【ビッグベイト?】デカバスを狙え!デカいクランクベイトをまとめてみた!

こんにちは!野池オカッパリアングラーのツリイコです!

先日の釣行で巨大クランク『グレネードグリフォン』でバスを釣ってからは、デカいクランクの魅力にとりつかれ始めています!

【野池でも有効】デカいクランクが効くはマジだった!グリフォングレネードの威力に惚れた!!

「こんなデカいルアーで釣れるわけない」そう思っていたせいか、バスを釣ったときは超がつくほど嬉しくて、もっとデカいクランクで釣りたい気持ちでいっぱいになりました!!

 

もっとたくさんの巨大なクランクを使いこなし、あの感動を味わいつくしたい!

たくさんのデカいクランクでたくさんのビッグバスをキャッチしてみたい!

 

ということで、今回は巨大なクランクベイトをまとめてみました!

ビッグなクランクベイトまとめてみた!

グレネード【メガバス】

出典:メガバス

僕が今回ビッグクランクに目覚め始めるきっかけをくれたルアー『グレネード』

全長95mm、重さ約46gと大きく、存在感のあるルアーです。

グリフォンSRと同様にシャローエリアで効果を発揮!1mくらいまで潜り、力強いウォブリングアクションでバスにアピールしてくれます。

通常のグリフォンに見向きもしないような状況でも、このグレネードの存在感は無視できないはず!!

 

KVD8.0 【ストライキング】

キムケンが琵琶湖で愛用しているらしいストライキングの『KVD8.0』!最近のマグナムクランクブームの火付け役でしょうか。

全長は約11㎝、重さは約45gとなっていてかなりインパクトのあるサイズになってます。

キムケンはこのマグナムクランクこと『KVD8.0』を高速巻きで、ウィードに当たったら浮上させるというテクニックでバスをキャッチしているようなので、ぜひ真似してみたいところ!

ショットストーミーマグナム 【ノリーズ】

出典:ノリーズ

デカいクランクがマグナムクランクと呼ばれるようになったのは、このノリーズから販売されている『ショットストーミーマグナム』の影響でしょうか。

このクランクも非常に大きく全長102mm、重さ46gとなっています。デカいですね!

特徴は大きなボディから生まれるローリングアクション。他の巨大クランクベイトの多くはウォブリングアクションが多いようですが、このストーミーショットマグナムは魅惑的なローリングアクションでバスを誘います。

ノリーズから発売されている巨大クランクは2つあり、シャローエリアをせめる『ショットストーミーマグナム』と、7mものディープレンジを攻略することができる『ショットオーバー7』があります。かわいい顔しているのでどちらも試してみたいですね。

SKTマグナム 【ラッキークラフト】

出典:ラッキークラフト

ラッキークラフトUSAからもデカいクランク『SKTマグナム』が販売されています。もしかしたらマグナムクランクと呼ばれる由来はこっちなんでしょうか?出処がわかりません!

SKTMR105だと全長105mm、重さが10.5gとなっています。サイズの割りにとても軽い。

その他のSKTシリーズはそれ以上の長さと重さになっているので、デカいクランクでオールレンジを攻めたいときはSKTシリーズを買い揃えてみたいところ!

ポニーテール 【ジャッカル】

出典:ジャッカル

巨大なクランクで思う浮かべてしまうのがジャッカルの『ポニーテール』!クランクというよりはビッグベイトというべきなのかもしれあませんが、とにかく超かわいいフォルムですよねー!

全長は120mm、重さは34.5gとなっていて、これまで紹介してきたデカいクランクと比べても大きな差がないサイズ感となっています。

ポニーテールの特徴は3連ジョイントから出る強ウォブリング。そしてサーフェイスからミドルレンジまで攻めることができるロングリップ。上手く使いこなせれば、かなり大きな武器になりそうなクランクです。

まとめ

秋は巻物が効果的なシチェーションが多いけど、水温が低下してときはバイブレーションやクランク、スピナーベイトにも反応がないときもあります。そんなときこそ集魚力・アピール力のある巨大クランクを巻いてみると、意外にもバスが釣れちゃったりするかもしれません。

 

この間、デカいクランクで釣ったときはそんな感じでだったので、水温が低下して小バスの動きが鈍いなと思ったらデカいルアーでのデカバス狙いがいいのかも。

 

ということで、秋の巻物シーズンはぜひデカいクランクを巻き倒してみてください!釣れたときのあの感動があなたにも訪れますように!

コメントを残す