欲しいルアーはなんでいつも売っていないの?ルアーの販売周期の秘密を聞いてきた!

こんにちは!ツリイコ(@turi_iko)です!

 

  • 欲しいルアーに限って売ってない。
  • 売ってたと思ったらすぐに品切れになってしまった。
  • いつまで経っても欲しいルアーが手に入らない。

 

そんな人は多いのではないでしょうか。僕もです。

いつまで経ってもアベンタクローラーのカパーヘッドスネークが手に入りません!

というかアベンタクローラー自体あんまり売ってない!!

 

なんでいつまで経ってもルアーが手に入らない現象が起きてしまうのか?

その理由を釣具屋のおじさんが教えてくれたのでシェアっておきますね!

ルアーはまとめて出荷する

ルアーメーカーは出荷する際にある程度まとまった数が揃わないと出荷を行わないらしいんですね。

全国に一気に配送できるくらいの数の生産が完了しないと出荷に踏み切らないらしいんです。

 

なので例え常にルアーを作っているからといって小出しにちょびちょびと市場に流通させることがなく、

コツコツ作りためておいて、

一気にバーン!とルアーを発送するようになっているそうなんです。

 

人気のルアーであるレイドジャパンのダッジもそんな感じですよね。

ダッジが大量に流通するのは年に数回。

コツコツ作りためておいて、市場に十分な量を供給できる、もしくは流通の予定数に達したところでガツン!と商品を発送するのでしょう!

 

なので欲しいルアーを手に入れるためには年に数回あるチャンスをものにする必要があるのです。

人気ルアーが熾烈な争いになるのも頷けますね。

ルアーの生産時期は限定されている

じゃあメーカー側の生産量を増やしてくれたらいいのに。

と思ってしまいますが、メーカー的にもそう簡単にはいかない状況もあるようです。

 

やはりルアーは手作業で仕上げているところもあるので、そんなに機会的に生産量を増やすことは難しいようなんですね。全部オートメーション化されていたらルアーも安く大量に生産できるのでしょうけど、現状はそうもいかないみたいです。

 

しかも一年を通して同じルアーをずっと作っているかというとそうではなく、ルアーの生産時期はあらかじめ決められているとのこと。

 

この期間はAのルアー、この期間はBのルアー、それが終わったらCのルアーというように、

ずっと同じルアーを生産し続けるんじゃなくて、一定期間ごとに切り替えて別のルアーを作り続けているわけです。

 

思い返してみるとジャッカルの大人気ルアーのトリゴンも一年通してずっとお店に置いてあるわけじゃなくて、ある期間はおいてあるけど、ある期間はおいてないってことがあったなぁ、って気がします。

 

ルアーの生産はかなりの手間がかかっているみたいです。

特に塗装は手作業でやってると聞いたことがあります。

何人でやってるかわかんないけど数千個を手作業で塗装することを考えると気が遠くなりますね。

欲しいルアーに出会ったらまとめ買いが鉄則なのかもしれない

ルアーが欲しい時に手に入らない理由として、

  • ルアーの出荷量の問題
  • ルアーの生産時期は限定的

という部分を釣具屋のおじさんは教えてくれました。

 

それを聞いて欲しいルアーが売っていないことを残念がっていると、

「見つけた時に買わないと、次に変えるのはずーっと先になるかも知んないんだから、ルアーは見つけた時に買うのが一番だね」

と若干ルアーの購買欲を煽り気味におじさんが一言。

 

確かにルアーはその時に買わないとすぐになくなります。

僕は昨年、とりあえず2個だけと思って買ったダウズスイマーですが、今思えばもっとたくさん置いてたんだからもっと買っておかば良かったと後悔しています。

今は全然手に入んないんですよねー。もっと欲しいのに悲しいかな。

 

しかし、出会った時に買うべきとは言っても、それがなかなか難しい。

お金そんなに持ってないからしょうがないじゃんねー!

 

ということで、お気に入りのルアーを買うときはできるだけまとめがいをしておくようにしましょう!

コメントを残す