』があります。

形状としては首掛け式、ポーチ式、ベルト式、ジャンバー式などがあります。

自動膨脹式

自動膨脹式はライフジャケット内部にボンベがセットされていて、内蔵されている部品の一部が水を感知するとライフジャケット内にガスが注入されて膨らむ仕組みになっているようです。持ち運びや収納時はコンパクトにしておけるメリットもあります。

もしパニックになりながら水中に落ちたとしても、自動でライフジャケットが膨らんでくれるので万が一落下したとしても安心ですね。

手動膨脹式

手動膨脹式はライフジャケットについているヒモを引っ張ると、膨脹し、水に浮くようになるというものです。

自動膨脹式は場合によっては湿気や水漏れによる誤作動があるようですが、手動だとそういった誤作動の心配はない。

しかし手動なだけに、落下したときに冷静にライフジャケットのヒモを正確に引くようにしておかないと、救命胴衣の意味がなくなってしまうので注意したいところです。

釣りに適しているライフジャケットは?

では釣りに行く際に適しているのはどれを選べばいいのでしょうか?僕としてはライフジャケットは『固型式』か『自動膨脹式』がいいと思います。

一つずつ理由を挙げていくと、固型式は何もしなくても浮くことができるし、比較的安い。そしてある程度の収納力があって釣りのルアーケースなどをライフジャケット内にしまっておける。それに自動膨脹式や手動膨脹式のようなものだと試しに浮いてみることができないけど、固型式なら試し浮きすることができるのでスゴく安心感があります。

自動膨脹式は非常にコンパクトに持ち運べるし、水中に落下しても自動で膨脹するので、たとえ意識を失ったまま水に落ちたとしても浮くことができるでしょう。手動膨脹式だと水の中に落ちたときに焦ってヒモを引くことができないなんてことがあると心配なので、僕は手動膨脹式は避けたほうがいいのではないかと思ってしまいます。

 

結局のところ僕のいまのところのイチオシは『固型式のチョッキ型』が一番シンプルでいいのかなと思います。

しかしながら人によってフィッシングスタイルは違いますし、好みもあるかと思うので、自分の納得するライフジャケットを自分自身で見つけるのが大事なのかもしれませんね。

 

とにかくみんなが事故のない楽しい釣りをして、無事に家に帰れることを祈っています。危険な場所では絶対に安全確保しようね!約束だよ!

コメントを残す