【デプス】ブルフラットは何故釣れる?人気の理由と使い方!

こんにちは!野池オカッパリアングラーのツリイコ(@turi_iko)です!

以前ギル系ワームのジャバギルでバスを釣って以来、ギル系ワームでの釣りに興味が湧いているところです。

↓ギル系ワームに目覚めたときのバス

このときはイマカツのジャバギルで釣ったんですけど、こんなの釣れたら他のギル系ワームも気になってしまうのは当然ですよねー!

ということで今回は、よく釣れると評判の『ブルフラット』のことを調べてみました!

ブルフラットってどんなルアー?

出典:デプス

ブルフラットはデプスから販売されているブルーギルをイミテートしたギル系ワーム。

 

ブルーギルの形をしたフラット(平面的)なワームということで『ブルフラット』というネーミングになったのでしょう。

出典:デプス

ワーム本体はこんな感じ。とても平面的ですね。

正直、パッと見だと全然釣れる予感がしません…。なんでこんな形のワームが人気があるのかわからないくらいの印象を受けます。

ブルフラットの特徴と使い方は?

フォールアクション

ブルフラットはフォールアクションに特徴があるようで、このワームはスパイラルフォールを見せてくれるようです。

出典:デプス

軽めのシンカーを使用する「ライトテキサス」でスパイラルフォールアクションをすることができるようで、このスパイラルフォールアクションが非常に効果があり、人気の理由にもなっているようです。

 

ゆっくりと円を描きながらフォールする。フォール中に蛇腹状のテールがプルプル。テール付近についているヒレもプルプル。その結果、バスがたまらずバイト。

ZAPPUから発売されているブレディやブレーディングパイルドライバーとの組み合わせれば、スパイラルフォールしつつ、ブレードでアピールすることができます!

『ブレディ#2』と『ブルフラット3”』がマッチしすぎ!スパイラルフォールが綺麗すぎた!

ボトムで放置も強い

ブルフラットはフォールアクションの他にもボトムでも強いアピールをしてくれるようです!

 

ライトテキサス等でフォールさせ、ボトムに着底したときにブルフラットがフワーっと倒れこむ。そのときに蛇腹状のテールが水を押し、波動を発生させることでバスを刺激するという効果があるみたい。

 

着底後の倒れこみアクションもブルフラットの釣れる理由のひとつになっているようなので、買ったらボトムで放置を試してみたいところ!

どんなリグがいい?

ではこのブルフラットを使う際にはどんなリグを使うのがいいのでしょう?

デプスの公式ページをみると以下のようなリグがお勧めのようです。

出典:デプス

  • テキサスリグ
  • ノーシンカーリグ
  • ダウンショットリグ

Twitterなどでの評判を見る限りやはりテキサスリグでの釣果報告が多い印象を受けるので、まずは軽めのシンカーをつけてのライトテキサスは試しておきたいところ。

あとノーシンカーでの実績もあるようで、青木大介プロがノーシンカーで驚異的な釣果を叩き出したことがあるんだとか。これは試さずにはいられません!

 

どのリグでも釣れそうな気しかしませんが、とにかくいろんなリグを試してみて自分なりのベストセッティングを見つけたいですね!

オススメのサイズは3.8インチ!

もしブルフラットのサイズ選びで迷った時には3.8インチを買うことをお勧めします!

このサイズならどんなリグでもマッチするし、トレーラーとしても使うことができます。

あらゆるリグ、あらゆるルアーに合わせやすいのが3.8インチという大きさです!

 

しかしサイズは好みの問題です。ブルフラットは2インチから5.8インチと様々な大ききさから選ぶことができるので、自分のスタイルにあったサイズを選びましょう!

入手するのは難しく、ネットでもなかなか売っていないのが難点

ブルフラットは2014年の7月にリリースされてからずっと人気があり、入手が難しいとされています。

しかし今はネット社会。近所の釣具屋さんには売っていなくても、楽天やAmazonにはきっとあるはず!簡単に買えるはず!…。……。…んんっ!

 

売ってない。売ってないぞ…!

 

正確に言えば売ってるけど、定価で売っていない!ルフラットは定価で800円くらいのはずなのに、ネット上ではなぜか1000円〜1500円で取引されています。特に3.8インチのブルフラットは人気が高く、在庫があまりないようです。

 

そんな風に、ブルフラットはネット上でも気軽に買えないくらい大人気の商品なので、お店で見かけたらすぐカゴにいれないといけないんですね。

どうしてもブルフラットが欲しい場合はお店の入荷情報をこまめにチェックするか、店員さんに予約できるかどうか聞いておくようにしましょう!

おわりに

ネットでも簡単に注文することすらできないブルフラット。人気があればあるほど気になってしまうのが人間の性でしょうか。どうしても手に入れたい衝動に駆られますね!

 

やはりこれだけ人気が出るということは、バスがよく釣れるという証拠でもあります。

ブルーギルがいるところもいないとこでも、バスはブルフラットに喰いついてくるようなので、あらゆるテクニックを駆使して釣りまくりましょう!

コメントを残す