「メーカー名+ロッド折れる」の検索は意味ない!そんなに簡単にロッドは折れないぞ!

こんにちは!ツリイコです!

ロッドを新調するときのロッド選びって楽しいですよね!

色々調べながら選ぶのは本当に楽しいものです。

 

しかし、楽しいはずのロッド選びにも一つのがあります。

 

それはロッド選びをする時に気にすることのひとつ、

「あのメーカーのロッドすぐ折れるらしいよ…」という噂のこと。

 

まことしやかに囁かれる「あのロッドはすぐ折れる説」

果たして本当なのでしょうか??

折れやすいロッドメーカーってあるの?

ロッドの購入を考えたときに誰しもが検索してしまうのが、

「ロッドメーカー名 + 折れる」

という検索キーワード!!

 

シマノ・ダイワ・メジャークラフト・ツララなどなど、色んなメーカー名やロッド名で検索をかけている人は多いのではないでしょうか?

メーカー名+折れたで検索かけるとどのメーカーのことも沢山の検索結果が出てきます。

 

当然そのキーワード、「メーカー名 + 折れた」で検索して表示されるのは折れた人たちの体験談。

「普通に使ってたら折れましたクソです」

「キャストした途端折れて穂先が飛んでいきました」

「あわせたら折れました。買わないほうがいいです」

こういうことが山ほど書かれています。

 

しかし僕としては、基本的に折れやすいロッドメーカーなんて無い。

というのが釣り歴15年♂の感想です。

メジャークラフトは折れやすいって噂は本当なの?

釣りは老若男女、世代性別を問わず楽しむことが出来る趣味。

それだけにレビューもどんな人が書いたのか、どんな状況でロッドが折れたのかがわからないことが多いです。

 

よく「メジャークラフトのロッド折れやすいから買わないほうがいい」というネット上の書き込みを目にしますが、10000円で買ったメジャークラフトのロッドを2年間使い倒していますが折れる気配は皆無!

40アップを何十本もキャッチしてくれたメジャクラのヴォルキーはこれからもまだまだ頑張ってくれるロッドです。

折れた状況がわからないレビューは信用するべからず!

折れやすいロッドのレビューでもネットにたくさん書いてあるからある程度は信用できるんじゃないの?と思ったりもしますが、そうとは限らないと考えています。

 

確かにどんな状況でどういう風に折れたかが書かれているレビューは信用できるかもしれない。

でも、状況が書かれてない「何もしてないのに折れた」「普通に使っていたら折れた」などのレビューは一切信用してはいけない!疑心暗鬼になるだけで、なんの参考にもならない!

 

しかもレビューを書いたのがお店の人でもプロガイドの人でもなければ、誰が書いたかもわからないレビューなら尚更信用できません。

 

ネットのレビューを参考にするためには

  • 誰が書いたか
  • どんな状況でロッドが折れたか

が書かれているものだけを信用したほうが無難です。

ローエンドモデルを使い倒してきたけど折れやすいメーカーなんてなかった

なんでそこまでネットのレビューを信用しないんだ!試したことあるのか?!

と問い詰められそうですが、そんなにたくさんのロッドを試したわけではありません。

 

しかし、各メーカーのローエンドモデルはアホみたいに沢山買いました!

お金がなかったからね!!

 

これまで買ったロッドは価格の安いものばかり。

シマノのバスワン、ダイワのバスX、釣具屋で売っている無名の1000円のロッドや2000円のロッド。

数万円のロッドを持つようになったのは本当につい最近のこと。

釣り歴15年のうち10年以上は1万円を超えるモデルを買ったことがなかったんです。

 

それでも普通に使っていて壊れることはほとんどありませんでした。

ロッドに負荷がかからないように使えばどんなロッドでも長持ちする

安物のロッドばかり使っていた僕は知っています。

「安い=壊れやすい」ではないことを。安かろう悪かろうという考え方は一理あるものの、安いからといって壊れやすいわけではないんです。

 

逆に、高いから壊れにくいということもまた然り。値段が壊れやすさに直結するわけではないんです。

 

僕がロッドを折った場面はこんな感じ。普通に使っていて折れたことはほぼありません。

  • ロッドを地面に置いていたら踏みつけてしまった
  • 自転車の移動中に車輪にロッドを挟めてしまった
  • ロッドを木に立てかけていたら、もう一本のロッドでキャストした時にぶつけてしまった
  • 岩場にロッドを挟んでイモグラブを投げて放置していたらアタリがきたものの、魚がデカかったせいかそのままロッドが折れてしまった
  • トラウトロッドでバスをブッこ抜こうとしたらロッドが折れてしまった

俺めちゃめちゃロッド追ってるやんけ!!

悲しい…。

 

しかし、こんな感じに不注意で追ってしまったことがほとんど。

ルアーをキャストしているときに折れたとか、アワセたら折れたということは皆無です。

どんな安物の竿でも普通に使っていて折れるという場面はよほどの粗悪品に当たらない限り無いんじゃないかと思います。

まとめ:レビューは参考程度に、ほどほどに信用しよう

誰が買いたかもわかんないレビューは参考にならないよ!

と言いつつも、本当に全てのレビューがそうなのかというと、そうでもないかもしれません。

 

本当に普通に使っていて壊れたりもあり得るし、沢山ロッドを出荷したうちの数本だけ出来が悪かったなんてことも考えられるからです。

しっかりしたデータがない限りは言い切ることが出来ないんですよね。

 

なのでネットのレビューは「誰がどんな状況のことを書いたか」に注目しつつ、ほどほどに参考にするのがいいと思います。

 

もし本当に心配なら釣具屋の店員さんに聞いてみるというのも手です。

本当に粗悪品が多い製品なら、いくら釣具屋の店員さんでもオススメはしないはず。

 

色んな情報を色んな情報源から調達して、真実を見極めましょう!

真実はいつも一つ、です!!

 

コメントを残す