【秘策?】バズベイトは水面下でも効果アリ!その様子をレポート!

こんにちは!野池オカッパリアングラーのツリイコです!

 

いやー、夏の朝にバズベイトを使っていると、「夏!」って感じがして気持ちがいいですよね!

水面に響く「シャララララララ…!」と子気味良い音がたまらなく心地いい!

 

やっぱ夏はトップ!夏はバズベイトですね!

 

そんな夏の風物詩のバズベイトですが、実は水面下に沈めて使っても釣れるって知ってました?

バズベイトは見えバスにも効果アリ!その様子をレポート!

以前ツイートしたこのバス。

見えバスを釣ったと言っていますが、正確に言うと「見えバスをバズベイトをフォールさせてボトムで釣った」なんです。

普通にバスベイトで水面をなぞったのではなく、見えバスを見つけたので、ルアーを落としてみたら食べちゃった

そんな感じで釣れちゃったんです。

 

野池の水辺に立っていると、そこそこ大きめの2、3匹のバスが群れて泳いできたので、

「どうせ釣れないでしょ」的にテキトーに投げて、ボトムでモソモソさせてみたら!群れの中で一番デカいバスが勢いよく近づく!!

もしや、、、と思うも、バスは早々と見切りをつけてバック。

 

残念、と思ったその直後!後ろからいきなり!

って感じに、すこぶる激しいバイトがあったのでびっくり!

 

 

初めて目の前にいたバスをバズベイトでキャッチすることが出来ました!この1尾は嬉しい!

バズベイトって必ずしも水面で使わなくても釣れるんですね!そしてワイヤーベイトって見えバスに効くことあるんだね!

バズベイトを水面下で使うという新境地!

バズベイトは水面で使わないと釣れない。

ずっとそう思い込んでいましたが、今回の釣り方で新しい境地が見えてきた気がします。

 

推奨されているルアーの使い方を守れば、そのルアーの特性を活かした釣りができることは確か。

普通に使った方がアピール力も高くできるだろうし、イレギュラーな使い方よりは釣れるはず。

 

しかし、たまには想定外の使い方をしてみても面白い釣果が出てくるかもしれません。

既成概念はいらないのかも

バズベイトで足元に泳いできたバスを釣って思うのは、ルアーに対する既成概念ってたまには捨ててみるべきかもしれません。

 

バズベイトは水面で使うもの。

バイブレーションは巻いて使うもの。

ラバージグはボトムを攻めるもの。

 

そんな既成概念を積極的に放棄すると新しい発見に出会えるかもしれないですよね!

キムケンがラバージグをミドストで使う釣り方を広めたように、バズベイトだってミドストで使っても釣れるかもしれないし、羽根モノを水中で使っても実は釣れるのかもしれない。

 

釣り人たるもの、未知の領域には足をどんどん突っ込んでいくような、「藪漕ぎ魂」が不可欠!

斬新な釣り方はバスにとっても斬新なものに見え、思わず口を使っちゃうんじゃないかなーと思うんですよね。バスは新しい動きに弱い(気がする)!

 

ただ、今回のバズベイトは、チャートカラーに反応しただけの可能性もあるし、ラバジに見えただけかもしれないので、引き続きバズベイトへの見えバスの反応を観察してみたいと思います。

 

コメントを残す