メガバスの『ソニックサイド』トーナメント専用モデルだけど、美しすぎて飾っておきたいレベル。

こんにちは!ツリイコ@turi_ikoです!

 

メガバスのホームページに新たに登場した『ソニックサイド』

STWプロジェクトから誕生したこのルアー 。すごく期待できそうですよねー!

ソニックサイドの特徴は?

ソニックサイドの特徴をまとめると、

  • フラットサイドボディから生まれるハイピッチタイトアクション
  • 1.0mm厚高剛性リップ搭載
  • 固定重心サイレントモデル

平らなボディがハイピッチでタイトなアクションで泳ぎ、ファストリトリーブでも高い安定性を発揮してくれるようです!

一目でわかるほどの頑丈なリップ!1mmもの厚さを備えている高強度サーキットボードリップは、ロックエリアでのボトムコンタクトでも負けない屈強なハードリップとなっています!!

 

67mmのボディから大きなラトル音が鳴り響くかと思いきや、実は固定重心のサイレント仕様

タフコンディションで音が嫌われるような場面で、静かかつ大胆に活躍してくれそうです!!

性能も気になるけど、デザインが美しすぎる…。

ソニックサイドの性能が気になるのはもちろんだけど、気になってしまうのは、惚れ惚れしてしまうほどのデザイン。

メガバスならではの生命感のあるデザイン、魅惑的なカラーは本当に綺麗!綺麗すぎる!

出典:メガバス

公式サイトに掲載されている『ソニックサイド』のキンクロのヘッド部分。

極厚のリップも気になるけど、ルアーの表情が可愛らしい!

バスがどこにいるかを探し、睨みを利かせているかのような表情だ!

出典:メガバス

上から見たときの線の細さも、なんとも言えない繊細さを感じます。

ボディは67mmと決して小さいとは言えないサイズながら、フラットなボディはまるで小魚のような細さでもある。

 

キンクロの黒地に散りばめられた金色のラメが、日本的なシブさと煌びやかさを出していて、これはキンクロ好きのバスにはたまりません!

出典:メガバス

キンクロの横から画像を見てみるとメガバスルアーの完成度の高さがわかりますねー!

ガッチリとした表情、獲物を捉えているかのような目、金色の中にある光沢の変化が写真で見ても本当に綺麗!

水の中に向かってキャストするのが勿体無いくらいですねー!!

まとめ:春に強いルアーか?!

この『ソニックサイド』実は春に強いルアーなのかもしれません。

 

メガバスの伊藤由樹氏のコメントとしてこんなものがあります。

「(フラップスラップのような)フラットサイドクランクは春に強いという定説があります。でもこれは単純にフラッシングが強く、水を強く押すからという理由ではない。むしろ、ファットタイプのようにダイナミックに水を動かすのではなく、“ハッキリと、かつ不規則に明滅させる”ことが大事であって、そのための必然的な形状なんです。だから、フラットサイドでも不規則なペンデュラムアクションが出ないものは、ボクはあまり使いません。動きはよりタイトで、ボディを高速かつ鋭角に倒れ込ませ、なおかつリトリーブの緩急にダイレクトに呼応してアクションを変化させるペンデュラムアクションのシャッド。それをハイピッチで演じるルアーこそが最強のフラットサイドクランクとなるのです。

メガバス STWプロジェクトページより引用

これはフラップスラップについてのコメントなので、ソニックサイドに当てはまるものではないかもしれません。

 

しかし、フラットサイドクランクは春に効くということは良く言われることです。

いろんな人、いろんな雑誌上で語り継がれている事実なんじゃないかと思います。

 

僕はそんな定説を耳にしながらも、フラットサイドクランクの威力を未だ持って体感したことがないので、ソニックサイドとフラップスラップLBOを持ってして、春のクランキングにチャレンジしたいと思います!

 

 

コメントを残す