冬場のアジングにはジャッカルのジグヘッドが良さそう!ダートとスイミングで快適アジング!

こんにちは!ツリイコ(@turi_iko)です!

ジャッカルよりアジング用ジグヘッドが発売されています!

 

新しくラインナップされたジグヘッドは2種類あり、「ダート用ジグヘッド」と「スイミング用ジグヘッド」がリリース!

特に冬のアジングに最適な特徴を持っているので、手袋をはめた釣りでは重宝するアイテムになるかもしれません!

 

今回は新たにラインナップされた『キビキビダートジグヘッド』『スイスイスイムジグヘッド』を紹介します!

『キビキビダートジグヘッド』と『スイスイスイムジグヘッド』の特徴

ジャッカルより発売された『キビキビダート』と『スイスイスイム』のジグヘッドには共通した特徴が3つあります!

  • ワームのズレを防ぐフック形状
  • ショートシャンク・ワイドゲイプ設計
  • 掴みやすい扁平ジグヘッド形状

 

この2つのジグヘッドはこのようにつけたワームがズレにくいよう角のあるフック形状になっています。

太めのワームでもしっかりと針先が出るようにワイドゲイプになっているのも特徴のひとつ。

さらにジグヘッドの形状も特徴的で、ジグヘッドの両側が平らになっている扁平形状になっています。

そのため、ジグヘッドを取り扱いやすくなっていて、手でつまみやすいというメリットができました!冬は手袋をして釣りをしていたりするので、掴みやすいのは嬉しいメリットですよね!

 

鋭いダートで攻めたいときの『キビキビダート』

魚の活性が高く、速い動きに対しての反応が良いときはキビキビダートで、左右へのダートアクションで誘いたいところ!

アジやメバルの活性があまり高くない場合でも、リアクション狙いでキビキビとダートさせるのもアリですね!

おすすめワーム

ダートに適したワームとして、ストレートでスリムな形状のワーム、同じジャッカル製品のワームが最適!

カーブフォールで攻めたいときの『スイスイスイム』

カーブフォール、リフトアンドフォールのアクションをさせたいときのスイスイスイム!

ジグヘッドの形状が水を受けやすい形状になっているので、適度に水を受けながら動いてくれそう!水を受けやすい形状のため、弾き心地も感じやすいように配慮されているのでアタリがわかりやすいかもしれませんね。

おすすめワーム

フォールアクションで効果を発揮しやすいテールが付いているものがおすすめ!フォール時のテールアクションでバイトに持ち込みたい!

まとめ

キビキビダートとスイスイスイムを使い分ければ、いい感じの釣果が期待できそうですよね!

状況に応じてどう攻めれるかが釣果を左右するので、ダートとスイムを上手に使い分けてアジング・メバリングを楽しみたい!

 

個人的には掴みやすいジグヘッド形状が素敵だなーって思います。だって夜の釣りだとよく見えない上に濡れ手なので、ジグヘッドを掴み損ねちゃうんですよねー。だからこの扁平形状のジグヘッドは夜の釣り、冬の手袋をした釣りでも掴みやすいので安心。

これからの寒い時期に活躍してくれそうなジグヘッドですね!買います!

コメントを残す