ダンクルシリーズ最大級!『メガロダンクル』が登場!ビッグバスタックルを用意せよ!

ジャッカルより新スイムベイト『メガロダンクル』がラインナップに加わりました!!

 

メガロを冠するルアーを僕らは知っていますよね。

えぇ、アレです伝説のスピナーベイト『メガロドーン』

2017年で一番衝撃を受けたルアーだったのではないでしょうか?

 

しかし!!2018年が始まったばかりだというのに、またしてもダウザー俺達。こと、秦拓馬プロの手によって驚愕の新ルアー『メガロダンクル』が誕生しました!!メガロダンクルはどんなルアーなのでしょうか?!

圧倒的なメガロボディ「メガロダンクル」の特徴と使いかたは?

 

出典:ジャッカル

 

強インパクト、ハイアピールが特徴のスイムベイトのダンクルシリーズ。

アクションの強さと大きなボディから生まれる波動で、多くのバスとアングラーの心に火をつけてきました。

 

このメガロダンクルはどのようなサイズ感や特徴を持っているのでしょうか!!!

メガロダンクルの特徴

  • 9インチ(約23センチ)の巨大なボディ
  • かき消されることのない存在感
  • ビッグバスドリーム

 

メガロダンクルの特徴はなんといってもとてつもなく大きなボディ!

全長約23センチという信じられないような大きさの巨大なスイムベイトとなっています。もはやジャイアントベイトといっても過言ではない大きさ!

 

このサイズならフィールドが濁っていようが、流れが激しかろうが、ウィードが多かろうが、どんな状況でも存在感がかき消されることがなさそうですよね。だって23センチですよ?!23センチなんですよ?デカすぎる!!!

 

この大きさはまさに「男のロマン」というものを体現したルアーではないでしょうか?

ビッグバスしか狙わない。

小さい魚には興味がない。

怪物を、モンスターを俺は求めてるんだァー!

そんなビッグフィッシュを追い求めるアングラー向けの一品です!

サイズの使い分けと使い方は?

こちらの動画の秦プロの解説によると「デカい餌のサイズに合わせる」「バスに気づかせやすくする」「バスのテリトリー内で強烈なインパクトを与える」という3つの使い方が解説されています。

デカい餌のサイズに合わせる

やはりそのフィールドのベイトとなっている大きさに合わせる「マッチザベイト」という考え方は基本のようです。しかし他のルアーのマッチザベイトと違うのは、ベイトとなりえる最大サイズにルアーを合わせるという点でしょうか。

できる限り大きな餌、成魚のサイズ感にマッチさせる事でビッグバスを仕留めるという狙いがあるようです。

バスに気づかせやすくする

サイズ感を大きくすればするほど、ルアーの存在感は大きくなりバスに気付かせやすくなる効果があります。

メガロダンクルは巨大なサイズ感をもって広範囲のバスにアピールすることが可能なようなので、広範囲を探りたい時やバスにルアーを見つけやすくしたいときに活躍してくれそうです!

強烈なインパクトをバスのテリトリー内に持ち込める

ダンクルはアレンジやチューニングが多くできるルアーです。

背針チューンや、シンカーを追加してのウェイトチューンはダンクルならではのアレンジ力。

ダンクル5”を背針チューンにしたい!ダンクルにつけるシンカーは何グラム?

ダンクルをチューニングすることによってバスのテリトリー内にルアーを送り込むことが可能になり、バスに強烈なインパクトを与え、バイトに持ち込ませるパワーがメガロダンクルは持っています!

様々なチューニングを駆使して、表層、中層、ボトムの全方位を攻略したいところです!

推奨タックルはエクストラヘビー級ロッドと20〜30lbフロロライン

メガロダンクルは4.6oz(約130g)の大きさなので、エクストラヘビー級のロッドなど重量級のルアーに対応しているロッドで使いたいところ。

 

ポイズンシリーズだとポイズングロリアスの「174XH-SB」か「 176XXH-SB」が良さそう!

ラインは20から30ポンド程度のフロロカーボンラインが推奨されています。

 

メガロダンクルでビッグバスドリームを!!

メガロダンクルはサイズ感を聞くだけでワクワクしてしまいますねー!

ヒットさせたら、必ずデカい魚が掛かっているというところは本当に胸が熱くなります!!

 

やはりアングラーならビッグフィッシュを手にする瞬間を追い求めていますよね。

その瞬間、歓喜の時を手にするアイテムの一つとしてメガロダンクルをタックルのお供として持ち歩きたいですね!

 

▼▼秦拓馬プロが手がけた他のルアーはこちら▼▼

【ジャッカル編】秦拓馬プロが手掛けたジャッカルのルアーをまとめてみた!

コメントを残す