ジャッカルのスイムジグ『ビークロールスイマー』でブッシュクローリング!横の動きで喰わせるルアーだ!

ジャッカルよりスイムジグ『ビークロールスイマー』がラインナップに追加されています!!

春は新製品が続々と登場していて、お祭り感があって楽しいですね!!

 

しかし、正直、スイムジグってあんまり興味が湧かない。

だって、似たようなスイムジグはたくさんあるんだもん。

 

どのメーカーからもスイムジグは出てるし、なんか見飽きた感あるじゃん?とか思っていたり。

 

…でも!!

無性に『ビークロールスイマー』欲しくなってキタアァー!!

ビークロールフリッパーだけ買いたいなーなんて思ったんだけど、いの間にか「これも絶対買お。」になってしまっていたァー!

 

今回はスイムジグにあんまり興味のなかった僕が「ビークロールスイマー」は買ってみようと思った理由を書いていきます!!

『ビークロールスイマー』を買おうと思った理由

出典:ジャッカル

見た目的にはありきたりなスイムジグなんじゃないの?と思わせる印象ですが、知れば知るほど試してみたくなるのが「ビークロールスイマー」でした!その魅力を紹介して行きます!

ブッシュクローリングという概念

ビークロールスイマーを欲しいと思ったきっかけの一つとして、「ブッシュクローリング」という考え方があります。

 

ブッシュクローリングとは、西村嘉高プロが提唱しているルアーテクニックで、カバー横や岸際でただ巻きして「横の動きに反応するバス」をキャッチするためのテクニックを“ブッシュクローリング”と呼んでいるようです。

 

これまでのスイムジグだとボトムに落としたり、たまに泳がせたりするイメージがあったんですけど、ビークロールスイマーは基本的にタダ巻きで食わせるルアーのようです。リトリーブのスピードコントロールやレンジキープなど玄人向けの扱いの難しいルアーに感じます!

 

いままでスイムジグの基本的な使いたかを知らなかったことと、タダ巻きというシンプルな操作が苦手だったせいでスイムジグを避けていたところがありました。

 

しかし、このビークロールスイマーのブッシュクローリングでバスをキャッチすることができれば、スイムジグへの苦手意識を克服することができて、ルアーマンとしてまたひとつ上達することができる!「欲しい!」となったわけですよ!

ビークロールスイマーの特徴

ビークロールスイマーを欲しくなったのはブッシュクローリングというテクニックを知ったことだけでなく、いくつも特徴的な部分があるからです。

ヘッド部のフラット面によるロールアクション効果

出典:ジャッカル

ビークロールスイマーはヘッド部分にフラットな部分を作ることで、ロールアクションを際立たせるという工夫がされています。

スピナーベイトやチャターベイトほどの強アピールのルアーが嫌われる場面でも、ギラギラしたアピールではなく、ナチュラルな動きでしっかりとアピールをしてくれるというわけです。

V字のワイヤーガード

出典:ジャッカル

ビークロールスイマーはラバージグのようなブラシガードではなく、V字のワイヤーガードが採用されています。

V字のワイヤーガードがあることで以下のようなメリットがあります!

  • カバーでの根掛かり回避能力が高い
  • スイミングバランスを崩しにくい
  • バイトの邪魔になりにくい
  • トレーラーが絡まりにくい

2本のワイヤーガードをつけることによってカバー内での回避性能を格段にアップさせるだけではなく、スイミングバランスを崩しにくい、バスのバイトの邪魔になりにくい、トレーラーがブラシガードに絡まりにくいというメリットがあるようです!

 

同じジャッカルのブレイクブレードにも同じようなワイヤーガードがついていますが、本当に根掛かりが少なくなる神アイテムなのでV字のガードは本当に有難いものです。

『ブレイクブレードW.S』の特徴をおさらい!これはトレーラーなしでも釣れるのか?

3サイズのヘッドスケールが同じ!!

出展:ジャッカル

ビークロールスイマーは5.3g、7g、 10gの3サイズがありますが、驚くことにヘッドのサイズは全て一緒!ヘッド部分の素材のタングステンの含有量を変えることで重さを変えてあるんです!

 

ヘッド部分のサイズが変わらないからってどうなるの?というと、ウェイトサイズを変えても同じリトリーブスピードで別のレンジをキープすることが可能に!

普通のスイムジグだとウェイトサイズが変わるにつれてヘッドサイズも変わってしまい、巻きスピードをシビアに調節しなければいけない。

でもビークロールスイマーなら同じ巻きスピードを心がければ、サイズをチェンジしても狙いたいところに通すことができそう!スイムジグ初心者に優しい設計となっているので、スイムジグ入門用のルアーとしても良さそうだなーって感じます!

スペック:3サイズ・8カラーがラインナップ!

ビークロールスイマーは3サイズ・8カラーが登場予定!

  • 3/16oz(5.3g)
  • 1/4oz(7g)
  • 3/8oz(10g)

出典:ジャッカル

扱いやすい重さ、魅力的なカラーばかり!

トレーラーをつける重さを考えて買い分けたいところ。出来れば全種類欲しいけども!

まとめ:ブッシュクローリングを極める!

ブッシュクローリングという概念から生まれたビークロールスイマー。

ブッシュクローリングという言葉はこのルアーの解説を見て初めて知ったことなので、これを機にブッシュクローリングなるものを極めていきたいと思います。

 

他のルアーでも全然スイムジグすることは出来そうだけど、どうせならビークロールスイマーの性能を見たいし、ビークロールスイマーとビークロールフラッパーのセッティングで楽しみたい!

早く手にしてタダ巻きのスペシャリスト、レンジキープの精度を上げて爆釣を目指したいルアーです!

ビークロールフラッパーはあらゆるルアーのトレーラーとして最適か⁈バタ足アクションが魅力的!

 

コメントを残す