メガバスの重心移動システム「LBO」と「LBOⅡ」は何が違う?調べてみたら違いが明らかに!

こんにちは!ツリイコ@turi_ikoです!

 

近頃メガバスから、ワンテン、フラップスラップ、ディープXなど『LBOⅡ』を搭載したルアーが続々と発売・発表されています。

ボール状のウエイトシンカーに比べて圧倒的に早い動き出し、圧倒的な飛距離を実現しているLBOシステムは最近のルアーの機構でも画期的かつ面白いシステムです!

 

んんっ、あれ?

でも、前から『LBO』ってあったけど、『LBOⅡ』ってことはどこか変わってるんだよね???

どこが変わっているんだ??

よくわからないなぁ…。

 

ということで、調べてみました!

LBOってどんなメカニズム?

LBOは従来のボール状のウェイトシンカーではなく、筒状の金属内部に球体のベアリングが組み込まれたウェイトシンカーのこと。

 

円筒状の金属の中にボールベアリングを組み込んだことで、筒状の金属が滑らかに動き、スムーズな重心移動を可能にした技術が『LBO』というものなのです。

 

詳しいメカニズムはメガバスの動画をご覧ください。

初代LBOとLBOⅡの違いはシャフトの有無にあった!!

出典:メガバス

じゃあ「初代のLBO」と「LBOⅡ」では何が違うかというと、LBOⅡではシャフト(軸)が必要なくなったという点があります。

 

初代のエルボはシャフトにボールベアリングを接触させることで、シンカーの移動を行っていました。

しかしこの初代LBOを搭載するためにはある程度の大きさが必要で、90mm以下の小型のルアーには搭載できないという欠点があったらしいんですね。そのためこれまで小型のルアーにはLBOは搭載されていなかったようです。

 

しかし!LBOⅡでは欠点を克服!!

LBOとしての性能を落とすことなく、ユニットの小型化、低重心化を可能にしています!

筒状の中に入っているシンカーのデザインが未来的でカッコいいですねー!

使い心地に違いはある?

じゃあ初代LBOとLBOⅡでは使い心地に違いはあるのか?

 

僕は初代LBOを搭載しているDIVE ELBO、

LBOⅡを搭載しているフラップスラップLBOを持っています。

 

この2つを投げ比べてみると、大きな違いはないけど、投げる瞬間の感覚がちょっとだけ違う気がします。

ダイブエルボーのキャスト音が気になる

ダイブエルボーの方はキャストするためにルアーを振りかぶった瞬間に「カチッ!」という音が鳴るんですね。LBOが前方のマグネットから離れ、後方にLBOが移動した時の音が鳴るんです。

 

それが意外と気になる!

ロッドを何かにぶつけてぶつけてしまったような気がして、キャストする瞬間の「カチッ!」という音に若干の恐怖を感じちゃうんですよ。

 

アクション的には非常に綺麗に泳ぐので満足ですが、音は慣れるまでに時間がかかりました。

フラップスラップでは音は気にならなかった

一歩のフラップスラップにはLBOⅡが搭載されています。

これを投げてみるとダイブエルボーのような「カチッ!」という音はあまりありません。

 

音が全くなくなったわけではなく、控えめな「カチッ!」という音になっています。

もしかしたらLBOⅡの方がシンカーがパイプ状のユニットに収まっている分、シンカーの移動音が抑えられたのかもしれません。

続々と登場するLBO搭載ルアーに期待大!

これからLBOを搭載しているルアーがどんどん発売されていく予定なので非常に楽しみ!

エルボを搭載したことで

  • 飛距離が20%アップ!
  • アクションが瞬時に開始されるレスポンススピード!

というメリットがあるのでLBO搭載のルアーをもっと手に入れてみたい!!

 

すでにLBOⅡが搭載されているルアーとして、フラップスラップは発売されていますが、これからはワンテン、ディープXも販売が予定されているほか、伊藤由樹と今江克隆とのコラボルアーの発売も予定されています!

 

これからはどんどんLBO搭載ルアーが増加していくので、LBOの性能を活かせる釣りを展開していきたいものですね!

コメントを残す