オカッパリで付けるライフジャケットはウエストベルトタイプがいいかも!

こんにちは!ツリイコです!

夏が近づくにつれ、釣りに行く頻度がみなさん上がってきているようですね!最近はどこの野池に行ってもそこそこ人がいて、場所によっては混みすぎて釣りする場所がないよ!なんてもことありますね!

海に行っても家族連れで釣りを楽しんでいる人が大勢いて、釣り人口の多さにびっくりします。みんなそんなに釣りするんだ!?みたいに。

 

しかし、夏が近づくにつれて釣りがしやすい環境になるので嬉しくなってきますが、嬉しいことばかりではないのが悲しいところ。夏に近づくにつれて増えていく悲しいことがありますよね。

そうです、水難事故です。

せっかくの楽しい釣りで事故が起こってしまっては全てが壊れてしまいますよね。遊びで行くことだからこそ安全対策をしっかりして、しっかり楽しんで家に帰りたいところです。

オカッパリでもライフジャケットは必要?

ただ、釣りで安全対策は必要とは言っても野池での陸からの釣り、オカッパリでは安全対策が必要か?という疑問もあります。

もちろんライフジャケットなどをつけて安全対策をするに越したことはないですけど、正直いうとオカッパリでライフジャケットをつけているのってなんだか恥ずかしいですよね。なんか場違い感というか、過剰装備感というか。なんともいえない小恥ずかしさがあってなかなか着け難いところがあるように感じるんですよ。

 

でも安全対策をするなら恥ずかしいなんて言ってられないことはわかっているんですよ。いくら通い慣れた場所でもなんらかの弾みで野池に落ちてしまうこともあります。それに警視庁の統計情報でも釣りや魚取りでの水難事故の割合が非常に高いことがわかっていますからね。

やはり命を守るためには、釣りに行く時はオカッパリでもボートからの釣りでもライフジャケットは必須なのかもしれません。でも、でも、ライフジャケットを着込むのはやっぱ恥ずい!

オカッパリではウエストベルトタイプのライフジャケットが最適かも!

普通のベストタイプのライフジャケットを野池で着用するにはすごく違和感がありますが、よく考えてみたらいいライフジャケットがありましたね!

そうです!バスプロがよく着けている、ウエストベルトタイプのライフジャケット!こんなやつです。

これなら野池のオカッパリでつけていても恥ずかしくない!しかも海でも川でもどこでも使えるじゃないですか!なんなら水辺で軽作業をする時にもつかえそうです!ボランティアでのゴミ拾いとかでもね!

それにライフジャケットでベスト式なら持ち運ぶ時とか収納する時は場所を取ってしまって邪魔なとこがあるけど、このウエストベルトタイプなら収納もラクにできそう!

しかも自動膨脹式を選べば万が一落下した時も自動的にライフジャケットが膨らむので、安心!というところですよねー。釣りをしている最中に水に落下してしまうと、手にはロッドを握りしめていたりするので、手動で膨脹させるタイプだと焦ってヒモを引っ張れなさそうですよね!

 

落ちた時にどんなふうに膨らむかはこちらの動画で見てみてください。

なんだかんだで固定式(ベストタイプ)のものが安定して浮いてる気がしますが、野池や川での身につけやすさではウエストベルトタイプが一番いい!着けてても全然恥ずかしくないもんね!ウエストポーチみたいでね!

ちなみに動画で使用しているライフジャケットは『高階救命器具』の製品です。

まとめ

ということでオカッパリでライフジャケットを着けるならウエストベルトタイプがいいかもしれません!

野池・海・川!場所を選ばず使えるし!収納もコンパクトにできる!そしてなにより着けていての場違い感がない!!

ウエストベルトタイプなら野池でつけていても恥ずかしくないのが一番のメリットに感じてしまいますね。ベストタイプのライフジャケットだとなんだか大袈裟な感じがしてしまって、超恥ずかしいんですよねー。こんなことで恥ずかしさを感じるのがおかしいんだとは思いますけども。でも恥ずかしいの僕は!

 

しかしライフジャケットはちょっとだけ高価。買うのをためらってしまう値段ですが、命を守ることを考えたらそうも言ってられないのかもしれません。

 

とにかく!オカッパリでもライフジャケットは必要だということが警視庁の統計からもわかったので、ライフジャケットをつけて楽しい釣りを楽しみましょう!それでは!

コメントを残す