ジャッカルより『直とんぼ』が発表!これなら飛距離で差をつけれそう!

こんにちは!ツリイコ(@turi_iko)です!

ジャッカルより新しい虫系ルアーの『直とんぼ』が発表されました!

川口直人プロのこだわりがうんと詰め込まれているせいか、ルアー名には川口プロの名前が入っています。名前をルアー名として使うくらいなので、川口プロのルアーへの自信が伝わってきますね!

新型インナーコアによって遠距離アプローチが可能に!

出典:ジャッカル

直とんぼの大きな特徴としては新型のインナーコアを搭載しているところにあります。新型のインナーコアにはウエイト球が入っていて、ルアーウエイトを増やすことで飛距離をアップさせているようです。

 

以前から発売されていたトンボ型虫系ルアーの「活トンボ」は重さは1.5gでしたが、今回発表された『直とんぼ』は2.3gと、活トンボに比べ0.8gほど重くなっています。

重量が増したことによって飛距離が伸びるので、今までソフトな虫系ルアーで届かないポイントにもルアーを送り込ませることができそうです!

新型インナーコアは身切れロスト率も低下させる

これまでソフトルアーとしての虫ルアーは、一度バスをヒットさせるとルアーが身切れしてしまって使い物にならなくなってしまったり、バスとのファイト中にちぎれてロストしてしまうことが往々にしてありました。

 

そういうトラブルは虫系ソフトルアーの宿命だと思っていましたが、この直トンボは改良されています!

新型のインナーコアにマス針をかけるためのフックアイが用意されていて、このフックアイの部分にマス針をセットすることによって身切れによるロスト、ファイト中のロストを減らせるよう配慮されています。

 

これならルアーのロストを懸念して虫系ソフトルアーを避けていた人でも、安心してこのルアーを使うことができそうです。

エラストマー素材を採用したルアー設計!

出典:ジャッカル

この直トンボは新たにエラストマーという素材を使ったルアーになっていて、これまでの活トンボ同様に柔らかく裂けにくい素材が使われています。

 

エラストマーというと聞きなれない素材ですが、身近なものではボールペンなどのペングリップや歯ブラシのグリップ部分などに使われている素材です。エラストマーにも様々な種類があるようですが、いずれもとても柔らかいという特徴をもつ素材のようです。

 

ゴム製品の詳しいところはわからないけど、身切れしにくい素材が使われているというのは経済的なので嬉しいですね!

これからのトンボな季節に使いたい!

このなおトンボは本当に面白そうなルアーですねー!

僕はこれまで虫系のソフトルアーは、軽くて、空気抵抗を受けやすくて、使いづらい!という印象を持っていたので、ずっと買うことを避けていました。

 

でもこの直トンボは新型のインナーコアで重量を増していたり、フックアイをボディに内蔵して身切れを防ぐという新機能を搭載していて、虫系ソフトルアーを嫌がっていた僕を歓迎するかのような設計です。これは買わないといけない気がしてきました!

 

これからはトンボが増えてくる季節になるので、トンボが飛び交う頃にこの『直とんぼ』をキャストし、水面を賑わせる釣りをしたいですね!

 

コメントを残す