【品薄注意】デプスのバルビュータの人気が爆発中!使い方と特徴をまとめてみた!

こんにちは!野池オカッパリアングラーのツリイコ(@turi_iko)です!

 

もう見ましたか?あの動画!?そうです「Kのフィッシングちゃんねる」のロクマルを釣り上げた動画です!

バスを釣り上げた時のKさんの興奮した様子は見てるこちらもドキドキが伝わってきますよね!こんなバスをいつか釣ってみたい!!

 

このロクマルを捕獲した、「バルビュータ」。動画を見てから欲しくなった人も多いのではないでしょうか?僕もです!

 

しかし、このバルビュータ、噂ではKさんの動画の影響で店頭から姿を消しつつあるようです…。

バルビュータの特徴と使い方は?

出典:デプス

バルビュータとはデプスから発売されているソフトルアーで、デプスのプロスタッフである松下正幸プロがプロデュースしたワームになります。

 

特徴とコンセプト「ハイアピールするコンパクトボディ」

バルビュータのコンセプトは「ハイアピールするコンパクトボディ」

小さなボディにはバスを惹きつける以下のような工夫が施されています。

  • 水をつかみやすい「逆テーパーリブ」
  • フラットで突起のあるツインテール
  • 微振動を生むセンターテール
  • ラトルが入るセンターホール

特徴①水を受けやすい「逆テーパーリブ」と「ツインテール」

バルビュータのボディに刻まれたリブは水を受けやすいように逆向きに配置されていて、水をつかみ易くされています。フラットで突起があるツインテールはテール全体が震えるのではなく、テールの先端が振動するようにデザイン。わずかな水流でもテールが動くようにされています。

特徴②センターホールとセンターテールがアピール力を高めている

出典:デプス

バルビュータはボディの先端から先端テールの端までストライクホールという1.5mmの穴が設けられています。この穴があることでラバージグなどにセットする際に、まっすぐにセットすることが出来ます。

また、センターホールがあることでボディにラトルを仕込むことが出来るため、アピール力を高くしたい時にはラトルを入れて使うことも可能になっています。

 

センターテールはラトルを入れるためのものだけではなく、ワームが倒れこむ時、シェイクアクションをしているときにキックバックアクションを生み出します。こちらの動画のラバージグにセットされているところがセンターテールの動きがわかりやすいので、チェックして見てください。

バルビュータの使い方

バルビュータはどんなリグで使えばいいのか、公式サイトでは以下のようなリグが推奨されています。

出典:デプス

基本的にはラバージグのトレーラーとして使うことが想定されているので、ラバジのトレーラーとして使うのがベストかもしれませんが、テキサスリグやヘビダン、直リグなどでも十分使えそうです。

 

使い方としてはジグスト、ミドスト、ボトムパンプ、などでカバーやストラクチャー周りを丁寧に攻めたいところ。バルビュータのアクション動画をみると、シェイクアクションをしているバルビュータはすごく釣れそうな、いいアクションをしてくれています!

バルビュータをセットするべきラバージグは?

バルビュータはラバージグにつけて使ってみたいものですが、どのラバージグを買えばいいのでしょうか?

好きなラバージグにつけて使うのが一番ですが、迷っている人はやはりデプスのラバージグにセットしてみ流のがいいかもしれません。

コンツァージグ

オールラウンド型のラバージグ「コンツアージグ」にセットして使うのも面白いかもしれません。

カバー撃ちなどのピンスポットの釣りや、スイミングジグとしての線の釣りもこなせる万能型ラバージグ。ブラシガードも付いているので、スナッグレス性能も高めです!

これにバルビュータをセットすれば、点と線の釣りの両方を展開することが出来そう!

フラットバックジグ

ウィードエリアやヘビーカバーをメインのエリアなら、スリ抜け性能が高い「フラットバッグジグ」をチョイスするのもいいかもしれません。

鋭いヘッド形状がウィードを絡ませにくく、効率よくトレースすることを可能にしてくれます。また、フックは特注の太軸フックが採用されているのでデカいバスの顎を貫くフッキングができそうです!

スライディングジグ

スライディングジグでボトムについてからのリアクションを狙うというのも面白そうです。

スライディングジグはスライドフォールするのではなく、着底してからボトムの形状に合わせてスライドしていくというもの。着底した場所が岩の上なら、岩の傾斜に従って滑り落ちていくというアクションを見せてくれるようです。これが甲殻類や小魚が岩場に逃げ込む動きに見えるらしいです。

まとめ:奇妙な形状だけど使ってみたい!

バルビュータは正直、見た目が悪い。

というか、店頭に並んでいる製品を見て、見た目からどんな使い方をしていいかわからなかったし、どんな動きをしてくれるか想像出来なかったせいであまり買う気が湧かなかい人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、僕のようにKさんの動画を見てから「バルビュータ」の可能性に気づき始めた人も多いはず。

あんなデカいバス、ロクマルのバスを捕獲した動画を目の当たりにしてしまうと、バルビュータの可能性を感じずにはいられません。例えバルビュータじゃなくても釣れる場面だったとしても、バルビュータには夢がある!欲しい!使ってみたい!!

 

デカいバスを釣ったワームというだけで気になってしまうのはミーハーだと言われるかもしれませんが、それでいいですよね!可能性を感じるルアーを使い続けることがデカいバスに出会う確率を高めてくれると信じています!

 

コメントを残す