ラインの巻き取り・巻き替えに『高速リサイクラー』が便利そう!ラインを頻繁に変える人にオススメ!

こんにちは!ツリイコ(@turi_iko)です!

ラインを変える時に便利そうな『高速リサイクラー2.0』という超便利そうなライン巻き機が心にグッときたので、今日は高速リサイクラー2.0という製品を紹介します!

高速リサイクラー2.0とは

出典:第一精工

高速リサイクラーとは第一精工から販売されている、ライン巻き機です。

なんだかデザインを見るとラインを巻き取る機器に見えないくらいにおしゃれな感じがしせんか?かっこいい!

最初にこの高速リサイクラーを見た時は「どうせただのライン巻き機でしょー…」と思っていたんですが、よくよく商品の説明を見ると「あれ?これ、すごく便利じゃね?」って思ってしまったんですよ!

テンションをかけたライン巻き取りが可能!

この高速リサイクラーは新品のラインをリールに巻く時に非常に便利で、ラインに一定のテンションをかけながら一人でも手軽にラインを巻くことができます。!一人でも簡単に、です!

出典:第一精工

こんな感じにラインスプールを高速リサイクラーに取り付けることで、リールに簡単にラインを巻き取ることができます。

ラインテンションのかけ方は超カンタンで、スプールを取り付けている近くにあるツマミを回してテンションのかけ具合を調整するだけ!カンタンすぎて感激しますね!

 

これまでは家族に手伝ってもらってPEラインをギチギチに巻いていたりもしましたが、この道具があれば一人でもリールへのラインセットがはかどります!

リール→空スプールへのライン巻き取りも簡単かつ速い‼︎

この製品は「ラインスプール→リール」のライン巻き取りだけでなく、「リール→空のスプール」のライン収納も簡単にできる!つまり、ラインの巻き替えも簡単にできるってこと!

 

釣りに行くたびにナイロンからPEに変える、もしくは狙う魚種によってラインの号数を変えたい時などにラインを巻き変えるのは大変でした。あまりの億劫さに「別にライン交換しないでもいいや」ってなったりもしますが、そういう時は釣りに行ってからだいたい後悔します。

 

でも、この高速リサイクラーさえ手に入れてしまえば、面倒で億劫なライン交換とはサヨナラ。新しいライン巻き時代が到来!ライン巻き界の黒船の襲来である!

ラインの天地返しも可能!

PEラインを使う人はラインを裏にして2回使うという人も多いかと思いますが、このラインを裏にする天地返しの作業はとても面倒。僕はこれまでリールを2つ使って天地返しをしていましたが、同じようなリールがないと裏表を返すことが難しかったので面倒くさすぎて天地返しが嫌いでした。

 

でも!この高速リサイクラーなら、空のスプールにもラインを巻き取ることができる!リール→空スプールA→空スプールB→リールというラインの流れにすれば、あたかも新しいラインを巻いているかのような状態にできるのです!つまりは天地返しのが超簡単にできるってこと!

天地返しの手順

  1. リール→空スプールA
  2. 空スプールA→空スプールB
  3. 空スプールB→リールへ 天地返し完了!

これが最短の天地返しの手順なのかなと思いました。もしこれ以上に短く返せるやり方があったら教えて欲しいです。

使い勝手を動画で確認してみよう!

この手の製品は下手なものを買ってしまうと箪笥の肥やしならぬ、ガレージの肥やしになりかねません。できるだけ失敗の買い物をしたくないというのは世のすべての人の望みではないでしょうか?

 

この高速リサイクラーは失敗の心配はありません!だって、動画で使用状況を確認できてしまうのだから…!

 

使い勝手も良さそうだし、製品のデザインもいい感じだしで、かなり期待ができる商品です!ネット上にある『高速リサイクラー2.0』のレビューも高い評価が非常に多く、「ライン巻きが楽しくなった」という意見が多く見受けられます!

ライン巻きに革命を!

ネット上のレビューにある「ライン巻きが楽しくなりました」のような意見が本当だとするなら、もうこれは革命と言っていいのではないでしょうか?

 

だってライン巻きといえば、釣りの中でも1・2を争うくらいに面倒な作業じゃないですか?

その面倒くさい作業が、この道具があるだけで「楽しい」に変わってしまうなんて、魔法のような製品じゃあないですか!

 

唯一欠点があるとすれば、ちょっとだけ高いというところ。低下は5800円なので、サラリーマンのお小遣いベースで考えれば、大ダメージ!便利さと楽しさを手に入れるためには、このくらいの犠牲はしょうがないというところでしょうか。

 

僕はまだ手に入れていませんが、5千円程度でライン巻きが劇的に変わって、あの億劫さとサヨナラできるなら全然アリかなと思っています。

もしライン交換が面倒に感じていたらこの『高速リサイクラー』をチェックしてみてください。

 

コメントを残す