秦拓馬プロデュース!ダウズスイマーが登場!特徴と使い方は?

ジャッカルより新型ビックベイト『ダウズスイマー』が登場しました!

監修したのは「ダウザー俺逹」こと秦拓馬プロ!秦プロがプロデュースするルアーはワクワクするルアーばかりなので、今回のダウズスイマーも間違いなく僕たちをワクワクさせてくれることでしょう!

ダウズスイマーの特徴

出典:ジャッカル

三連ボディS字系のビックベイト

ダウズスイマーは3連ボディのビックベイトで、S字系の動きを得意とするルアー!

3連のジョイントボディにすることによって、ビックベイトの動きをよりなめらかにし、リアルベイトに近づけています。

高いダート性能

基本的にはS字のリトリーブアクションがメインのようですが、高いダート性能もダウズスイマーの特徴のようです!

秦拓馬プロの解説によれば、ジャークした時にひっくり返ったりせず、左右に綺麗なダートができるようにデザインしているとのこと。左右への大きなダートがバスの本能を刺激するので、チェイスしてきたバスの前でダートさせればたまらずバイトしてくれそうですね!

キャスタビリティに優れている

ダウズスイマーはキャスタビリティに優れ、遠投しやすいように設計されているようです。

ビックベイトはキャスト中に空中で回転することが多いですが、ダウズスイマーはキャスト中の回転を抑え、遠投性を高めているとのこと。そのため自分から距離のある場所でバスにアプローチすることができ、プレッシャーの少ない状況下でバイトに持ち込ませることができるというメリットもあります。

ダウズスイマーの使い方

秦拓馬プロの解説によると、以下のようなアクションを紹介しています。

  • S字の動きで誘い ジャークでバイトさせる
  • 連続ジャークで常にバイトを狙う
  • ボトムに沈めてバスが見に来たところでジャーク!

 

基本的にはS字だけでも十分なアピール力があるので、S字のリトリーブをさせてバスがチェイスしてきたのが確認できたらジャークして食わせる!もしくは連続ジャークで常にバスのバイトを誘うという手もあるようです。

 

ボトムに沈めてバスが見に来たところでジャークを入れて喰わせるという方法もあるようですが、このダウズスイマーはフローティングモデルになっています。そのため、ボトムに沈めるためにはシンカーを追加してシンキングチューンをする必要があります。

出典:ジャッカル

すこし面倒に感じますが、初期状態をフローティングにしておき、シンカーを追加することでシンキングレベルを調整でき、すべてのレンジを攻略可能にしているとのこと。自分の思い通りの攻め方ができるように、あえてのフローティングというわけですね。

追いシンカー用のアイが付いているのはとても嬉しいですね!シンカーをスムーズに着脱できそうです。

ダウズスイマーのスペック

NameLengthweighttype
DOWZ SWIMMER 220SF220mm3.6ozSlow floating

220mmというサイズはかなり存在感がありますね!ギガンタレルが発売された時はデカすぎてビビりましたけど、ギガンタレルは200mmなのでダウズスイマーはギガンタレルよりもはるかに大きな存在感を持ちそうです!

しかも3.6oz(約100g)と重量感のある仕上がりになっているので、重量級のルアーにも耐えることができるロッドは必須ですね!

 

また、カラーは全部で10色用意されており、秦拓馬プロらしいカラーラインナップとなっています。

出典:ジャッカル

これは完全に一つだけでは物足りなくなるやつ!2つか3つくらい持っていないと満足できない気がして怖い…。ダウズスイマーは一つが約5000円くらいするので、複数個買う場合はしっかりとお金を用意しておきたいところ!僕、貯金頑張ります!

野池で使うには大きすぎるかもしれないけど…

しかしこのダウズスイマーは野池で使うにはさすがに大きい気がします。正直こんだけ大きいと釣れる気がしません…。(僕がこのくらいのビッグベイトで釣ったことがないだけに…。)

 

ダウズスイマーじゃあなくて、「ひとまわり小さなガンティアでもいいやー」って思いそうになりますが、いや!そんなんじゃダメだ!!漢なら大で小を兼ねなければ!!

ビッグベイトには漢の、いやルアーマンの浪漫が詰まっているのだから…、ということでビックベイトベテランもビックベイトビギナーもダウズスイマーをチェックしてみてくださいね。

コメントを残す