リブレのハンドルノブ『Fino Plus』が格好良すぎるので見積もりしてみた!

こんにちは!急にリールハンドルが気になり始めている野池オカッパリアングラーのツリイコ(@turi_iko)です!

 

最近何やらカッコイイパーツがリリースされたらしいじゃないですか!?

リブレからハンドルノブ「EP30」が登場している模様です。

 

正直、こういう太めのハンドルノブは使ったことがないので、あまり物欲が湧いてこないのですが、別のツイートをみると気になるハンドルノブが…。。。

このパーツ、カッコ良くないですか!!??
調べてみると、このリールハンドルノブは「Fino+」という製品だそう。超カッコイイですね!

 

でも、こういうカッコイイパーツって絶対高いやつですよね!

純正ハンドル以外は使ったことがない僕にとってカスタムパーツというのは未知の領域であり、その領域に入ったら最後、高価なパーツ地獄から抜け出せなくなりそうなので避けていました。

 

でも、高そうとは言っても、実際のところいくらくらいになるのか調べたことがありません。

せっかくなので見積もりを取ることにしました!!

リブレ公式サイトのEASY CUSTOMフォームで見積もりしてみた!!

リブレの公式サイトを見てみると、ハンドルノブ単体だけではなく、ハンドルパーツ全体を購入することができるようでした。しかも、好きなハンドルやノブを組み合わせて発注することができる模様!!

 

リブレの公式サイト内にある『EASY CUSTOMフォーム』から見積もりができるようだったので、実際に見積もりをとってみました!

出典:リブレ

各パーツを選択

EASY CUSTOMで見積もりを出すには、各ハンドルパーツを選択する必要があります。

以下の項目を選択することで簡単に見積もることが出来るようでした。

  • リールタイプ
  • ベースプレート
  • リールメーカーと巻き方向
  • プレートのカラー
  • センターナットのカラー
  • ノブの種類やカラー

僕はロングハンドルを使ってみたかったのでベースプレートは「CRANK120」を選択。プレートのカラーはチタンとガンメタにしておきました。

ハンドルノブは気になっていた「Fino plus」を選択。こんな感じのハンドルノブです。かっこいいですね!

出典:リブレ

 

そして全ての項目を入力すると、見積もり金額が表示されます。

見積もりした結果…

見積もり結果が出ているようです。どれどれ…

 

 

 

 

 

に、2万3000円!!!

 

高っ!高いよ!

いや、高いのか?あれ?わかんない!安いのかも!?ハンドルパーツ的に安いのか高いのかわからーん!!

 

とりあえず確かなのは、今の僕の経済力では買うことが出来ないということのみ。。。真実はいつもひとつです。

どうやらカスタムパーツは一部の貴族アングラーだけが楽しめる贅沢品だったようです。

 

僕はこのハンドルノブを手に入れることが出来るように一生懸命仕事に励みたいと思います。身が粉になるまで頑張ります!

 

MEMO
ちなみにハンドルパーツはリブレの公式サイトでは直接注文することが出来ないので、近くの釣具屋さんか、ヘッジホッグスタジオで注文しましょう。

コメントを残す