バス釣りは偏光グラスを着用すると確実に釣果がアップする!その理由を解説!

こんにちは!ツリイコ@turi_ikoです!

 

こないだ釣りに行ったら、

「なんでみんなサングラスかけてんの?」

と釣りキッズが不思議そうに首をかしげていました。

 

確かにみんなサングラスかけてますよね。

僕も釣りを始めたての頃はなんでみんなサングラスをかけているのか不思議だったけど、一度偏光グラスをかけてからは謎が一気に解けました。

 

なぜ偏光グラスをつけるか?

偏光グラスをかけていると、バスがめっちゃ釣れるんだぞっ!!

偏光グラスをかけていたほうがバスはよく釣れる!

実はみんながかけているサングラスは偏光グラスというもので、水面の水の光の反射をカットして水中を見やすくしてくれるアイテム。

TALEXという偏光レンズメーカーのホームページを見ると偏光グラスの性能がどんなものなのか、よくわかるかと思います。

TALEX|TALEX体験

 

無理やり一言で言ってしまえば、偏光グラスは余分な水面の光をカットしてくれるレンズのこと。

偏光グラスをかけることによって水面の状況をより詳しく見ることが可能になるんです!

水の中が見えると魚の場所もよく見える!

水の中が良く見えるようになったからと言って、本当にバスがよく釣れるようになるの?

そう思うかもしれませんが、偏光グラスなしの状態よりは偏光グラスをつけているとバスが確実に釣れるようになります。

 

なぜなら水中がよく見えるという事は、魚の挙動をよく見ることができるってこと。

魚が何に反応して、どんなルアーで釣ることができるかを目で見て確かめることができる!

そうなると必然的に魚が興味のありそうなルアーを投げることができ、バスをキャッチすることができるんです!

水中の障害物もよく見える!

偏光グラスをかけるメリットは魚の挙動がわかるだけでなく、水中の障害物などをしっかり確認することができるという点もあります。

偏光グラスをかけていない状態だと、水面下がどうなっているかわからず、たとえ足元のシャローだとしてもボトム系のルアーでイチイチ探る必要があります。

 

しかし、偏光グラスをかけてさえいれば、近くのシャローくらいは一瞬でボトムの状況を把握できちゃう!

 

あそこに岩がある!?

あっ、倒木あったんだ!?

ウィードが伸びてきたなぁ…。

 

こんな風に、いままで見えなかった水の中の世界を簡単に見ることができてしまうのが偏光グラスの素晴らしいところ!

偏光グラスの素晴らしいところはこれだけじゃあないんですよ!

根掛かりも少なくなる!

偏光グラスをかけていると根掛かりする回数が確実に減ります!

なぜなら、さっきも言いましたが、水中の状況がよくわかるようになるからです!

 

偏光グラスなしだと、水の中の状況がよくわからないので、適当にルアーを投げてみるとイキナリ根掛かり。

そんな目にあったことありますよね?

 

偏光グラスをかけていると水面下がよく見えるので、倒木や沈んでいる枝を回避してルアーをキャストすることができます。

一個2000円くらいするルアーを無くさずに済むなんて素敵だと思いませんか?

 

偏光グラスをかけているからと言って全ての根掛かりをなくすことができるわけではありませんが、ロストする数を抑えることができるのは確かです。

偏光レンズは高価なのか?! 否!

偏光レンズってバス釣り的にいいことが多いなぁ…。でも、お高いんでしょう?

 

そう、便利な製品はいつも効果であり、手が届きそうで届かないものです。

 

でも!偏光レンズは安いものも多い!

 

安いやつなら1000円くらいで買うことができるので、初めて偏光グラスを買うけど高いの買うの怖い!安いのでどんなもんか試して見たい!って人でも気軽に買うことができます。

 

 

ちなみに僕は偏光グラス代をケチってタックルベリーで買った1000円くらいの偏光グラスをかけていますが、無いよりは全然マシ!

全然マシというか、1000円という値段にしてはそこそこよく見えるので、いまのところコレで我慢しています。

そのうち高いのも試したいし、いまの偏光グラスのフレームが激しくダサいので買い換えるつもりです。

まとめ:偏光グラスをつけないのは大損!釣れたはずのバスを見逃してますよ!

偏光グラスはバス釣りをする点においてすごくメリットの多いアイテムです。

メリットが多いというより、メリットしかないと言ったほうが正しいのかもしれません。

 

バスの位置や挙動を把握できるし、水中のストラクチャーやカバーもよく見える。そのおかげでルアーを無駄にロストしなくて済む!

 

こんなにいいことばかりでいいのでしょうか?

 

いやいや、それだけじゃあないですね。

偏光グラスをかけることで目に入るはずだった紫外線をもカットしてくれるので、目の疲れや眼球へのダメージを抑えることだってできます!

 

釣りも楽しくことができるし体にも優しい偏光グラスは持っていないほうがおかしいレベルなので、サングラスかけるの恥ずかしいなんて思っている人は、その恥ずかしい気持ちを一旦捨てて、偏光グラスを試してみてください。

もっと早くかけておけばよかったと後悔するはずです。

 

コメントを残す