【ここで完結】バス釣り用の『2ピースロッド』を徹底的にまとめてみた!

2ピースロッドが欲しい!ツリイコ@turi_ikoです!

 

冬が終わり、春が近づくにつれロッドを新調したい気持ちがムクムクと出てきているところです。

そう春のツクシくらい僕のロッドほしい欲はムクムクと伸び出しています!

 

でも!

2ピースのロッドが欲しいのに!

有名なやつはだいたい1ピースじゃねぇか!!

 

持ち運びや収納のしやすさ的に2ピースロッドが欲しいのに!あんまり売ってない!!

1ピースロッドのほうがいいのはわかってるけど、出来るだけ2ピースのロッドが欲しいんだよね!プン!

あんまりどのメーカーも2ピースには力を入れてないように感じる!頑張ってくれよ!

 

しかも悲しいことに、各メーカーどのロッドが2ピースなのかとにかくわかりづらい!!!

あまりに2ピースロッドが迫害されているように思うので、今回は各メーカーの2ピースロッドをまとめてみました!!

2ピースロッドよここに集え!各メーカーのセンターカットの2ピースロッドをまとめてみた!

自転車や車での移動時に運びやすく、家での収納も容易にできる、コンパクトさが絶大な強みとなっている2ピースロッド。

 

便利で使いやすい2ピースロッドなのに!あまりにも各メーカーの2ピースロッドのアピール力が弱いので今回は2ピースロッドをまとめてみました!

ダイワ

ハートランドAGSシリーズ

※一部グリップジョイント仕様での2ピースモデルあり

ダイワのバスロッドの最高峰である「ハートランド」シリーズに改良を重ねたモデルが「ハートランドAGS」シリーズ!

AGSは「air guide system」の頭文字を取ったもので、従来のガイドの重量に比べ40%もの軽量化が出来た超軽量ガイドが使用されたロッドになっているみたい。そのほかにも『感度領域設計システム』や『高密度HVFカーボン』などの最新の機構を備えています。

 

ダイワのテクノロジーをふんだんに取り込んであり、ダイワのバスロッドの中では最高峰のものがハートランドAGS!お金に余裕が有れば是非手にしたいところ!これを余裕で買うことができるような男になりたいですね!

 

ハートランドAGSでバーサタイル性を求めるならこちらがオススメ!

10g~28gのルアーウェイトに対応していて、幅広いウェイト、多くのルアーを扱うことが出来ます!

ハートランド 742HRB-SV12【疾風 BIWAKO SPEC.】

オリジナルのハートランドの中で唯一の2ピースロッドが『ハートランド 疾風BIWAKO SPEC』

このビワコスペックは琵琶湖のようなビッグレイクで遠投での釣りを想定してデザインされたロッド!

ロッドは10~28gのルアーウェイトに対応していて、ライトテキサスからちょい大きめのルアーまでを使うことが出来ます。

 

他のメーカーだとグレードの高いモデルになると1ピースしか存在しなくなる中、さすがダイワ!ちゃんと2ピースモデルもしっかり出してくれるところが本当に嬉しいですね!!

 

しかし、残念なのはネットショプで買おうとしても在庫がないところ。

どうしてもネットしか買うことが出来ない人はこまめにネット上の情報をチェックする必要がありそうです。

エアエッジ

出典:ダイワ エアエッジ

ダイワワークスのプロアングラーが性能を磨き、作り上げたロッドが「エアエッジ」

エアエッジは全機種のブランクに高弾性HVFカーボンを採用、X45とブレーディングX構造が高負荷時のネジレを抑制したりと、ダイワのテクノロジーがしっかりと盛り込まれています。

 

エアエッジはモデルの数が多く出ているので、自分の好みのロッドが必ず見つかりそうなラインナップ!

さらに価格も定価が2万5千円前後と手に入れやすいロッドになっているので、サブのロッドとして手に入れるのも良さそうです!

クロノス

お金はあまりかけれないけど、そこそこ良いダイワのロッドが欲しいという場合には『クロノス』というもの良いかもしれません。

クロノスは定価が18,000円前後とリーズナブルながらも高級感のあるデザインとしっかりとした機能を持っているのが良いですね!

スペックを見て驚くのはクロノスの圧倒的な軽さ!ベイトモデルのラインナップを見ると最も軽いモデルで99gとなっていて、最も思いモデルを見ても136gという衝撃の軽さになっています。

軽いロッドの異次元の操作感を覚えてしまうと、元の重いロッドには戻れないですね。まだ軽いロッドを持ったことがないという人は購入を考えてもいいかもしれません。

シマノ

ワールドシャウラ

シマノの2ピースロッドといえば、そうですね!ワールドシャウラです!

シマノのバスロッドの中でも最高峰の地位にあるシャウラに憧れを持っている人も多いのではないでしょうか?!僕もその一人です!

 

ワールドシャウラはどんなフィールドにも持ち運ぶことができるように仕舞い寸法が130㎝に統一されていて、2ピースもしくは3ピースの構造になっています。

村田基の監修により世界中の怪魚と戦える仕様のロッドになっているので、野池、海、海外のフィールドなど、多くの場面を一つのロッドで戦いたい人は是非手に取って見たいロッドです!

ポイズンアドレナ センターカット2ピース

2018年に新たに生まれ変わった『ポイズンアドレナ 』!

グリップ部がフルカーボンモノコックになったことで従来のアドレナよりも更に高感度のロッドに仕上がっています!!

グリップ部分からグリップエンドにかけて中空構造のカーボン素材が使われているので、かなり軽いロッドになっている模様。

 

高感度かつ軽量化を進化させたアドレナはシマノ&ジャッカルファンは目が離せないロッドではないでしょうか。

エクスプライド

最近のシマノのロッドで最も人気があると言っても過言ではないのが『エクスプライド』

実売価格が2万円前後という値段ながら圧倒的な軽さを実現したうえで、ハイパワーXというロッドの捻れを抑える機構により力強いロッドになっています。

 

実際に使ってみるとあまりの軽さと感度の良さに驚きますよ。

2万円で買えるというのが信じられないくらいに使い心地がいい!

 

キャストもしやすくて扱いやすいだけではなく、魚をかけた時の粘り強さが本当に心地いい引きを楽しませてくれるので、エクスプライドは一度は試してもらいたいロッドの一つ!

圧倒的に豊富なモデルがあるので、テーパーや対応ルアーウェイトにこだわりがあるなら要チェックです!

ゾディアス

エクスプライドと似て非なる存在の『ゾディアス』

実売価格は1万円ほどとかなり手に入れやすい価格ながら、しっかりと作り込まれているロッドなので、初めてバス釣りにチャレンジしたい人にもオススメのロッドの一つ!

エクスプライドとはガイドの素材が違ったり、カーボンの含有率が違っていたりというところがあります。

ゾディアスの方がグラス成分が多めになっていて粘りがあるロッドになっているので巻物をメインに使う人にはピッタリかもしれません!

バスワンXT

シマノのバス釣り入門用ロッドと言ったらやっぱり『バスワンXT』ですよね!

バスワンXTって前は「これ絶対安いやつやん!」ってなるデザインで、見た目からして敬遠してしまうようなロッドだったように思いますが、最近のは全然違うんですね!!

 

見た目的には新しいポイズンアドレナに近いデザインになっていて、バスワンXTとは思えないほどにスタイリッシュ!

初めてバス釣りにチャレンジしたい人や予算があまりないバス釣りキッズ向けの製品じゃないかと思います。

メガバス

ヒューガ 2ピース

メガバスの製品にすごく憧れていた高校生の頃。その頃はメガバスの製品は手に届かない存在でした。

 

そのメガバスが今は簡単に、しかもすごく安価で手に入れることができるなんて夢のよう!!

実売価格が2万円以下と非常に手に入れやすい上に、ベイトフィネスからビッグベイト まで、幅広いルアーウェイトが扱えるようにモデルが揃えられているので、どんな釣りにも対応できるポテンシャルを持っています!!

 

初めてメガバスのロッドを手にしたい人だけではなく、2ピースのメガバスロッドの持ち運びやすさを活かして釣りをしたい人はチェックしておきたい製品です!

OROTI XXX (オロチカイザ) マルチピースモデル

形状記憶金属繊維が編み込まれ、新素材の「kabt(カブト)」によりロッドの強靭さを強化しているのが『オロチカイザ』です!

ロッドで最も負荷のかかるバッド部分に形状記憶金属繊維・X47スクリームファイバー・マイクロスクリームファイバーを巻きつけることによって、これまでにない未知のロッドに仕上がっているようです。

 

他のロッドで形状記憶の繊維が編み込まれているなんて聞いたことがないので、気になりますねー!

このロッドもベイトフィネスからビッグベイト に対応できるものまで幅広いラインナップとなっているので、自分好みのロッドが必ず見つかるはず!要チェックです!

エバーグリーン

ライトキャバルリー

コンバットスティックの中で唯一の2ピースロッドが『ライトキャバルリー』

コンバットスティックのコンセプトはそのままに、本格的な2ピースロッドを求める人のために作られたモデルです!

モデル数は決して多いとは言えませんが、コンバットスティックファンで2ピースのロッドが必要な人にとっては非常に嬉しいモデルではないでしょうか。

アブガルシア

ホーネットスティンガーシリーズ

リーズナブルだけど、軽量かつ高感度、そしてキャスティングの精度が高くなるというメリットがある『ホーネットスティンガー』シリーズ!

ホーネットは他のメーカーに比べて本当にデザインが良いですよねー。かなり煌びやかです!

しかしその反面、ロッドに「飾りものはいらない派」の人にとってはなかなか買いづらい製品とも言えます。

このロッドは多くのモデルがラインナップされているので、エントリーモデルとしてもサブ機としても良さそうなロッドです!

アブガルシアのホーネットスティンガープラスはどんな釣りにも対応可能?!特徴をまとめてみた!

バスフィールド

手軽にバスフィッシングを初めていけど、どれを選んで良いかわからない。

でも、カッコイイロッドが欲しいという人には『バスフィールド』が超絶オススメ!

 

だって、見た目カッコよくないですか!?

定価で7千円もしない価格でこんなに素敵なデザインが手に入るなんて、僕が子供だった20年前からしたら信じられません。ありえない!

アブガルシアのバス用ロッド『バスフィールド』がなかなかカッコいい!

バスビート

煌びやかかつ豪華さを醸し出すデザインはさすがアブガルシアというところ。

低価格帯ながら安っぽさを感じさせてくれないところが本当に好きです!

僕が小さかった頃は安っぽいスポンジグリップみたいなのばっかりだったので、最近の子供達がなんと羨ましいことか…。

ベテランのルアーマンだと満足できないかもしれませんが、初めてのロッドとしては十分な性能を持っていると思うので、初めての釣りのお供にしたいロッドの一つです。

クロスフィールド

一本のロッドで海・川・湖とあらゆるフィールドをこなすために生まれたのが『クロスフィールド』です。

昔はショアジ用とかシーバス用などの括りはあまりなく、一つのロッドで多くの魚種を狙っていたようですが、最近は専用ロッドが多く販売されていますよね。

 

魚種専用のロッドが出たことでターゲットを釣るための利便性が上がった反面、専用のロッドを買わなければその魚を釣るには不十分だと考えるひとも多くなっているように感じます。

しかし、なるべくたくさんのロッドを買わずに、一つのロッドだけでバス、シーバス、青物、ヒラメなど、たくさんのフィールドで釣りをしたい時には選択肢の多さが逆に不便になっています。

 

なのであまり深く考えずに多くのフィールドを一つのロッドでこなしたい時にはこのロッドはチェックしておきたいですね!

ワールドモンスターシリーズ

日本のありとあらゆるところ、世界のどこでだってモンスタークラスの怪魚とファイトを楽しみたい時には『ワールドモンスター』という選択肢もあります。

このロッドは1〜5ピースまでのモデルがあり、カーボンロッド、グラスロッドも選ぶことができるので自分の好みのロッドが必ず見つかるのではないでしょうか。

 

クロスフィールドと同じく、どのフィールドでもロッドひとつで挑みたい!

モンスタークラスを存分に楽しみたい人はチェックしたいロッドのひとつです。

メジャークラフト

ベンケイ

ベンケイははあらゆるルアーフィッシングに対応するロッドのひとつ!

バーサタイル性のあるロッドはもちろん、幅広いルアーに対応するようにラインナップされています。

さらに、ベイトフィネス、ビッグベイト 、フロッグゲームに特化したロッドが用意されているので新しいルアーゲームにチャレンジしたい人は試してみるのもいいかもしれません。

スピードスタイル

ナノテクノロジーによってロッドの強度と軽量化を向上させたモデルが『スピードスタイル』!

東レの”ナノアロイ”という技術を応用して作られているロッドです。

このロッドも多くのモデルがラインナップされているほか、フロッグ、ビッグベイト 、ベイトフィネスに特化したモデルがあり、グラスコンポジットモデルも用意されています。

エムエスエックス

メジャークラフトの最高峰の技術を十分に注ぎ込まれたのが『MS -X』

オールチタンフレームガイド、クロスフォースプラス、オリジナルリールシートなどメジャークラフトのこだわりの機構を採用しています。

2ピース新登場とあるものの、スペックをよく見ると実は2ピースモデルは2機種のみ。選択肢は限られています。

しかし、その2機種はバーサタイル性の高いものが用意されているので、一つのロッドでなんでもこなしたいという人向けなのかもしれません。

バスパラ

バス釣りを始めたい人、ベイトタックルに初チャレンジの人に手に取ってもらいたいのが「バスパラ」!

 

定価で一万円を切るという低価格ながらしっかりとしたコンセプト!

充実したラインナップのロッドシリーズ!!

そして、綺麗にまとまったロッドデザイン!

 

初めてのロッドとしては十分な性能ではないかと思います。ハイエンドモデルのロッドを買う金銭的な余裕があれば高いのを買ったらいいけど、それじゃああまりにも楽しみが少なすぎる!!!

ロッドは下位機種からランクアップさせていくのが楽しいのだから…。

まとめ:結構2ピースロッドってあるんじゃん!…でも…。

世の中あまりにも2ピースロッドが少なすぎると思ったものの、まとめて見ると意外とたくさんあるものですね!

 

しかし、いくらロッドがたくさんあるとはいえ、自分の好みのものを見つけるのって難しいんですよねー!

ロッドの機能もさることながら、見た目にもこだわりたいわけで。

いろんなことをこだわっていくと、1ピースのやつがいいなーってなってしまったりもするわけですよ。

 

でも、2ピースでも良さそうなロッドはたくさんあるので、持ち運びやすさ・収納のしやすさにこだわりたい方は参考にしていただければと思います。

 

コメントを残す