ルアー・フックのライン結びは「シーガー」のページを見れば大丈夫!図と動画でマスターできる!

こんにちは!野池オカッパリアングラーのツリイコ(@turi_iko)です!

ルアーへのラインの結び方は完璧ですか?しっかりマスター出来ていますか?

十年以上バス釣りをしていますが、ほとんどクリンチノットしか使っていないことに気づいて少し焦っている最近です。

 

釣り人としてはもっとバリエーションを持っていた方が、釣り人っぽいし、いろんな状況に対応できる。

もっとちゃんとラインの結び方を覚えたいけど、どっかわかりやすいサイトや動画がないかなーって思っていたら「シーガー」のホームページ超優秀でした!

ルアー・フックへのライン結びは『シーガー』のページで勉強しよう!

ルアーやフックへのラインの結び方を勉強したいけど、お金をかけずになんとか習得したい。そんな気持ちでネットを徘徊していたら、あの有名なフロロラインの『シーガー』のページが超わかりやすかったんですよ!

 

では、シーガーのページの優れているところをまとめていきます!

様々な結び方が紹介されている!

クレハのシーガーのページでは、こんな感じでいろんな結び方が紹介されています!

ラインと針の結び方は8種類、ラインとラインの結びかたは17種類、ラインと金具の結び方では6種類紹介されています!

このページを見れば、釣りで必要なラインの結び方は解決!本を買って練習しなくていいんです!家で練習できちゃう!

図と動画で見ることができる!

通常ラインの結び方は図で説明されていることが多いですよね。図だけだとなんなくわかりづらくて、つまづいてしまうこともあります。

 

しかし!このシーガーのページは図での解説だけではなく、動画でも解説をしてくれているのでとても優しい。

物覚えの悪いぼくでも簡単に覚えれそうだし、ネットがつながる環境ならいつでも見ることができるもいいですよね!

釣り初心者が覚えるべき結び方は『ダブルクリンチノット』

シーガーのページではたくさんの結び方が紹介されていますが、釣りを始めたばかりの人はどれから覚えたらいいか戸惑っちゃいますよね。

 

最初に覚える結び方は『ダブルクリンチノット』がオススメです。

なぜなら僕が10年以上釣りをしていてこの結び方だけでなんとかなってしまっているから。

 

僕は淡水メインの釣りなので、あんまりラインの結合方法はしらなくてもなんとななっちゃうんですよね。

海釣りに行くとメインラインとリーダーの結び方がわからなくて、いちいちYouTubeで調べ直したりして、苦労してライン結合をしています。いまだに。

おわりに

釣りを始めたての頃は、ラインの結び方なんてテキトーでいいだろー。と思って釣りをしていました。

でも、テキトーな結び方をしているとデカい魚が釣れたときにルアーやフックからラインがほどけてしまうんですよねー。

一度デカい魚をヒットさせたときにラインがほどけた経験をしてからは、それはもうしっかりと、強く強く結ぶようになりました。

 

ということで、ライン結びは釣果を左右しますし、ルアーやフックが付いたまま魚を彷徨わせてしまうことにもなりかねないので、ライン結びはしっかりと覚えたいところですね!

僕もライン結びのバリエーションを増やして、一人前のアングラーとなれるように精進します!それでは!

 

コメントを残す