キムケンのジグ捌きに惚れた!ジグストを極めたくなった件!!

こんにちは!野池オカッパリアングラーのツリイコ@turi_ikoです!

 

アングラーたるもの新しいルアーテクニックを身に付けたいとは思わないか?

既存のテクニックにとらわれ、これまでの釣り方、これまでと同じパターンの釣り方。

現状維持ではいけない、現状維持は後退と同じである!

 

ラバージグだ!これからはラバジの時代なんだ!!

使わなきゃ!極めなきゃ!デカいやつを釣らなければ!

 

……、てゆうか僕、ラバージグでバスを釣ったことないんだよね…。

撃ち物苦手だし…。

 

でもキムケンさんの動画見てたら、ジグ素人の自分でもなんだか釣れる気がしてきたの!

キムケンさんくらいジグストを極めてデカいバスをバンバン釣りたい!

今回ジグに興味を持ったのはこの動画がきっかけ。

2017年に公開されてたLurenews.TVの動画で、キムケンこと木村健太さんが気持ちいいくらいにラバージグでビシビシと釣っていくんですよ。

 

ジグストというテクニックでバスを釣っているんですが、このジグストを習得してジグストマスターになりたいわけですよ!

ジグストってなに?

ジグストはミドストの動きをラバージグで再現するというもの。

ミドストはミッドストローリングの略で、ジグヘッドなどをつけたソフトルアーをローリングさせながら中層をリトリーブさせるというテクニック。

 

そのミドストをラバージグでやってのけるというのが、ジグストというテクニックです

ジグストのメリットは?

でも、わざわざジグストじゃなくても、ミドストでいいんじゃない?

って思ってしまうかもしれませんが、ジグストはカバーに強いというメリットがあります。

 

ブラシガード付きのラバージグを使ってジグストをすれば、カバーの中に撃ち込んでも根掛かりしにくいうえ、カバーの中からジグストを開始できる!カバー内にガンガン撃ち込んでアクションを開始していけるのがジグストの大きな強み!

 

単にカバーに強いという点だけではなく、メインベイトがわからない場合でも有効で、アクションをかけ続けているためバスがルアーを咥え込みやすくなってフッキング率が高いという点もジグストの強いところだと解説されています。

ジグストってどうやるの?

ジグストってどうやればいいの?

動画を見た方がわかりやすいけど、言葉にするならシェイクアクションを掛けながらラインススラックをとりながらリトリーブするだけ!

 

だけ!とか言いながらも実際にやってみると、同じレンジをキープするのは難しく、レンジ・スピードコントロールはかなり練習しないと厳しいかもしれません。

 

ちなみにラインは20lb程度のものが推奨されています。

それはジグストをやるとバスにルアーを丸呑みさせてしまい、バスの歯でラインが擦れてブレイクする恐れがあるためです。デカいバスを釣った時ほどラインが歯で擦れてブレイクしてしまうので注意が必要。

ジグストすらならコンツアージグ!

ジグスト、やってみようかなってときにはやっぱりキムケンさんの作ったルアー「コンツアージグ」を使ってみたいですよね!

 

コンツアージグはスイム・ボトムの両方で対応できるような低重心化されたヘッド形状になっているので、ジグストを練習するならキムケンさんの動画を見て勉強して、実際にコンツアージグでやってみるのがいいかもしれません。

 

ただし、コンツアージグもなかなかに手に入れにくいので、見かけたら確保するようにした方がいいかもしれません。

トレーラーはどれがいい?

トレーラーはやはり!キムケンさんの使っているやつを真似してみたい!

この辺りをうまく使い分けていきたいところ。パワーウィグラーとかよくよく見ると超面白そうなワームです!使ってみたい!

ジグストでバスを釣ってしまったら…どうすればいい?

もしも…、ジグストをマスターして、デカバスをバンバン釣ってしまったらどうしたらいいんだ?!

 

そんな時はこれを使えばいいじゃない!

キムケンさんのロゴが入ったメジャーシートでバスの大きさ測っちゃいなよ!!

 

最近こういう幅の広いメジャーシートが欲しいんですよ。狭いやつだと体高の大きさが伝わらないし、シートからはみ出るとバスが火傷しそうだし。

ジグストをひたすらに練習して、メジャーシートの出番がくるように頑張りたいですね!

コメントを残す