イマカツのアンクルゴビーのダウンショットがオススメ!釣れない状況で1尾釣りたいときに使おう!

こんにちは!ツリイコ(@turi_iko)です!

釣りに行ったのになかなか釣れない、どのハードルアーにも全然追ってくる気配がない。

そういう日ってありませんか?

 

そういうときは小バスでもいいからどうしても釣りたい!って思うものですが、そういうときに限って何を試しても釣れなかったりします。

 

今回は「どうしても1尾獲りたい」って状況にオススメなワーム『アンクルゴビー』を紹介します!

1尾獲りたいそのときに!アンクルゴビーがオススメ!

僕が信頼しているワームの一つがアンクルゴビー。このワームは本当によく釣れます。

「小バスでもいいから釣りたい」という状況に最終兵器的な感覚で投入していて、このワームを使えば見事にバスを連れ帰ってきているので、最近の釣りではボウズ率が極端に低くなっています。

ボディの特徴は『ヘキサゴンリブ』

出典:IMAKATU

このアンクルゴビーはボディが円形ではなく、ヘキサゴン(六角形)の形をしています。

六角形にすることで使用感、操作性を向上させているとイマカツの公式サイトにはありますが、メリットはそれだけではないように思います。

ボディを六角形にすることでフックをセットしやすいというメリットもある。それにワームを上下に動かしたときに円形のボディよりも水を掴みやすく、生命感ある動きを再現できるメリットもあると感じています。

ハイピッチに動く『アンクルテール』

出典:IMAKATU

他のシャッドテール系のワームと比べて、非常に小ぶりでセクシーなテールの『アンクルテール』も特徴の一つです。

小さいテールだとアピール力が小さいだろうと思いがちですが、このアンクルテールは十分なアピール力を持ち合わせています!テールが小さい分、ハイピッチにテールを振ってくれるので他の大きなテールのワームに負けない存在感を持っているように感じています。

アンクルゴビーはどんなリグにも対応可能!

このアンクルゴビーはリグを選ばずに使えるというメリットもあります。

ジグヘッドリグ・テキサスリグ・ダウンショット・スプリットショットなどは勿論、スモラバやラバージグ、チャターベイトのトレーラーとしても使うことができるので、自分の好きなリグで使用することが可能です。

オススメはダウンショットリグ

どんなリグにも対応は可能ですが、その中でもオススメな使い方は2インチのアンクルゴビーをダウンショットリグで使うことです。これはどうしても1尾獲りたいときに高確率で僕の望みを叶えてくれたリグです。

2インチのアンクルゴビーにマス針にしっかりと固定するようにセット、シンカーは2.5gのものをセットして、ボトムで小刻みなアクションをかけてやると、「グッ!」とラインが持って行かれることシーンみれるはず!

小バスでもいいから釣りたいという人は是非試してみてください!

トレーラーとしても最適!

出典:IMAKATU

このアンクルゴビーのハイピッチなテールアクションは、スモラバやチャターベイトのトレーラーとしても非常に相性が良く、いい泳ぎを見せてくれます!

イマカツ製品なので、同じメーカーのルアーで統一させるというのも面白いと思いますが、自分の好きなルアーにセットして使うのが一番!セッティング例を少しだけまとめてみました!

アベラバ+アンクルゴビー

イマカツのアベラバにアンクルゴビーをセットすれば、スイミング中でだけではなく、フォール中もアンクルゴビーのテールアクションバスを魅了してくれそう!中層をフワフワさせて釣ってみたいところ!

ブレイクブレード+アンクルゴビー3インチ

スタンダードな使い方としてイマカツのIMAKATSU シェイキー チャターを使うのもいいかとは思います。しかしながら、僕はジャッカルのブレイクブレードが大好きなんで、あえてブレイクブレードにアンクルゴビーをセットしバスを誘惑したい!

ブレイクブレードは根掛かり防止のためのV字のワイヤーガードが付いていて、スナッグレス性能が高いので複雑なカバー内に投げても生還してくれる。根掛かりが少ないというのは本当に有難いのです。

アンクルゴビーでたくさんのバスをゲットしよう!

アンクルゴビーの魅力は大きなバスから小さなバスまで、サイズを選ぶことなく発揮されています。

このワームならハードルアーでは全然見向きもしてくれない状況でも、バスの注目を集めることができるでしょう!

 

僕の中では、バスをゲットするための最終兵器と化しているのがアンクルゴビーです。

サイズを問わず、とにかく釣りたいというときに役立つので、タックルボックスに忍ばせておくことをお勧めします!

コメントを残す