【発酵注意報】釣りのあとの長靴クサすぎ!発酵臭がするその前に…。ニオイ対策をまとめてみた!

こんにちは!野池オカッパリアングラーのツリイコ(@turi_iko)です!

こないだ釣りを終えた時に車に道具を積み込んでいたんですけど、なんか臭いんですよ。におうんです。

魚のニオイではないし、ワームのフレーバーでもないからなんだろうなーって思っていたら、臭っていたのは自分の長靴。

 

発酵したかのようなツンとした臭い。

思わず顔をしかめちゃうくらいの臭いが自分の長靴からしていたなんて、ショックの極み!

最悪です。

 

そんな悪臭を放つ自分の長靴をフローラルな香りに変えるべく、長靴の臭い対策についてまとめてみました!

俺の長靴クサすぎ?長靴が臭くなる原因は?

そもそも長靴ってなんで臭くなるんでしょうね?自分の足の臭いを嗅いでみてもそんなに強い臭いがあるわけじゃないのに、長靴からは最悪の香りが漂ってきます。

 

調べてみると長靴の臭いの原因となるのはこのような要因があるようです。

  • 湿度
  • バクテリア

釣りに行って帰る頃には長靴のなかって結構ムレムレになっていますよね!汗をかくけど、水分が逃げにくくてしっとりしていることが多いかと思います。

そんなしっとりした状態で放置してしまうのが悪臭を放つ大きな原因!長靴のなかでバクテリアが大繁殖を起こし、臭いを大放出してしまうんです!

長靴の中はジメジメしていてバクテリアにとって快適な環境。しかも汗に含まれる有機物はバクテリアの良い餌になる。となれば、必然的にバクテリアは大繁殖を起こし、副産物として悪臭を解き放っているわけです!

 

なので臭い長靴にならないようにするためには、長靴の中に汗が残らないように、湿気がなくなるようにする必要があります。

長靴の臭いを防ぐ『6つの策』

汗と湿気を断てば、臭いは必然的になくなるはず。ということで、汗と湿気から長靴を守れそうな対策をまとめてみました!

天日干し

簡単な除湿の方法として天日干し、風通しのいいところで影干ししておきたいところ。

しかし、硬い素材の長靴なら乾かしやすいですが、僕の愛用している野鳥の会長靴のような柔らかい素材でできたレインブーツはなかなか乾かしづらいので、物干しに吊るしたりして乾かしたいところ!

乾燥機を使う

天日干しよりも効果的な除湿方法としては乾燥機を使うという手段があります!

ドライヤーを当てるが如く、空気を強制的に送り込んで長靴を乾燥させるのです!

この乾燥機なら普通の靴だけでなく、ノズルを伸ばして長靴を乾燥させることができるので、乾燥機で完璧に乾燥させて臭いを寄せ付けないようにしたいですね!

消臭機能付きブーツスタンド

乾燥機を使うほど手間もかけたくないし、電気代もかけたくないという人はブーツスタンドを使うのもアリだと思います。

ブーツスタンドはブーツを立てるためだけではなく、活性炭を使って消臭するものもあるので、除湿を試みつつ、臭いを減らしたいときにはちょうどいいアイテムです。

消臭・抗菌インソールに変える

臭いを断ち切る手段としてインソールを変えるという方法もあります。

臭いの原因になる湿気を効果的に発散しつつ、抗菌効果で雑菌の繁殖を防ぐという製品もあるので、最初からセットされているインソールではなく除湿抗菌効果のあるインソールに変えれば臭いを軽減させることが期待できますね!

五本指ソックスを履く

長靴の中に雑菌・バクテリアを繁殖させないためにも五本指ソックスで汗をスグに吸収して、皮膚の表面での雑菌の繁殖を防ぐのも臭い対策として有効のようです。

靴下なら電気代もかからないし、手間もかからない。さらに足のジメッとした感じもなくなるようなので、やっていて損のない対策です。五本指ソックスはユニクロなどでもたくさん売っているので何足か買っておきたいところ!

消臭スプレー

乾燥させても、除菌グッズを使っても臭いが取れない!いつまでたっても長靴が臭いままだ!という場合は除菌・消臭スプレーも試してみたいところ!

消臭スプレーはモノによっては長靴だけではなく、道具の消臭、車の消臭にも使い回しすることができるので、汎用性の高いスプレーを買うとコスパのいい買い物ができますね。

まとめ

長靴の臭いを防ぐためにはこまめに洗うのがいいのかもしれませんが、長靴を洗ってしまうと釣りに行けなくなる可能性があるのが痛いところです。

できるだけ簡単に除湿や除菌をおこなってニオイの発生を防ぎたいですよね。

 

やはり他人の車に乗って長靴を脱いだとき、レインウェアを脱いだときに悪臭がするというのはメチャクチャ恥ずかしいので、恥ずかしい思いをする前に自分の長靴のニオイをなんとかしておきましょう!

 

コメントを残す