メガバスのビッグクランク『BIG−M』の詳細とアクション動画が公開!デカさは正義!存在感を示せ!

メガバスのプロダクトページに新型ビッグクランク「BIG−M」の詳細が公開されています!

 

メガバスのビッグクランクといえばグレネードがありましたが、この「BIG−M」はどのような違いがあるのでしょうか?

「BIG−M」は3.5mレンジを攻めるミドルクランク!

出典:メガバス

BIG−Mとグレネードの大きな違いは潜行深度にあります!

グレネードが約1mレンジを泳ぐのに対し、BIG−Mは約3.5mレンジを攻めることができます!

つまりグレネードで攻めきれなかったミドル〜ディープレンジを攻め切ることが出来る特徴が!

存在感ある激しいウォブンロールアクション

BIG−Mは深く潜るだけが特徴ではなく、フラットサイドボディから生まれるウォブンロールアクションも特徴的!

この動画を見るとよくわかるんですが、びっくりするくらい激しく明滅しています!

こんなにブリブリ、ギラギラと動いてたら、バスも圧倒的な存在感にびっくりして食い付いてくるか、ビビって逃げるか。

その2択を迫られることでしょう。

 

威勢の良いバスを仕留めるためのルアーと言えます。小さいバスなんかいらない方にぴったりのルアーです。

遠投性の高い2ozクラス!

出典:メガバス

BIG-Mは大型のクランクながら遠投性が高くなるようにデザインされている模様!

ルアーは2ozで126mmというサイズ感。店頭に並んでいるだけでも結構なインパクトがありそうです。

 

BIG-Mのキャスト時はフラットなボディの中に搭載されたウエイトボールが一気に後方へ移動!重心を後方に写すことで大きく飛距離を伸ばします。

 

これまでのメガバスルアーにも同じ機構が搭載されていますが、9mmの大きなウエイトボールで2ozという重さになると、すごい勢いでぶっ飛んで行きそう!万が一古いラインなんか使っているとすぐに投げ切れして、ルアーだけ飛んでいきそうです。投げ切れ注意というところ。

ビッグレイク向き?野池では活躍しにくいか?!

このBIG−Mは大きなボディで深く潜るので、野池では扱いにくいルアーな気がします。

基本的に野池ではシャローが多く、深くなっているところも限られている。野池でディープレンジを長くトレースするためにはロングキャストをしなければいけないものの、小さな野池では他のアングラーの邪魔になる可能性もあります。

 

しかし、グレネードを買った時も「これ野池じゃ無理でしょ…こんなん喰うバスいないだろ…」って思ってたけど、使って見るとなんだかんだで釣れちゃうんですよねー!

だから多分この「BIG−M」も野池で使ってもガツガツ喰ってくる可能性もありますよね!

バスは目新しいものに強く反応する傾向があると思うので、他の人が使っていないような巨大なルアー「BIG−M」を野池に投入して、野池で一番デカいバスを引きずり出してみたい!

 

大きめのフィールドや川での釣りは普通に活躍してくれそうなので、大物狙いのアングラーはガンガン投げ倒したいルアーですね!

【野池でも有効】デカいクランクが効くはマジだった!グリフォングレネードの威力に惚れた!!

 

コメントを残す