『グリフォンベイトフィネス』はコンパクトだけど魅力はデカくなってるぞ!

こんにちは!ツリイコです!!

 

グリフォンベイトフィネスが発売されてから早数ヶ月。

やっとグリフォンベイトフィネスを手に入れることができました!

 

手に入れることができたとはいえ、正直、買う気はなかったんです。

ネットで見ても、メガバスのカタログを見ても、あんまり魅力を感じなかったんですけど、いつの間にか買っていて、いつの間にかバスが釣れていました。

 

バス釣りって不思議なことが起こりますよね。

『グリフォンベイトフィネス』ボディは小さくともアピール力は小さくならず!

グリフォンベイトフィネスはグリフォンをただ単にダウンサイジングしただけでしょ?

じゃあ買わなくていいや!

 

と、思っていたのは、昔のこと。

お店で実際のルアーを見てみるとあまりの可愛らしさに一目惚れ!

なんていうか赤ちゃんの手とか足を見たときの感情に近いものがありました。

 

小さいけどしっかり作られている精巧さ、小さいけどちゃんとグリフォン。

このグリフォンの小ささに、どんな世界があるのか知りたくてちゃっかり買ってしまいました。

サイズはグリフォンよりも5mm小さい

グリフォンベイトフィネスのサイズ感はノーマルのグリフォンよりも5mmほど小さくデザインされています。

  • グリフォン 43mm(1/4oz)
  • グリフォンベイトフィネス 38mm(3/16oz)

出典:メガバス

 

数字で見ても写真で見ても、あまり大きさは変わらないんじゃないかと思ってしまうかもしれません。

しかし、実際にルアーを手にとってみると全然印象が違います。

 

グリフォンベイトフィネスは「ちっちゃ可愛い」と思える大きさ。

牛丼でいうと、並盛りとミニサイズくらいの違いです。

アクションはグリフォン同様

lure newsTVの動画でも解説されていますが、グリフォンベイトフィネスとグリフォンのアクションは大きくは変わっていません。

実際に泳がせてみても、小さいながらにグリグリと千鳥ながら泳いでくれます!

早巻きすると泳ぎが崩れるので注意

これまでのグリフォンシリーズも同様かもしれませんが、早巻きに弱いというデメリットはあります。

なので、高速巻きでバスを引き出す釣りには不向き。合ってません。

 

高速巻きしようとするとちゃんと泳いでくれないどころか、水面から飛び出してしまします。

 

グリフォンベイトフィネスは比較的ゆっくり巻くことで、潜行深度を確保しつつアクションを開始してくれるので、ルアーアクションを感じながら焦らずリトリーブするようにしましょう。

スピニングタックルでのクランキングにもおすすめ!

ルアーの名前には「ベイトフィネス」という文言が入っているせいか、ベイトフィネスで使わなきゃだ!って思ってしまいますが、スピニングタックルでももちろん使えます。

 

なので、これまでクランクで釣ったことがないとか、クランクベイト自体使ったことがないというスピニングタックルメインのアングラーにもおすすめのルアーです!

 

もしお店で見かけたらグリフォンベイトフィネス手に取ってみてください。

超可愛いですよ!

 

コメントを残す