ジャッカルより巻き特化型フロッグ『GRINCH(グリンチ)』が登場!

ジャッカルより新型のフロッグ『GRINCH(グリンチ)』が登場です!

このルアーは以前から存在が明らかにされていましたが、ついに公式に発表されました!

これまでにない斬新な形をしていて、外観を見るだけでワクワクしてくるルアーです!

GRINCHの特徴

出典:ジャッカル

ダンクルと似たようなルアーと思いきや、よく見ると全然違いますね!スイムベイトのようなボディなのにフロッグルアーのフックがセッティングされています!

 

このグリンチの特徴をよく見ていきましょう!

フロッグ×シャッドテールの融合

このグリンチというルアーは、トランポ水野プロによれば「スイミング系フロッグ」という位置付けなっているようです!フロッグのように水面、リリーパッドのようなカバーを中心に攻めるためのルアーでありつつも、スイムベイトの動きを兼ねています。

 

フロッグとスイムベイトを融合させることで、水面を逃げ惑う小魚を演出し、バスの捕食本能を刺激!バスは思わず追いかけてバイトしてしまうのでしょう!

また、このグリンチのテール部分をよく見ると、テールの向きが逆向きになっているのがわかります。これはテールが水面から飛び出すのを防止し、ルアーがバランス良く泳ぐために敢えて逆向きのテールセッティング。

 

このテールは多分泳ぎの安定化を図るだけでなく、「音」を出すためにも一役買っていると思われます。グリンチの解説動画を見てみると、水面を泳いでいるときに「チャポポポポ…」と細かい水しぶきを上げるような音を出しています。

この音によってさらに小魚が逃げている感を向上させ、バスを動かせるための一手となっているのだと想像しています。

 

グリンチはスナッグレス性能の高いサーフェイススイムベイト

グリンチは水野プロによってスイミング系フロッグと位置付けられていますが、どちらかといえばサーフェイス系スイムベイトのように感じます。

フロッグのように「静の中にある動」ではなく、グリンチは「動&動」で、既存のジャンルでいえばバズベイトにも近いように感じています。

 

しかし、スナッグレス性能の高さと、フロッグのようにリリーパッドを中心に攻めることができるところはやはりフロッグです!グリンチはリリーパッドを付近だけではなく、オーバーハング下へのスキッピングも得意で、葦際での釣りにも有効のようなのでガンガンカバー周りを攻めていきたいところ!

『GRINCH(グリンチ)』のスペック

NameLengthweight
GRINCH135mm20g

重さは20gでちょうどフロッグ的な重さをしています。カエラは約12g、ガバチョフロッグは18gなので他のジャッカルフロッグと比べて少しだけ重め。この重さならキャストコントロールがしやすくて、スキッピングも綺麗に決まりそうですね!

出典:ジャッカル

カラーは全部で10色あり、ジャッカル感溢れるカラーが揃っています!どれもいいカラーで、全部欲しくなってしまいますが、人気の出そうなルアーなので全部手にれるのは難しいかもしれません。

 

見れば見るほど、期待感が高まっていくばかり!早くグリンチを手にして、フロッグとシャッドテールの融合したパワーを感じ、強烈なバスのバイトを目の当たりにしたいですね!

コメントを残す