【情報の鵜呑み注意!】ロッドやリールのネットのレビュー・インプレは信用してはいけない!その理由を書いてく!

こんにちは!ツリイコです!

釣り道具、特にロッドやリールを買うときってドキドキしますよね!大きい買い物だから当然です。

しかし、選ぶ楽しみからのドキドキの他に、違うドキドキを感じるときもあります。

 

そう、買って失敗することへの不安からくるドキドキです。

ロッドやリールは釣りしている時間を共にする相棒!人生のひとときを共にする道具選びを妥協なんてしたくない!

 

そういうときに見てしまうのは『ネットのレビュー』ではないでしょうか?

ネットのレビューにはたくさんの意見や感想がたくさん書いてあります。そういった釣り道具を買った先駆者達の意見を見ることができるというのは、とても参考になるものです。

 

しかし!ネット上のレビューを信用して道具を買ってしまうのは危険です!!

あなたが参考にしているレビューは本当に信用するに足るものでしょうか?あなたが見ているそのブログを書いている人を本当に信用していいのでしょうか?

 

僕はそういったネット上のレビューは信用すべきではないと思っています。

今日は釣り道具を買う際に、ネットのレビュー等を参考にしてはいけない理由を書いていきます!

 

ネット上の釣りのレビューは信用してはいけない理由

僕はネット上のレビューを信用して道具を買うというのは危険だと考えています。

ネットはとても便利だし、膨大な量の情報が載っているので、使い方によっては非常に強力な味方になることもあります。

 

しかし、ネット上のレビューを言われるがままに信用して買ってしまうと「こんなんじゃなかったのに…」と後になって、残念な思いをすることになりかねません!

ネットの意見を参考にするためには以下の点に気をつけていくようにしたほうがいいと思うのです。

どんな人が書いているかわからない

ネット上にある『レビュー・評価』はたくさんありますよね。Amazonや楽天のネットショップのレビューや、個人ブログ、釣り情報サイトにも書いてあることがあります。

 

そういうレビューがあるのは、自分にとっていいことではありますが、そのネットの情報を信じることってできますか?僕はできません。なぜなら誰が書いたかわからないからです。

どこの誰が、どういう人が書いたかもわからないレビューを信用するべきではないと思うのです。もしかしたらメーカーのステマとかで良いことばかりを書いているかもしれない。もしかしたらアフィリエイト目的で、商品の情報をやや誇張して書いているかもしれない。

いろいろな思惑が潜んでいて、正しい情報が書いてあるとは限らないという不安があるんです。

ブログ記事だとしても書いている人のレベルがわからない

じゃあ顔出ししている人のブログなら信用できるか?というと、僕は信用しないようにしています。

なぜなら釣りブログだからといって釣りに詳しい人が書いているとは限らないからです。

 

釣りが好きでブログ等を書いている人がほとんどだとは思いますが、「釣りが好き」ということと、「道具に詳しい」ということは別問題。釣りが好きだから道具に詳しいとは限りません。

なので、よく読んでいるブログの管理人が「このリール使いやすい!最高!」って言ってたとしても、本当なのか?と思うことが大切になります。

広告収入目的のレビュー記事じゃないですか?

ネット上には広告収入を得る目的で、釣りの記事を書いている人もいます。

ブログやサイトに広告が貼られているのを見たことってありますよね?ブログの中に広告を埋め込んで、その広告から商品を買ってもらうとブログの管理人に収入が発生するという仕組みです。そういう収入を第一目標として釣りのブログを書いている人もいます。

どんな釣りブログや釣りサイトにも広告というのはあります。というか、あるのが普通です。ブログやサイトの運営には多少のお金はかかるので、その辺りを補完したいということから広告を載せているのです。

 

しかし!注意したいのはあまりにも広告がベタベタと貼られているサイトです!

サイトのあっちこっち、あんなところからこんなところまで!いたるところに広告が貼られている。

最も注意したいのは、ブログやサイトの記事の中に釣りに関係のない広告がバシバシ貼られているブログなどです。そういったブログを管理している人は釣りの情報を届けたいのではなく、広告を見てもらいたいために記事を書いているんじゃないかと思っています。

そういう営利目的第一のブログがあることもネットのレビューを信用してはいけない理由の一つです。

釣りのスタイルが違いすぎる場合がある

 

レビューを見ていて参考になるレビューかも!と思っても、もう一つ注意したいところがあります。

それは『レビューを書いた人がどんな釣りをしているか』という点です。

 

ある人が「このロッドはとても使いやすくてアクションもかけやすい!感度も最高にいい!」って言ってたとしても信用するには情報が足りなすぎますよね。どういうルアーを使って、どういうアクションをかけやすいのか?感度もどの程度なのかが全然わかりません。レビューとしては曖昧すぎるんですよね。

極端な話ですが、もしかしたら撃ちものメインの釣りかもしれないし、巻物メイン、それかビックベイトしか使わない人のレビューかもしれません。

 

曖昧なレビューではその人がどんな釣りをしているかわからないので、どんなルアーを使っていて、どんな釣り方でどういうところが良いと感じたのかを具体的に描いてあるレビューを参考にすると失敗する確率を減らせると考えています。

プロの意見も参考程度に

僕はプロが解説している動画や記事を参考にすることが多いんです。すごく丁寧に解説されているし、プロが解説しているのはとてもわかりやすい!

しかし、プロがすごく丁寧に解説している場合でもその情報を完全に信用はできないと考えています。

 

プロがアイテムの解説、宣伝をしているということは、そのプロにスポンサーが付いているということ。スポンサーが販売している製品のデメリットは極力言わないようにしているのではないかと思うんです。

 

さすがに「この部分はいいけど、こういう時は使いづらいよ!」「価格も安いから、値段相応の性能だよ!」なんていう解説はないんじゃないかと思います。

 

なのでプロの意見は「メリットをわかりやすく理解するためにするため」に見るものとしたほうが無難です。

そして製品の良い面ばかり見るのではなく、あえて悪い面についても見るようにしましょう!

 

「ロッド名 評価」とか「ロッド名 使いやすい」のようなポジティブワードで検索するばかりではなく、

「ロッド名 後悔」「ロッド名 使いにくい」みたいなネガティブワードでも検索するようにしましょう!

 

情報は多角的に精査していったほうが失敗しにくいものだ!と僕は思っています。

 

まとめ『最終的には自分で試すしかない!』or『信頼できる知り合いに聞く!』

じゃあ結局どうすれば信用できるネットの情報に辿り着けるの?というと、僕としては信用できるレビューはほぼ無いんじゃないかなと思います。

「信用」ではなく「参考」になるレビューほとんどじゃないか、って考えています。

 

顔も見たこともなければ素性が知らない人、会ったことも話したこともなければ、ネットでの相互的なやり取りをしたことがない人の話を信用はできないですよ。あくまでも「そう思っている人がいるんだな」程度に、参考情報としてネット上のレビューは見るべきです。

 

もしくは身近に釣りに詳しくて信頼することができる人がいるなら、その人に相談したほうが良いです。

知り合いならお互いにどんな人かわかっている分、変な情報をつかまされることも少ないでしょう。それに「それって変だな?」と思ったとしても聞くことができるので、不安を解消することもできます。

 

ただ結局は自分で試すほかないかなって思います

お店に行って、手にとってみて、店員さんに意見を聞いてみたり、製品を試させてもらうのが一番!

自分の手で触って、自分の意見を聞くようにする!

わざわざお店に行くのは面倒くさいし手間ですが、生の情報を自分自身でキャッチしたほうが確実だと思っています。

 

釣り人たるもの試す気持ちを忘れてはいけないのです!

 

コメントを残す