【ガンタレルシリーズ】ビッグベイトのラインは何ポンドを使えばいい?

こんにちは!最近はチビタレルばっかり使っているツリイコです!

いやー、チビタレルはギルのいる野池では強いですねー!岸沿いを引いていると猛スピードで追ってからのバイト!チビタレル中毒になりそうです。今月は釣りに行くたびにチビタレルさんの活躍が見れているような気がします。

 

こんなに釣れるとチビタレルだけじゃなくてガンタレルもギガンタレルも試してみたくなるものの、ラインの太さ的に事足りるのかよくわかりません。どのくらいのポンド数があればガンタレルシリーズを投げれるようになるのでしょうか?

ということで今日はガンタレル兄弟たちをキャストするには、どのくらいのラインが必要なのかを調べてみました!

ガンタレルシリーズには何ポンドのラインが必要?

さあ!ガンタレルシリーズを投げるためにはどのくらいのラインが必要になるのでしょうか?

今回はYouTubeをフル活用?し、ジャッカルのプロが使っているラインを参考にしていきたいと思います!

チビタレル

チビタレルは43.5gの130mmという可愛さ溢れるコンパクトボディ!コンパクトとはいえ普通のルアーに比べれば大きめサイズと言ってもいいかもしれませんね。

ではラインは何ポンドのものを使っているのでしょうか?こちらの動画を参考にさせていただきました。

川島プロの解説によると、推奨ラインはフロロ14〜16ポンドのようです。

僕がチビタレルを使うときも14ポンドを使っていますが、ナイロンラインを使用しているため若干アクションにキレのないチビタレルになっているかもしれません。プロの推奨ラインからは外れていますが、それでも十分釣れるので問題ナシです。

ガンタレル

ガンタレルは70gで160mmというサイズになっています。チビタレルよりも3㎝だけ大きいものの、重さは約30gほど重いです。さてこのガンタレルはどのくらいのラインを使うべきなのでしょうか?

この動画を見てみるとラインはフロロカーボンの16ポンドを使用しています。70gと重いので、もっと太いラインを使っているのかと思いきや、意外にも16ポンドで足りるものなんですね!

ギガンタレル

ギガンタレルのサイズは200mmで153g(5.4oz)という大きさ。名前からして大きいことが伝わってきますが、こんなデカイルアーで釣れるイメージが湧きません!むしろ200mmのバスが釣れても嬉しいくらいです!

ではこのギガンタレル、どのくらいのラインを使っているのでしょうか?

こちらの実釣動画によれば使用ラインは20ポンド。おそらくフロロカーボンでしょう。

この動画で釣れたロクマルのランディングシーンは是非見ていただきたい!60upのバスってなんていうかもう、モンスターですね!釣った川島プロも楽しそう!ギガンタレルはやばいルアーですね!

適用ラインまとめ

さあガンタレルシリーズ3種類の推奨ラインを調べてみましたが、まとめるとこんな感じになりました。

  • チビタレル(43.5g)・・・フロロ14〜16ポンド
  • ガンタレル(70g)・・・フロロ16ポンド〜
  • ギガンタレル(153g)・・・フロロ20ポンド〜

うーん、やはりギガンタレルはデカいですねー。この重さで20ポンドで事足りるのか不安な気がしますが、プロがこれで釣っているなら間違いないんでしょうね。

とりあえずラインは最低でもフロロの20ポンドを用意しておけば、ガンタレル3兄弟をすべてキャスト出来るということがわかりました!いつか3種類揃えて野池にキャストしまくりたいと思います!

コメントを残す