アルデバランがカッコよすぎ!初めてのベイトフィネスは16アルデバランBFSかな…!

こんにちはツリイコです!

スピニングロッド破壊事件をきっかけに、ベイトフィネスにチャレンジしたいと思っている僕です!

 

ベイトリールで軽量ルアーを使えたらキャストコントロールはしやすいだろうなーって思っていて、前から気にはなっていたんですよね!スピニングタックルを持っていたから「まあいいや」ってなってましたけども。

いやー、時代はベイトフィネスですよ!今更スピニングタックルを更新するなんてねぇ、ハハッ、笑っちゃいますよね!

 

…ううっ…!すいません嘘です!「時代はベイトフィネス!」って言ってみたいだけでした!ごめんなさい!でもまだ全然買う準備できてないんで!僕全然お金持ってないんで!許してください!

16アルデバランBFSがすごく気になってる

スピニングロッドが手元からなくなったことで、軽量ルアーを扱えることがどんなに幸せだったかを思い知らされている最中です。いつも大切なものはなくなってから気付くんですねぇ…。

そんなスピニングタックルが一時消滅している僕ですが、気になっているのはベイトフィネス!ベイトリールで軽量ルアーを投げたことがないんで、次はスピニングロッドを新調するのではなく、タックルごとベイトフィネスに切り替えてしまおうかなって考えています。

 

ベイトフィネスに切り替えるにあたってきになるのはやっぱりリールです!ベイトフィネスといえばベイトフィネス対応のリールが必要!これがなければベイトフィネスは始まらない!

 

数あるベイトフィネス機の中でも、一番気になっているのは『16アルデバランBFS』

やっぱり性能のいいリールが欲しいですからね、リールといったらシマノ、シマノのベイトフィネスといったら思いつくのは「アルデバラン」だなって思ったわけです!

見た目がカッコよすぎ!

重さ?ギア比?技術特性?そんなの関係ねぇ!見た目がすべてだろ!

ということで、16アルデバランBFSの何が気になるかというとやはり外見ですよ!見た目が大事!みてくださいよこのアルデバランを!

出典:シマノ

単純にかっこいいですよねー!リールとしてイケメンすぎ!

やはりいい製品っていうのはデザインが優秀なんですよ!機能美っていうんですかね?完成された何かをデザインから感じますよね!

 

機能がー、性能がーっていうのは簡単ですけど、単純にカッコイイ!好き!と思えるかどうかがリール選びには重要だと思っています。理屈抜きにでも好きと思えるようなフィーリングがなければそのリールとのお付き合いは長続きしないことでしょう。

圧倒的な軽さ!

このアルデバランは自重何グラムだと思いますか?

なななな、なんと!130gなんですよ!?めちゃめちゃ軽くないですか?!

 

この間、メタニウムDC(190g)を買って使った時に「あ、想像以上に軽いな」って思ったばっかりなんですけど、それより軽いというのは衝撃的です!

130gというとiPhone7とほとんど変わらない重さなんですよ?iPhone7は138gなので、アルデバランBFSモデルとの差はわずか8g!iPhone7もアルデバランも軽すぎ!最近の製品の軽量技術はすごいものがあります!

 

やはり重いリールを数時間使っていると、肩周りにどんどん疲労が蓄積されていきます。疲れてくると、まだ釣りをしたい気持ちはあるのに「もうダメだ、帰って寝よ」ってなってしまうこともあるので、軽いリールを使うということはモチベーションの維持にもつながります。

エキサイティングドラグサウンドが素敵!

スピニングタックルで釣りをしている時は、ドラグ音が大好きだったんです。ヒットして合わせてからのドラグ音を鳴らしながらのやりとり…。あの魚との戦いの間に鳴り響くあのドラグ音が大好きだった!

でもベイトリールだとドラグ音がないから寂しい…。ベイトフィネスにしたらドラグ音はなくなってしまうのかな…。って思ってたら16アルデバランBFSにはドラグ音がついてるんですね!!

 

エキサイティングドラグサウンドとは何か?シマノのホームページにはこういった説明があります。

エキサイティングドラグサウンド

ドラグ音が鳴る機構。魚がドラグを引き出しているか否かの判断がしやすく、魚とのファイトにアドバンテージをもたらします。また、爽快に響くドラグ音がアングラーの心を魅了します。

引用元:シマノ

まさにドラグ音はエキサイティングそのもの!エキサイティングドラグサウンドとはいいネーミングです。的を得ている!

 

スピニングタックルから離れるともうドラグ音が聴けなくなるなぁと思っていましたが、このエキサイティングドラグサウンドという機能があれば一安心です!

盛りだくさんの技術特性!

  • X-SHIP
  • HAGANEボディ
  • CI4+
  • S3Dスプール
  • FTB
  • エキサイティングドラグサウンド
  • S A-RB
  • スーパーフリースプール
  • 海水OK

ベイトフィネスの最高性能を追求したとだけあって、16アルデバランにはこのような技術特性があります!

シマノの持つ技術をこれでもかというくらいに注ぎ込まれているアルデバラン、どおりで魅力があふれているわけです!こんなにたくさんの特性を持っているなんて、アルデバランはなんて欲張りな子なのでしょう!

まとめ

正直にいうと僕はあまりリールには詳しくなく、強いこだわりを持っているわけではありません。

ブレーキ性能、ギアの素材、リールの材質そういう部分的なものへのこだわりはほぼ無いに等しいです。

 

しかし、そのリールでどのくらい気持ちのいい釣りができるかにはこだわっているつもりです。

気持ちよく投げれるか、気持ちよく巻けるか、なにより持っていて嬉しくなるか。そういうことを満足することができるリールはいいリールなんだろうと思っています。

そしてこの16アルデバランBFSにはそういう自分自身のフィーリングを満足させるに十分な特性を持っていると思うんですよね!このリールなら例えどんなに魚が釣れなくても!きっと楽しく釣りをすることができる!そう思うんです!

 

ということで、僕の他にもベイトフィネスを考えている人がいたら!16アルデバランBFSという選択肢もアリなんじゃないでしょうか?ということで以上です!それでは!

 

 

コメントを残す