意外とダイワのルアーキャッチャーは根掛かりから回収できない?現時点のレビューを書く!

こんにちは!ツリイコ@turi_ikoです!

 

突然ですが、ルアー回収機って使ってますか?

そうです、ルアーが根掛かりした時に使うアレです!

 

僕はダイワのルアーキャッチャーを使っているんですが、この製品、なかなかルアーを救出できないんですよねー!

ダイワのルアーキャッチャーが意外とルアーを回収できない件

僕が持っているのはこちらの製品。

ダイワのルアーキャッチャーという製品です。

その名の通りルアーをキャッチする、根掛かりしたルアーを手元に戻そうじゃないか!という志の高い製品になります。

 

これは紐と鎖のついたシンカーを根掛かりしたルアーに当て、ルアーにシンカーを当てた衝撃で根掛かりを解消したり、シンカーについている鎖を根掛かりしたルアーのフックに絡めてヒモで引っ張って回収するという道具です。

 

出典:ダイワ

これは凄く便利!これさえあれば、根掛かりとサヨナラできる!

そう思って買ってみたんですが、以外と上手くいかないんですよ…。。

 

ルアーキャッチャーの不満点を書いていきますね。

ラインの角度が浅いときにはルアーに到達するまで時間がかかる

このルアーキャッチャーはラインを伝わせて、根掛かりしたルアーに到達させた後、シンカーの衝撃か鎖で絡めてルアーを回収するというもの。

 

普通に使用するなら、当然ルアーキャッチャーを自分のラインに伝わせて使うことになるわけです。

 

しかし!根掛かりした場所が浅いところだったりすると、上手くラインを伝ってルアーまで行ってくれない!

ラインの角度が浅すぎると、ルアーに到達するまで一苦労なんですよね。

 

そんな時はロッドを煽ってルアーキャッチャーを送り込んだり、ルアーキャッチャーも煽って、勢いでルアーまで届けたりするんだけど、結構時間がかかるし疲れる。

この手のルアー回収機のほとんどに通ずる問題なのかもしれないけど、なかなかに使いづらいなと思ってしまうわけです。

鎖がフックに絡まってくれない!

シャロークランクを使っていた時に、水中の倒木の枝に引っ掛けてしまったことがありました。

ここは「ルアーキャッチャーの出番だ!」と思い、ルアーキャッチャーをルアーまで到達させたんですよ。引っかかっているのは割と細めの枝だし、すぐ取れるだろうと思ったんです。

 

ルアーキャッチャーをルアーにぶつけても取れないので、ルアーのフックに鎖を絡めて、回収しよう。

そう思ったものの、なかなかルアーのフックに絡んでくれない!

 

ロッドをしゃくってガチャガチャしたり、ルアーキャッチャーを引っ張って緩めてを繰り返してもルアーにはフックが引っかかってくれないんです!

見えてるのに、手は届かないけど結構近い場所にあるのに、ルアーキャッチャーで取れないなんて悔しい!

 

30分くらい粘ったものの、結局はラインを切り、一旦家に帰って長いロッドを持ってきて少しガチャガチャしたらルアーが外れ、無事回収できました。

意外と周りの目が気になる!

ルアーが根掛かりした時の救世主であるはずのルアーキャッチャーですが、意外にも使うのを躊躇ってしまうこともあります。

 

それは周囲に人が多いとき。

人の目が気になっちゃうんですよ。小心者なんで。

 

2000円もの高価なルアーを無くしたくなくて、ルアーキャッチャーを使うんですけど、

なんか周りの目が気になる。なんかちょっと恥ずかしいんですよ!

 

みんなが釣りしている中、ルアーキャッチャーを水面から「ドボン!」とか言わせちゃったりしてると、

「あいつ何やってんの?」みたいな視線が飛んできて、超気になる!

それでもルアーを回収したいので回収できるまで粘りはするんですけど、なるべく人の多い時には使いたくないなぁと思ってしまいます。

YouTubeで使い方を確認してから買おう!

最近は釣り関係のYouTuberも多く、みんなすごく丁寧に製品の解説とかしてくれていて、とても参考になりますよね。

ルアーキャッチャーもみんなのレビューを見ることができますが、人によって感想は別れているように思います。

 

例えば、有名釣りチャンネルの一つの「Kのフィッシングチャンネル」では比較的上手く回収することができ、製品自体は100%買うべきアイテムとして紹介されています。

僕も、いつもこんな感じで回収できるならいいなあ。

理想はKさんのように華麗にルアーを回収することでしたが、実際には上手くいかなくてモヤモヤしてます。

 

じゃあ現実はどんな感じなんだ?というと、こちらの動画が非常に参考になります。

なかなか苦労してルアーを回収しているのがわかりますよね。

そう、僕的には実際はこんな感じ!なかなか取れなくて苦労しているのが現実。

まとめ:レビューをよく見てから買うといいかも!

僕は結構無駄にポジティブな方なんで、製品のレビューを見ても評価が高い方にばかり目がいきがちなんです。

だって製品のレビューで低評価つけてたり酷評していたりする人ってかなり厳しい目で見てる人多いじゃないですか?

低いレビューがついていても実際に使って見ると「あれ?全然使えるじゃん!」ってことが多かったので、僕はあまり低評価のレビューを参考にしないようになっていたんです。

 

しかし、このルアーキャッチャーについてはAmazonや楽天、そしてYouTubeのコメント欄の評価はかなり妥当だと感じます。

僕のように製品の期待値を高く持ってしまうと、製品を使おうとした時のガッカリ感は計り知れないものがあるので、どんな使い心地なのかを理解してから買うようにしたいところ。

 

このルアーキャッチャーで全然ルアーを回収できないわけではなく、単に使いづらいというだけ。

なので、オカッパリの人は一つくらいは持っていた方がルアーを回収できる確率が上がるのでお得です。

 

でも僕は次にルアー回収機を買うとしたらスティック状のものにしようかなと考えていますが、水深次第で使い分けることにはなりそうです。

根掛かりからルアーを救え!スライドシャフト400が良さそう!

コメントを残す