冬の釣りのウィークポイントは『つま足』!寒くて凍えるその前にできる対策まとめ!

こんにちは!野池オカッパリアングラーのツリイコ(@turi_iko)です!

いよいよ冬も本格化してきて寒い日が続くようになってきました!釣りも魚によっては活性が低くなり、なんとも寂しい季節。

 

しかし!釣りが出来る限り、どんなに寒くてもフィールドに出かけたいのがアングラーの性というもの!

外は冷え切ってても、心まで冷え切るほどヤワなアングラーじゃないぜ!釣りしたい気持ちはいつもメラメラと燃え盛っている!

 

でも油断は禁物!寒さは容赦なく体に突き刺さり、釣り人のやる気を奪っていきます!

釣り人にとって死神のような存在が”寒さ”というものなのです!

 

今回はアングラーが最も寒さに負けやすいと思われる『つま先』の防寒対策についてまとめてみたので参考にされたし!

冬のアングラーの弱点は『つま先』⁈

 

冬に釣りに行くときにみんなはどんな格好をしていきますか?

あったかいインナーをきて、ホカホカのトレーナーやパーカー、そして防寒防風のジャケットを着る。そしてタイツを2重に履いて、体の防寒対策を整える。仕上げに首元や頭、手袋をつけて出かける。

そういう準備をする人が多いのではないでしょうか?

 

しかし、その準備では不十分!!あなたは耳なし法一と同じ状態です!

足の指先をガードしないと、寒さに指を持っていかれちゃいますよ!!つま先を寒さから守ろう!

足を寒さから守るための3つの策

寒さは釣り人のモチベーションを一瞬にして奪っていきます。寒い中でずっと耐えられるほど人間は頑丈にできていません。

とくにつま先は弁慶の打ち所のように、寒さに打たれ弱いところ。しっかりと防寒して、寒さから指先を守りましょう!

防寒ブーツを履く

普通の靴や長靴で釣りに行って後悔した経験はないですか?

体は防寒対策をしっかりしてきたのに足元をおろそかにしてしまい、結局寒さに耐えられず早々と帰ってきたという経験は多いかと思います。

 

そんな足元の防寒対策の第一歩として『防寒ブーツ』を履くという対策があります。

足元への風や水をシャットダウンし、足先を寒さから守るという効果絶大な方法のひとつです!防寒ブーツを履くのと履かないのでは全くの別世界にいるような気分になるので、寒い日は着用しておくと幸せな釣りをすることができます。

保温効果の高い靴下に変える

防寒ブーツだけでも足元の冷えはだいぶ軽減されますが、靴下も暖かくなりやすい素材のものに変えると、さらに暖かくなります。

靴下にも多くの種類がありますが、その中でも保温性と断熱性を持っている靴下を選ぶことをオススメします!

アウトドアショップやワークマンに保温性や断熱性、吸汗性に優れた靴下が色々と販売されていますので、お気に入りを見つけましょう。

インソールを変える

靴やブーツのなかのインソールを変えるというのも効果的な方法のひとつです。

長靴やブーツに最初から付いているインソールだと寒さに弱い場合があるので、これも靴下同様に保温性のあるインソールに変えることをオススメします!

保温性のインソールに変えるとフカフカしていて実に暖か!気持ちから暖かくなることができるので、寒いなかでも暖かい眼差しで釣りをすることができます。

つま先用ホッカイロをつける

ここまでの対策をしても全然あったかくならない!そもそも冷え性だから指先に温度がなくて、保温したところで冷たいままだってんだ!って人もいると思います。

そんなときは強制的に指先を温めるべく、『つま先用ホッカイロ』を活用しましょう!そうすればどんな冷え性の人でも指先を暖かく保つことができるはずです!

注意したいのはホッカイロは靴下の上から貼るということを忘れないようにしてくださいね。足に直接貼り付けたために火傷する人が多いようなので、無駄に怪我を増やさないように気をつけましょう。

まとめ

釣りは以外と防寒対策は足元をおろそかにしていることが多いです。そのせいでせっかくの楽しい釣りが台無しになったりします。

 

せっかくの楽しい釣りが寒さごときにやっつけられてはたまったものじゃないですよね!

冬の釣りは防寒対策がその日の明暗を分ける鍵になるので、十二分に対策を練って釣りに出かけましょう!

 

コメントを残す