【バス釣り初心者必見!】バス釣りに必要な道具一式をまとめてみた!効率的に道具を揃えて釣りを楽しもう!

こんにちはツリイコ(@turi_iko)です!

バス釣りを始めてみたいけど、どんな道具を揃えたらいいか、どんな価格帯のものを選べばいいのか、ルアーはどういうものがいいのか?を考えると、買い物のことを考えるだけで億劫になりますよね。

 

このページは全てのバス釣り初心者がどんな道具を揃えればいいかがわかるように、できるだけわかりやすくまとめていきますので、道具選びに迷っているビギナーの皆さんは是非ご一読ください!

 

バス釣りに必須の『4つの道具』

バス釣りをするにあたって、最低限揃えなければいけない道具は4つあります。

それは「ロッド」「リール」「ライン」「ルアー」の4つです。これらの道具がなければ、ルアーフィッシングを始めることができません。

ロッド

ロッドは釣り道具の中でも最重要なアイテムです。できる限りいいロッドを持ちたいところですが、釣りを始めたてのうちは安い道具でも構いません。釣りに慣れてきた頃に自分の好みにあうロッドを買うと、ベストな釣竿選びができるはずです。

バス釣り初心者のためのバスロッドの選び方・オススメロッドをまとめてみた!

リール

ロッドと同じくルアーフィッシングではリールも非常に重要な道具です。糸を巻き取るだけと思いがちですが、リールの性能は釣果を左右したり、自分の気分をも変えてしまうほどの力を持っています。

ですので、ただラインを巻くだけ、ラインを放出するだけの道具ではないので、リールもロッドと同様に吟味して選ぶようにしましょう!

ライン

リールに巻くラインも選び方には注意が必要です。自分のやりたい釣りに合うラインの素材選びや、ラインの太さのを選びかたを間違えると、苦い思い出ができる可能性があります。

まず、自分がどんなルアーを使った釣りをしたいか、スピニングリールとベイトリールではどちらを使うかなどを最初に決めておきましょう。ラインの素材と太さは釣りの方針が決まってから選ぶのがベストです。

ルアー

餌がなければ魚は釣れないのと同じく、ルアーがなければルアーフィッシングは成立しません!たくさんのルアーの中から自分の気にいるルアーを選びましょう!

もしどんなルアーがいいかわからないときは、僕のお勧めを参考にしていただければと思います!

【バス釣り】初めてのルアー選び!オススメのルアーをピックアップしてみた!【スピニング用】

必需品ではないけど持っていると便利な道具

プライヤー

プライヤーは魚の口に刺さった針を外したり、ラインを切ったり、スプリットリングを外したりと、とても活躍する場面の多い道具です。

便利な道具で使う機会が多い道具ですので、下手なものを買ってしまうと釣りに行ったときにイライラすることもあります。なのでこの道具は実用性と耐久性をよく吟味し、買うように気をつけましょう!

オススメの釣り用プライヤーはこの形だ!愛用しているプライヤーを紹介します!

収納ケース

ルアーやフックを収納ケースを持っているととても便利です。というか、逆にケースなしだと非常に辛い釣りになるかもしれません。快適な釣りをするには自分に適切なルアーケースを選び、持ち運びや出し入れ時に不便のなさそうなものを選びましょう!

ルアーをあまり持っていない状態なら、パンツの後ろポケットに入るくらいのケースで十分だと思います。

ちなみにお勧めのルアーケースメーカーは「メイホウ」です!超使いやすいですよ!

バッグ

ルアーケースはすごく便利ですが、釣り用のバッグを持っていると、もっと便利で、もっと快適な釣りができます!

ルアーケースを何個も入れることができるし、ワームも何袋も収納することができます。それにプライヤーやスケールなどの小物もまとめて収納することができるし、飲み物の持ち運びも簡単!タックルバッグはオカッパリ(陸からの釣り)をする人には非常に重宝する道具!

陸からの釣りをメインにするなら絶対に買っておきましょう!とはいえ、必ず釣り用のバッグを買う必要はなく、自分の動きを妨げないようなバッグならなんでもOKです!

釣り用のバッグを選ぶ『4つのポイント』とオススメのオカッパリ用バッグ

スケール

バス釣りをしている人のTwitterなどを見てみると必ずと言っていいほどこんな写真がありますよね!

こんな写真を撮るにはスケールが必要になります。自分の釣ったサイズが何センチなのかをすぐに計ることができるし、写真に撮って友達に自慢をすることができます!

このスケールがないと大物を釣っても「こいつ大げさに言ってるぞ」と思われかねないので、証拠写真を撮るためにも活用できます!

帽子

夏の釣りだと日差しが強いことが多い。そんな中炎天下で釣りをしていると熱中症になってしまうこともあります。

そういう熱中症から身を守るためにも、帽子をかぶり、少しでも熱を遮断するようにしましょう。でないと家に帰ってから頭が痛くなったり、吐き気がしたりすることになります。(僕がこないだ実際になりました)

偏光グラス

釣りをしている人たちがなぜサングラスをしているかというと、目の保護をするだけではありません。

実はバス釣りをしている人が欠けているのはサングラスではなく、偏光グラスというものです。偏光グラスは水面に反射した光をある程度カットし、水の中を見やすくしてくれる道具です。

この偏光グラスをかけると裸眼で見るよりもはるかに水の中の状態を見やすくすることができ、魚を発見したり、水中の状況をチェックするのに役立ちます。

偏光グラスもロッドやリールと同様に、高いものと安いものの値段の差が激しいですが、始めは安くても大丈夫です。安いものだと1000円くらいからでも買えるので、最初は安いものを買い、釣りに慣れてきたら買い換えるのがいいと思います。

メガネの上からかけれる偏向グラス集めてみた!TALEX製レンズに心奪われました…。

ライフジャケット

持っていた方が便利というか、持っているべき道具です。野池や川では必要ないと思いがちなライフジャケットですが、事故は突然起きるもの、「起こらないだろう」が「起こってしまう」のが事故の怖いところ

ライフジャケットには昔ながらの固定式のベストタイプの他にも、最近ではスタイリッシュなライフジャケットも増えているので、なるべくライフジャケットを着用して釣りをするようにしましょう。

オカッパリで付けるライフジャケットはウエストベルトタイプがいいかも!
【釣りでの転落防止に!】ライフジャケットにはどんな種類があるか調べてみた

まとめ

釣りの道具を揃えるのは以外とお金も労力もかかるものです。揃えるものが多いと選ぶ楽しみがある反面、選ぶ疲れがあるのも事実…。

 

しかし、そういう試練を乗り越えたものだけが、釣りを楽しむことができるのです!

買い物をする苦労は登竜門だと思って、買い物を楽しんでみてください!

 

そして、もしわからないことがあれば、いつでも僕に相談してくださいね!

僕にわかる限りのことを答えますので、ブログのコメント欄かTwitterの方にてコメントしてください!

それではより釣りを!

 

コメントを残す