【ロッド置き場所注意!】ロッドを置く場所気をつけよう!折れるぞ!

こんにちは!ツリイコです!

釣りに行くときは複数本のロッドを持ってオカッパリしているよって人が多いかと思うんですけど、ロッドはどこに置いてますか?

 

僕はよく気に立てかけたり、リールに砂がつかないように地面に置いたりすることがあります。

こないだ釣りに行ったときは自分の近くに木があったので、そこにスピニングロッドを立てかけてベイトタックルで釣りをしていたんです。

 

ベイトタックルでダンクルをキャストした瞬間!『バキッ!』っという音が!

えっ、もしかして木にぶつかってベイトロッドが折れたのか???と思い、慌ててロッドの先端を確認すると折れていない。

 

じゃあ何の音なの?と思って周りを見渡してみると、ポッキリと折れたスピニングロッドが…。

あぁー!ごめんよスピニングロッドォォォ!

ロッドを置くときは自分の稼働範囲には置いてはいけない

オカッパリに行くとどうしてもその辺にロッドを立てかけたり、置いたりしたくなってしまいますが、自分の動く範囲においてはいけないんだなと改めて思い知らされました…。

いつもは気をつけてても、ふとした瞬間、気の抜けているときは要注意です。いつも普通に気をつけていることができなくなるんですよね。

 

このあいだ釣りに行ったときは久しぶりにあった友達と喋りながら釣りをしていたんで、話に夢中になってしまって、自分の近くにロッドを立てかけていたことをすっかり忘れていたんです。

そのくらい普通は気をつけるっしょ!と思われるかもしれませんが、本当にそのときは自分のロッドが見えていなかった。自分の愛用品を自分の手で壊すだなんて、悲しすぎます。

 

これを読んだアナタはどうか自分の稼働範囲内にロッドを置かないように注意してくださいね。愛しているロッドを葬ることになりますよ。

地面に置くのも危ない!折れるぞ!

僕の場合はロッドを木に立てかけていて、自分のキャストでロッドを折るという事態になってしまいました。じゃあ地面に置けばいいじゃんと思ったりもしますが、地面に置くのは一番危険だと思うのです。

 

こないだ釣りに出かけたときは、僕の近くで中学生か高校生くらいのオカッパリ集団が釣りをしていたんです。

なにやらみんなでワイワイ楽しそうに釣りをしていたんですが、その中の一人が地面にロッドを寝かせてラインを結んでいたんですね。そのときにちょうど近くにいた別の人がヒットしたらしく、ロッドを大きく合わせ「きたきたー!」と声をあげていました。

 

するとどうでしょう。ロッドを合わせると同時に後ろに下がった少年は友達のロッドを踏んづけて折ってしまったではありませんか!

友人のロッドを追ってしまった少年は「ごめん、弁償するよ」とは言ってたいたものの、なかなかに微妙な空気になっていました。

 

ラインを結んだりするときはロッドを地面などに寝かせた方が結びやすいのかもしれませんが、近くに人がいる場合はロッドを踏まれる危険があるということを覚えておきたいところです。

ロッドが折れるのって超悲しいんだね…

僕はロッドを自分で折ってしまったことは小学生以来でした。

小学生のころは自転車に乗って釣りに行っていたので、ハンドルを握りながら右手にロッドを無理やり持つ感じで自転車に乗っていたんです。

そしたらちょっとした段差を乗り越えるときにbalanceを崩し、ロッドをfreefallさせてしまったんですよ。するとrodは自転車のタイヤに吸い込まれるように先端から粉々になっていったのです。

まるでミキサーにポッキーが入っていくかのごとく、rodは一瞬でバキバキになりました。

 

そんな思い出を今回のスピニングロッドを破壊してしまったことで思い出してしまい、なおさら悲しくなりました。悲しさというか自分に対しての悔しさっていうんですかね、なんともいえません…。

 

自分のロッドがなくなるというのは、想像以上に悲しいものです。

どうか自分のロッドを折らないように、他人のロッドも折らないように、釣りに行ったときは注意してくださいね。

コメントを残す