【効率重視!】ダウンショットリグをスナップで簡単に交換する方法

こんにちは!野池オカッパリアングラーのツリイコ(@turi_iko)です!

僕はバスが釣れないときは最終手段としてダウンショットリグを使うことが多いんですけど、ダウンショットリグって結ぶのめんどくさいですよねー!

 

特にルアーからダウンショットリグにチェンジするときは、リグを一から結び直していかないといけないので、面倒な上に実感がかかってイライラしてしまいます。釣れるリグなんですけど、結び直しの手間が残念。

 

その面倒なひと手間をなんとか克服したい!短い時間でダウンショットリグを完成させたい!

ということで今回はスナップで簡単に交換することができる方法を紹介したいと思います!

超効率的!スナップで交換可能なダウンショットリグの作り方!

ダウンショットリグはよく釣れるので、使っている方も多いと思うんですが、ルアーからダウンショットリグへ変更したいときはかなり億劫。釣りができる時間は限られているので、少しでも時間を節約したい!

 

ということで手軽にダウンショットリグに交換する方法をまとめてみました!

フックとシンカーを結んでおくver

ダウンショットリグへ素早くチェンジする方法として、フックとシンカーをあらかじめ結んでおき、フック部分にスナップをかけるという方法があります。

感度的には直結びよりは悪くなると思いますが、時間を節約したいとき、ルアーチェンジを頻繁に行いたいときに便利です!

デコイ ダウンショットフック利用ver

デコイのダウンショットフックを使うという方法もあります。ダウンショットフックはスイベルにフックがセットされている構造になっているので、糸よれも起きにくいし、ワームを水平姿勢にしやすいというメリットもあるんです!

フックを確実に上向きにでき、ライントラブルも少なく出来るので、試す価値は十分にある製品です!

シンカーだけ用意しておくver

ノーシンカーでワームを使っている場合にダウンショットへチェンジする方法として、シンカーとスナップを結んでおきダウンショットリグへと変化させるというものもあります。

ノーシンカーでストレートワームのワッキー、ネコリグなどから簡単にダウンショットリグに変更することが可能!シンカーの重さを調節したいときには数種類の「スナップ&シンカーリグ」を作っておくと便利です!

ダウンショットリグおすすめ素材!

ダウンショットリグを作るときにおすすめの素材も紹介します。

ダウンショットリグに使う道具選びのポイントはこんな感じです!

  • 安い
  • どこでも買える
  • 実績

安くて、どこでも買うことができる。そして実績のあるメーカーのものを選ぶべきだと僕は思います。

ダウンショットリグは根掛かりしやすいリグなので、あまり高価なものを買うべきでないけど、ある程度は安心できる道具を選びたい!

ということで僕がおすすめするダウンショットリグの素材は以下のとおりです!

フック

ダウンショットリグ用のフックとしてはデコイのショットリグがおすすめ!どこでも売ってるし、安いし、丈夫!

価格が低い分「安かろう悪かろう」と思いがちですが、このフックでトラブルが起こったことは今のところありません。安心して使うことができます。

シンカー

シンカーとしておすすめなのはデコイのスティックタイプのシンカーです。

スティック状になっているおかげで根掛かりを回避しやすくなっているので、ダウンショットリグに適しています。

タングステンシンカーも魅力的ですが、財布に優しいデコイのシンカーはお財布にやさしく、経済的です!

スナップ

スナップでおすすめなのはエバーグリーンの『ワイドスナップ』です。スナップがワイド形状になっていることでルアーの動きを妨げない仕組みになっています。

フックにスナップをつけるのは邪道だという人もいますが、特にスナップを使ったことで釣果が極端に悪くなったことはないので問題ないと感じています。時間効率を優先するならスナップは必需品ってこと!

まとめ

ダウンショットはプレッシャーの高い場面でも非常によく活躍してくれるリグのひとつです!

しかしリグを作るのが面倒なので、ロッドを1本しか持っていないときは結び直すのが辛いんですよね。時間がもったいなくてイライラしたりします。

 

ですが今回紹介した方法を使えば時間が節約できること間違いなしなので、釣りの最中のリグを作り直す手間を省きたい方は是非試してみてくださいねー!

 

コメントを残す