初めてのバス釣り!低予算で揃えるタックルセレクト!

 

初めての釣りを始めるあなたへ向けてのバス釣りタックルを揃えるために!

ツリイコ的なスターターキット組んでみました!

 

 

コンセプトは低予算で、そこそこいいやつ!

 

 

初めてバス釣りの道具を買うときは意外と勇気がいるものです。

あんまり安いの買って失敗したくないけど、いきなり高いの買うのもちょっと…ってなりますよね。

 

 

ということで、どんな道具を選んでいいかわからないときの基準になるようなタックルを組んでみました!

タックルを買う前に決めること

バス釣りの道具を揃えるにあたって、最初に決めることが一つあります。

 

それは、どんなルアーを使って釣りをしたいか?ということ!

それによって選ぶべきリールの種類が違うんです。

リールの種類を選ぼう!

例えば比較的大型のルアー(だいたい10g以上)を使いたいときにはベイトリールが向いているし、

ワームを中心とした小型ルアー(10g以下)を使いたいときにはスピニングリールを選ぶべき!

 

もし、どんなルアーを使うか決まっていないのであれば、最初はスピニングリールがオススメです!

 

理由はスピニングリールの方が圧倒的に使いやすいから!

ベイトリールはスピニングリールに比べて扱いが難しく、特に初心者のうちはライントラブルが多い!

僕はベイトリールを使い始めの頃はバックラッシュ(糸の絡み)ばかりしていて、バックラッシュを直すのに一時間とかかかってしまい、全然釣りどころではなくなった思い出があります。

 

ライントラブルが多いとせっかく楽しみにしていた釣りが台無しになってしまうので、初めてのバス釣りを楽しむならスピニングリールがいいと思います。

リール

とりあえずスピニングリールを選んだことを前提に話を進めていきますね。

 

リールの種類を決めたなら、次はリールの大きさを決めましょう!

釣具屋さんのリール売り場を見てみると製品名の隣に1000とか2000、3000とか数字が書いてあると思います。この数字はリールの番手と言って、リールの大きさを表すものです。数字が大きくなるほど糸を巻く容量が多いという意味合いになります。

 

バス釣りでは2000番前後を選ぶことが多いので、迷っているなら2000番くらいがちょうどいいと思います。この大きさなら4ポンドか5ポンドのラインが十分に巻くことができます。

サハラ(シマノ)

釣り業界大手のシマノのリールでも比較的安く手に入れることができつつ、シマノの技術特性がしっかりと入っているサハラもいいかもしれません!

サハラ2000sは4ポンドのラインが100m、5ポンドなら75mのナイロンラインを巻くことができます!

リールに入っているラメがいい感じですよ!

レブロス(ダイワ)

釣り業界で最も大きいメーカーであるダイワのリールもオススメです。

価格的にも6000円前後で買うことができるけど、なかなかしっかりした作りになっているので、初めての釣りでも安心して使うことができます!

ロッド

ここもまたスピニングリールを選んだことを前提に進めます。

スピニングリールを選んだなら、スピニングリール用のロッドを選ぶ必要があります間違ってベイトロッドを選ばないように気をつけましょう!

 

ロッド選びのポイントとしては、ロッドの硬さと、ロッドの扱えるルアーウエイト、長さがあります。

ロッドの硬さはアルファベットで表記されていて、買うならL(ライト)かML(ミディアムライト)がオススメ!汎用的な硬さになっています。

ルアーウエイトは1〜10g程度のものを選ぶのがいいかと思います。というかほとんどのスピニングロッドはこの範囲に入りますが、たまに繊細な重さしか扱えないロッドもあるので注意しましょう!

ロッドの長さはフィートという単位で表されていて、6〜7フィートのロッドを選びましょう。ロッドの長さが短いほど扱いやすくなりますが、ロッドが長いほど飛距離を出すことができるので、使いやすさを重視するか飛距離を重視するかによって好みの長さを選びましょう。

ダイワ バスX632MLS

スピニングロッドながら2〜14gの重さのルアーを扱うことができるので、結構幅広い釣りをすることができます!

これならワームからハードルアーまで、色んなルアーを投げることが出来るので、バス釣りが初めての人にはピッタリかと思います。

 

ちなみに僕は初めての50UPのバスはこのロッドで釣りました!

5千円くらいで買うことが出来るのになかなかしっかりしたロッドですよ!

アブガルシア バスフィールド BSFS-632L

2〜8gのルアーを投げることができ、硬さはライトでやや柔らかめのロッドです。

柔らかいロッドは軽めのルアーを遠くまで飛ばすのに適しているので、ワームを中心にバス釣りをしたい人にオススメです。

 

でもこのロッドの1番のオススメポイントは、ロッドのデザイン!

数千円で買うことができるロッドだとは思えないくらいにカッコ良いデザインになっています!

全体的に黒で統一されているのでどんなリールにも合うデザインなのもイイところ!

メジャークラフト バスパラ BPS-662L

何かと”折れやすい”と揶揄されがちなメジャークラフトですが、僕は一度もこのメーカーのロッドを折ったことがないので大丈夫!心配ないよ!

 

このロッドは1.8g〜7g程度のルアーを対象としていて、硬さはライトでやや柔らかめのロッドです。

ワームをメインにして軽めのトップウォーターやミノーなどを使うにはちょうどいいロッドだと思います。

 

このロッドのいいところは安いのにデザインが安っぽくないところがいいんです!

普通このくらいの価格のロッドだと、「見るからに安っすいやつやん!」ってなりますが、バスパラはあんまり安っぽさを感じさせないデザインになっているのです!

ライン

ロッド、リールを選んだらラインも忘れず選ぶようにしましょう!

バス釣りのラインの種類として主に3つあって、ナイロン・フロロカーボン・PEラインの3種類が主流です。

 

初めてバス釣りをする人はナイロン素材のラインを買うようにしましょう!

フロロカーボンは糸の巻きグセがつきやすくライントラブルになりがち、PEラインは糸同士がダマになりやすくて絡まりやすい難点を持っているので、初心者が扱うには難しいラインです。

 

僕のオススメなナイロンラインは以下のとおり!

GT-R Pink 5lb

ピンクって女の子じゃん!なんて思うことなかれ!

このラインはピンクに染色されているぶん、自分のラインをハッキリと視認することができ、非常に釣りがしやすいラインです!

自分のラインどこ行った?!ってなりにくいぶん、ライントラブルも少し減らせるかと思います。

GT-R ULTRA 5lb

ピンクのラインと同じメーカーのGT-R ULTRAもいいかもしれません。

このラインはナイロンラインにしては擦れに強く、非常にしっかりとしているラインです。

そしてラインは黒っぽい色になっているので、魚からも気づかれにくい色になっていますよ(多分…。)

もし買うならこのセットがおすすめ!

もしも僕が買うならどんなセットにするかというとこんな感じ!

  • ロッド:バスX  632MLS
  • リール:レブロス2004
  • ライン:GT−R ULTRA 5lbか4lb

ロッドとリールはダイワ製のもので統一し、ラインはGT-Rのウルトラの4lbもしくは5lbをセット!

 

ロッドのバスXは自分で使っていて、特に大きな不満はなく、むしろ価格の割にはいいロッドだなーと思っていました。

リールのレブロスは使ったことはありませんが、見た目的にシマノのリールよりも豪華な感じがいいと思います!

ラインはGT-Rシリーズを選んでおけば、まず間違いはないと思いますが、個人的な好みとして黒いラインが好きなのでGT-Rのウルトラをチョイスしてみました!

しかし!このセットがベストではない!!

このセットをこれからバス釣りを始める人にオススメしつつも、このセットがベストバイではありません。

 

あくまでもこのセットは普通に釣りをする上での最低ライン!

これより下の価格のものを揃えるとトラブルが多いけど、このくらいなら普通の釣りは十分に楽しめるよ!というセットになります!

 

なので、もしお金に余裕があればこれ以上のものを買うことをオススメします。

価格が高いほどいい製品であることは世の常です。

 

ですが、初めてバス釣りをするのにいきなり高価な道具を買うのは非常に勿体無い!

もしかしたら途中で飽きるかもしれませんからね。

 

なので最初は全部で2万円いかないくらいのセットで揃えてみて、

「バス釣りおもしれー!」ってなったら高い道具に手をつけて見るのがいいかと思います!

 

とりあえず、道具が安いからバスが釣れないなんていうことはまずありませんので、最初は自分の予算が許す範囲でなるべくいい道具を揃えるのが吉です!

コメントを残す